[リアルガチ!!患者さんの声]歩くとお尻が痛い!(Tさん60代)

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


当院で治療を受けている患者さんの声をリアルにお届けするガチ企画、その名も


『リアルガチ!!患者さんの声』


今回は歩くたびに右の腰が痛い、Tさん(60代)をご紹介します。Tさんは僕が『リズム鍼灸院』を開業する前からの患者さんでして、かれこれ10年以上からだを診ています。


仕事やお孫さんの世話が忙しく、ムリをするとすぐに腰が痛くなってしまうため、こうやって定期的に治療に来てもらっています。これだけ長いこと診ていると、からだの特徴も分かっているため治すのも楽なんですよね。


今回の治療もいつものように『歩くと腰が痛い』状態で来院されました。これが治療によってどのように変わっていくのか?Tさんのリアルな声をお聞きください。


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

患者さん情報

  • 向日市在住Tさん(60代)
  • 右の腰の痛み(歩くと痛む)
  • 仕事(立ち仕事)が忙しいと痛む
  • 1~2週間に一度のペースで来院

治療前の様子


院長 湯村
これ、いま痛い?
T さん
どこが?
院長 湯村
えー、お尻のところ。
T さん
ここ(右の腰)?そう。

院長 湯村
もう一回向こうに歩いて。そこだけですか、お尻のとこだけ?

T さん
ここ(右の腰)。うん、ここ(右の腰)とここ(右足つけ根)が今日はちょっと痛い。


本日も歩くと右の腰が痛いようです。それも右足を床につける瞬間が一番痛いようですね。体重が乗ったときということです。


今回客観的に動画で見てみると、Oさんの話し方がずいぶんぶっきらぼうのように感じますが、10年以上治療しているとこれぐらいフランクな関係になります。個人差はありますが。

なんでも気軽に話せる間柄というのは、患者にとっても治療する側にとってもメリットしかありませんから、僕も意識してそういう雰囲気を作るようやってます。


話が逸れましたが、右足に体重が乗ると「右の腰」と足のつけ根に痛みが出るため、ここの治療をしていきます。


【治療内容】:骨盤の歪み矯正


それでは治療後の様子をご覧ください。

治療後の様子1


T さん
あぁ、さっきより軽い。
院長 湯村
いまどうですか?
T さん
ここ(右の腰)?

院長 湯村
うん、そこ。

T さん
来たときよりもちょっと軽い。

院長 湯村
まだ痛い?
T さん
ずっとマシ。

院長 湯村
やっぱりまだ痛い?
T さん
前(右足つけ根)は痛くないわ。

院長 湯村
前は痛くない。後ろはまだ痛い?
T さん
少しだけ。


右足のつけ根の痛みはなくなり、右の腰の痛みもかなり減ったのが分かります。


Tさんは立ち仕事のため、両足にきちんと体重が乗っていないと骨盤から腰にかけて負担がかかります。長年の負担が骨盤の歪みの原因となって、少しムリをすると痛みの出やすいからだになっています。

詳しくはこちらの記事を → 現役の治療家が「骨盤のゆがみ」について必要な事だけ教えます


それでは右の腰の痛みがもう少し残っているので、治療を続けていきます。


【治療内容】:右ふくらはぎに鍼(一ヵ所)


では治療後の様子いってみましょー。

治療後の様子2


T さん
ア~、ハッハッハッハッハッ。
院長 湯村
いまどうですか?
T さん
こっち(右の腰)めっちゃ軽いで!

院長 湯村
どっち(腰もつけ根も)も軽い?

T さん
どっちも軽い。特にこっち(左)が。

院長 湯村
特に左ですね。右も大丈夫?
T さん
大丈夫。アハハハハ。


「会心の一撃!キターーーーーd(゚∀゚)b」


『会心の一撃』とは

施術後に患者さんがからだの変化にビックリして、思わず大きな声がでたり笑ったりすること


出ましたね。『会心の一撃』が。これが出るとすごく気持ちがいいですね。

右の腰の痛みもなくなり、歩くスピードも治療前と比べてすごく速くなっているのが分かります。Oさんにも喜んでもらえました。

これで仕事もがんばれるでしょう。次回は1週間後に来院予定です。お疲れ様でした。


ではでは。


『リアルガチ!!患者さんの声』


スポンサーリンク


ただいま、WEB限定で初回治療費がおトクになっております。
この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ