リアルガチ!!患者様の声|腰痛(Aさん30代)

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


当院に治療に来ている患者さんには大きく分けて2つのパターンがあります。

A.痛みを何とかしたい人。
B.あまり痛みはないけど定期的にメンテナンスに来る人。

Aの理由で来ている人がほとんどですが、初診でからだを診た時「これは時間がかかるだろうな」というのも正直たくさんあります。時間がかかるというのは、それだけ症状の原因が複雑だということ。

そんな患者さんを診てていつも思うことがある。それは・・・

「ちゃんと通えば治るのにな~」

ということ。

しかし、通い続けるには理由が必要で、なかなか続かない人もいる。ここで患者さんに不安があれば続かないんだと思う。本当に治るのか?ここでいいのか?なんて。

だからその不安な部分もっと何とかならないかなぁーっていつも考えてました。


そこで思いついたのが、「リアルガチ!!患者様の声」ですヾ(*ΦωΦ)ノ


患者さんの施術前や施術直後のリアルな声をお届けしていく企画。

良くなっている様子を見てもらって→患者さんの生の声を聞いてもらって→不安がなくなって→みんなハッピー♪って考えたわけです。

iPhonでの撮影なので、見えにくい、聞こえにくいといった点もあるかもしれませんが、気にしない気にしない(笑)

ではでは、準備いいですか?いきますよー。


スポンサーリンク

患者様情報

  • 向日市在住Aさん(30代)
  • 腰痛(特に後ろに反らすとすごく痛い)

施術前の様子

院長 湯村
それじゃあAさん後ろに反らせてみて
A さん
イタタタタタッ!!先生痛い~(T◇T; )
院長 湯村
これどこが痛い?
A さん
ここ、ここ(腰の右側)。ここが痛い!

院長 湯村
そこ。と?(どこが痛い?)
A さん
いや、ここが痛い。

院長 湯村
そこだけ?(腰の)横全体は大丈夫?
A さん
うん。今は大丈夫。


こんな感じでまずは痛みの出る動きを確認。

あとは普段の生活を聞きながら痛みの原因を考えていって、どんな施術にするか決めていきます。ここでめっちゃ頭使います。自分の持ってる知識と経験をフル稼働します。

上手い先生はみんなやってるんだけど、治療に入る前に原因をしっかり特定してから始めます。そうすれば効果は自然と出てくるもんです。


まずは上半身と骨盤のゆがみの矯正をやってみる。

施術後の様子1

院長 湯村
おっ!さっきよりよく反れてるじゃん! 

院長 湯村
やっぱり右が痛い?
A さん
右とねぇ、前が痛い。
院長 湯村
あれ!?痛いとこ増えたな∑(・д・ノ)ノ


施術してて思ったような効果が出ないことなんてよくあります。でも、決して慌ててはいけません。ここで軌道修正して治せるか、経験がものをいうところです。

澄ました顔で少し考えをまとめてからもう一度、今度は骨盤の別の場所にアプローチをかけてみた。

施術後の様子2

先ほどと同じように後ろに反らせてもらいます。

院長 湯村
はい、後ろ反らして~。
A さん
あぁ、めっちゃ楽。めっちゃ楽だけどちょっと痛い。
院長 湯村
まだ右ちょっと残ります?
A さん
うん、ちょっと。でもさっきに比べたら全然。

「イエスッ!キタd(゚∀゚)bコレ」

いや~今日も良い効果が出ました。

動きも大きくなって、痛みも落ちたのでこれで治療終了とします。

ご苦労様でした。


スポンサーリンク

まとめ

今回の患者さん、週に一度治療を受けてもらっていますが、本当にやっとここまで来たかという感じです。

腰痛の他にも「肩が挙がらない」とか「膝が痛い」とか色々あったけど、頭がパンクしそうなくらい考えたおかげで、今結果となって出てます。

そう思うと、なかなか感慨深い。

では、今回はこれで。


スポンサーリンク

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ