向日市で述べ3万人を超える施術実績を持つ鍼灸院があなたの辛い症状を改善します!
ブログ

圧迫骨折

腰椎圧迫骨折の禁忌!圧迫骨折のときに気をつけたい7つの動き

今回は圧迫骨折になったあとの日常生活の注意点として、「腰椎圧迫骨折の禁忌!圧迫骨折のときに気をつけたい7つの動き」を紹介していきます。圧迫骨折になってしまった人はもちろん圧迫骨折になりやすい骨粗しょう症の方の参考にもなる内容です。

腰椎圧迫骨折の禁忌!圧迫骨折のときに気をつけたい7つの動き

圧迫骨折のリハビリはいつから!?リハビリ開始のタイミングについて解説

圧迫骨折になったんですがいつから動いてもいいでしょうか?この質問は圧迫骨折の程度や痛みが出てからの処置の方法によって色んなケースがあるんですが、何かしらの判断基準があった方がいいだろうということで、今回は圧迫骨折のリハビリ開始のタイミングについて解説していきます。

圧迫骨折のリハビリはいつから!?リハビリ開始のタイミングについて解説

【随時追加】腰椎圧迫骨折についてこれまで頂いた質問をまとめました!

腰椎圧迫骨折についてこれまで頂いた質問をまとめてみました。実際に寄せられたリアルな悩みですからきっとみなさんの役にも立つと思います。

【随時追加】腰椎圧迫骨折についてこれまで頂いた質問をまとめました!

もし腰椎圧迫骨折になったら安静期間はこれぐらい必要!

突然、動けなくなるほどの痛みに襲われる腰椎圧迫骨折(ようついあっぱくこっせつ)。今回は、腰椎圧迫骨折になってしまったときにパニックにならないよう、安静期間・コルセット・治療法について解説していきます。

骨粗鬆症だからって心配するな!必ず腰痛になるなんて絶対ないから!

骨粗しょう症になると必ず腰が痛くなるのか?そんなわけありません。今回はその根拠について解説していきます。骨粗鬆症だからって必ず腰痛になるなんて絶対ないから心配しなくていいですよ。

骨粗鬆症だからって必ず腰痛になるなんて絶対ないから心配しないでいいよ!

圧迫骨折とぎっくり腰の違い?似てるようで全然違う2つの症状を徹底解説!

腰の痛みでよく間違えられる2つの症状「圧迫骨折」と「ぎっくり腰」。痛み方が似ているため見分けるのが難しいんですが、本当は全然違う「圧迫骨折」と「ぎっくり腰」について徹底解説していきます。

圧迫骨折とぎっくり腰の違い?似てるようで全然違う2つの症状を徹底解説!

腰椎圧迫骨折の看護で気をつけたい7つのポイント!

腰椎圧迫骨折は看護のやり方で、予後の回復がかなり変わる病態です。今回は、高齢者が腰椎圧迫骨折になったときに『看護で気をつけたい7つのポイント!』を紹介していきます。

腰椎圧迫骨折の看護で気をつけたい7つのポイント!

腰椎圧迫骨折の原因!?骨密度を上げる3つの方法で骨粗鬆症を予防せよ!

圧迫骨折の大きな原因になっている骨粗鬆症(こつそしょうしょう)ですが、これを予防するには骨密度を上げないといけません。今回は、圧迫骨折の原因になる骨粗鬆症を予防するために、骨密度を上げる3つの方法を解説していきます。

圧迫骨折の原因!?骨密度を上げる3つの方法で骨粗鬆症を予防せよ!

腰椎圧迫骨折とは?症状と原因について説明します!必ず治るから心配しないで!

激痛を伴うことも多い圧迫骨折。その中で最も起こりやすいと言われているのが、腰の骨である腰椎圧迫骨折です。症状がぎっくり腰と似ているから間違えないでください。今回は、腰椎圧迫骨折の症状と原因、なってしまったときの処置の方法を解説します。激痛が続いて大変つらい症状ですが、必ず治るから心配しないでください。

腰椎圧迫骨折の症状と原因について説明します!必ず治るから心配しないで!

プロフィール

湯村 智明

Rism鍼灸院の院長です。京都府向日市で開院して早6年。僕の治療でたくさんの人が笑顔になるよう、日々がんばります!パソコン苦手だった僕が試行錯誤しながらも、どうにかここまでたどり着きました(笑)


詳しくは「院長あいさつ」をご覧下さい。


患者様の声はこちら
スクスク子育てキャンペーンはこちら

店舗情報

店舗名
Rism(リズム)鍼灸院
住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町瓜生13-6
アクセス
JR京都線「向日町駅」徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
075-921-1588
営業時間
10:00~12:30(最終受付12:00)
16:00~20:00(最終受付19:30)
13:00~16:00(往診)
休業日
水・土曜午後、日曜、祝日
京都府向日市寺戸町瓜生13-6
PAGETOP
Copyright © Rism鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.