「気」を充実させて元気になる!今回は以前書いた知って得する「気」のお話(前編)~「気」を充実させる6つの習慣~の続きです。

【前回のあらすじ】

「気」はからだを構成する全ての基本となるので、ストレスフリーで規則正しい生活を送って充実させてあげましょう。

それでは実際に「気」を充実させる方法を紹介します。

現代人は疲れている

平成25年度の医療費はついに40兆円を超えたそうです。

詳しく知りたい方はコチラをどうぞ
国民医療費 初めて40兆円超える

医療機関以外にもリラクゼーションサロンやクイックマッサージなどが至る所にできています。

それだけみんな疲れているんですね。癒されたいんですね。分かります。

そこで今回は、今日から始められる疲れたあなたの「気」を充実させる6つの習慣をご紹介します。

「気」を充実させる6つの習慣

1.からだを温める

体温が下がると免疫力が落ちることは皆さんも聞いたことがあると思います。「気」を充実させるうえでもからだを温めることはとても重要です。この時に気を付けておくことは、暖房が頭からガンガンに当たらないようにすることです。頭寒足熱という言葉のとおり、からだを温める際には頭よりも足元を温めましょう

2.散歩をする

からだを動かすことで「気」はからだを巡り、隅々まで行き届くようになります。「散歩」としたのには意味があります。走ったり激しい運動では「気」の流れが乱れたり(息切れなど)、「気」を消耗すること(疲労、関節痛)があるので逆効果です。

参考:急に走るなまずは歩け

3.よく寝る

寝ることでしかからだは回復しません。一日のからだの疲れを次の日に残さないことが「気」の充実、ひいては健康なからだ作りの第一歩です。

参考:「寝返りが多い人ほどからだが疲れているなぁ」と感じる今日この頃。

4.身土不二

身土不二とは「からだ(身)は環境(土)と密接な関わりがありますよ」という意味です。人が「気」を外から取り込む唯一の方法が「食べること」ですから、自分が生まれ育った土地の食べ物や季節に応じた旬の食べ物を好んで食べることが、その人のからだにとって一番です。

5.感謝する

宗教的な話になりますが、人が持つエネルギーの中で一番強いものは「愛」と言われています。感謝することは相手に対する「愛」の気持ちです。感謝の気持ちを常に持つことは、からだの中を常に「気」で満たしていることと同じです。

6.笑う

口角を上げるだけでも脳は笑ったと認識して気分が良くなるといいます。笑うことは「ヒトの生きる力」と密接な関係があるとデータでも出ています。だから強がりでもいいから笑いましょう。「ヒトの生きる力」とはすなわち「気」のことですから。

参考:上手な気分転換のコツ

まとめ

いかかでしたか?

どれも今日からでもできる気を充実させる方法です。あなたも、一度この6つの習慣を試してみてください。

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ