逆子の灸先日、「逆子の治療をしてもらえますか?」というお電話をいただきました。
世間一般の認知度がどれくらいあるのか分かりませんが、鍼灸で逆子治療ができることは鍼灸師の中ではかなりメジャーです。逆子治療をやっていない先生はいても、どんなものか知らない先生はいないと思います。

当院では逆子治療を行っているので、今回ご連絡頂いた方にも「大丈夫、できますよ」とお伝えして治療に来ていただきました。

ということで、今回は当院の「逆子治療」について説明していきます。


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

逆子とは?

簡単に言うと、お腹の中の赤ちゃんの頭と足の位置が逆になることです。赤ちゃんは妊娠初期にはお腹の中をクルクルと回っていますが、ある程度大きくなってくると頭を下に足を上にして落ち着きます。逆子は妊娠後期(28週目以降)にこの位置とは逆向き(横向きというのもありますが)になっている状態のことです。妊娠後期までの間の逆子は放っておいても勝手に直ることが多いので、それほど気にしなくても良いです。

逆子の種類は足の位置や角度によって細かく分類されているので、逆子でも経膣分娩(自然分娩)でいけるものと帝王切開しなければならないものに分かれます。

逆子についてもっと詳しく知りたい方はコチラをどうぞ。
逆子の赤ちゃんの直し方・つきあい方-gooベビー

逆子になる原因

逆子になる原因はまだはっきりと解明されていません。母親のからだに何らかの原因がある場合もありますが、母体や赤ちゃんに異常が見つからなくても起こります。当院へ逆子治療に来られる患者さんも異常がない方ばかりです。

逆子治療のタイムリミット

妊娠20週、検診で「逆子ですね」と言われたA子さん。

→産科医に「そのうち直るから、大丈夫ですよ」と言われる。
→28週を過ぎて「このままだと帝王切開の可能性がありますね」と言われ不安になる。
→教えられた逆子体操をやっても変わらず焦る。
→ネットで調べると、「逆子の灸」というものがあることを知る。
→でもお灸って何だか熱そうだし怖いなと悩む。

ここで立ち止まっているA子さん。しかし、あまり悩んでいる暇はありません。

30週を過ぎると赤ちゃんのからだはかなり大きくなり、ひっくり返る可能性がどんどん低くなります。
35週を超えると羊水の量も減ってくるのでかなり厳しいです。急かすわけではないですが、28週を過ぎて逆子の方はなるべく早く逆子治療をすることをおすすめします。

逆子体操やその他の方法と一緒にやっても何の問題もありませんから。少しでもひっくり返る可能性を上げてあげましょう。

「逆子の灸」ってどんなもの?

米粒より小さい逆子の灸「逆子の灸」はそんなに熱くありません。逆子の灸で使うツボはいくつかありますが、ひとりひとり体調に合わせて場所や数を決めていきます(たまに鍼もやります)。決まりきった場所にすれば良いというものではないので、鍼灸師としての力量が試されるところです。

お灸は艾(もぐさ)を指で小さく作ってから、ツボの上にのせて線香で火をつけます。艾(もぐさ)の大きさは米粒の半分よりさらにもう少し小さいサイズなので、熱さはほとんど感じません。そもそも、妊娠された方がこれから経験する出産の痛みや帝王切開の傷口と比べれば、お灸の痛みなんて「無」に等しいと思われます。残念ながら僕には出産の痛みを経験することはできませんが、嫁さんに言わせればその通りだそうです。そして、今まで治療中にお灸が熱すぎて泣いた人や怒って帰った人は一人もいないのでご安心ください。

「逆子の灸」が効果的な理由

先に言っておきますが、逆子の灸をするとスイッチを切り替えるように赤ちゃんがクルッと回転するわけではありません。勘違いされている方がいたら、ごめんなさい。しかし、残念ながらそんな都合の良い話はありません。

だったらどうやって直すのか?お腹の赤ちゃんとお母さんのからだはへその緒を通して胎盤で繋がっているので、赤ちゃんに動いてもらうにはお母さんのからだの調子を整えてあげればいいです。

逆子治療で来院されるお母さんに話を聞いていくと、からだに元々何かしら不調を抱えている方が多いです。

その代表的なものは「冷え」です。

逆子の灸からちょっと話が逸れるので簡単に説明しますが、東洋医学では陰陽論というものがあって全てのことを「陰」と「陽」で考えます。健康なからだでは頭が「陽」で下半身は「陰」になっています。お腹の赤ちゃんはその陰と陽のバランスに合わせてお腹の中で頭を下に向けています。これが冷え(特に足元)が強くなると陰と陽のバランスが逆転してしまい、それがお腹の中の赤ちゃんにも影響して逆子の原因になってしまうのです。

その為、逆子の灸でこのお母さんの「冷え」(状態によっては違う原因もあります)をとってあげて陰と陽のバランスを改善していけば、お腹の中の赤ちゃんは自然にクルッと回ります。

まとめ

以上のことから、もし妊娠28週を過ぎて逆子になっていても焦らないで、一度逆子の灸を試してみてはいかがでしょう?母体にも赤ちゃんにもとても優しい治療法です。


ではでは。


スポンサーリンク


ただいま、WEB限定で初回治療費がおトクになっております。
この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ