腰椎圧迫骨折の症状と原因について説明します!必ず治るから心配しないで!

Pick up!▼

※2016年8月25日追記

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


激痛を伴うことも多い圧迫骨折。その中で最も起こりやすいと言われているのが、腰の骨である腰椎圧迫骨折です。症状がぎっくり腰と似ているから間違えないでください。

腰椎圧迫骨折(ようついあっぱくこっせつ)は処置を間違えると治るのに時間がかかるだけじゃなくて、悪化することもある怖い症状なんですよ。


今回は、腰椎圧迫骨折の症状と原因、なってしまったときの処置の方法を解説します。激痛が続いて大変つらい症状ですが、必ず治るから心配しないでください。


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

腰椎圧迫骨折とは

腰椎圧迫骨折とは、転倒や外部からの圧力によって腰椎と呼ばれる背骨の骨が潰れてしまう症状のことです。ボキッと折れるというより、グシャッと潰れるイメージです。


症状が似ていることもありぎっくり腰とよく間違われますが、この2つ重症度が全然違うため注意が必要です。特にぎっくり腰だと思っていて実は腰椎圧迫骨折でした。というのが一番タチが悪いため気をつけましょう。予後に大きく影響が出ます。


両者の違いを詳しく解説しているので参考にどうぞ。
>>圧迫骨折とぎっくり腰の違い?似てるようで全然違う2つの症状を徹底解説!

腰椎圧迫骨折の原因

腰椎圧迫骨折の一番の原因は、骨がもろくなることです。

骨粗しょう症って聞いたことあると思います。骨の中のカルシウムが不足して、もろくスカスカになってしまうアレです。高齢になるほどもろくなります。骨粗しょう症になると骨が簡単に折れてしまうんです。

>>圧迫骨折の原因!?骨密度を上げる3つの方法で骨粗鬆症を予防せよ!

腰椎(腰の骨)は背骨の一番下でからだを支えています

脊柱の構造


上の図は背骨を真横から見た図です。腰椎(5個)と書かれた場所が腰の骨です。腰椎は背骨の中でも一番下でからだを支えているため、ここに上半身の重みがドンと乗ることになります。

そのとき骨がスカスカだったら潰れてしまうのも分かりますよね。


その理由から、圧迫骨折になるのは圧倒的に高齢者と女性の割合が多いんです。

  • 高齢者=骨がスカスカ
  • 女性=男性に比べ骨が細くてもろい

もろくなった腰椎は簡単に折れることがあります

圧迫骨折


圧迫骨折は骨がクシャッと潰れるわけですから、普通なら相当強い力がかからなければ折れたりしないものです。

でも高齢者、特に女性の場合は違うんです。尻もちはもちろん、くしゃみや咳をしたり、ちょっと重いものを持ち上げたりといったことがきっかけで骨折することもあるんです。


これだけ簡単に折れてしまうと、本人もいつ圧迫骨折をしたのか自覚していないケースがあるくらいです。

腰椎圧迫骨折の症状

圧迫骨折動けない


キツイ腰椎圧迫骨折では身動き一つとれません。いや、正確に言うと身動き一つとっても激痛が走るけど、なんとか動けるのが圧迫骨折の特徴です。ホントなんとかってカンジ。特に初期は何をするにも這って動かないといけないくらい、マジで痛いんです。


横になって安静にしていれば、痛みを感じないこともあります。しかしここで調子に乗って動いていると、寝ていても痛みが出るほど悪化するため、絶対に調子に乗らないように。24時間何をしていても痛いとか、ほんと地獄ですよ。


つぶれた腰椎が神経を圧迫することもあります。この場合はお尻や足に痺れが出てきます。ぎっくり腰のような症状でしびれが出たら要注意ですね。

>>圧迫骨折とぎっくり腰の違い?似てるようで全然違う2つの症状を徹底解説!

腰椎圧迫骨折でも必ず激痛があるとは限らない

先ほどまで散々「腰椎圧迫骨折では身動き一つとれないくらい痛いですよ」と説明してきました。でも、腰椎圧迫骨折で痛くないケースもあるんです。


普通、骨折といったら痛くて動かすことなんてできるわけないもんなんですが、圧迫骨折の場合は違います。

激痛で身動きがとれないケースもありますが、ちょっとした腰痛程度の痛みしかないケースもかなりあるんです。その場合病院へも行かず、圧迫骨折だと気づかない人もいるくらいです。痛くない理由は残念ながらよく分かってないんですよこれが。


ただ、それほど痛くない圧迫骨折でもMRIを撮れば潰れているのがはっきりと分かります。単に潰れてても痛くないというだけです。

※レントゲンでは骨折線がはっきりと写らないことがあります。激痛が一週間以上続く場合や痺れを伴うようなときは一度MRIをおすすめします。

腰椎圧迫骨折は見た目にも変化がないためぎっくり腰とよく間違えます

もう一つの特徴は、腰椎圧迫骨折は見た目にも変化がないことです。折れたところがバンバンに腫れて、内出血を起こすようなことはありません。見た目普通です。そのせいでよくぎっくり腰と間違えます。ただし、ぎっくり腰とキツイ圧迫骨折には決定的な違いがあります。

それは完治までの期間です。


  • ぎっくり腰=1週間程度で完治
  • キツイ圧迫骨折=3~4週間で痛みが軽減

キツイ圧迫骨折の場合、激痛は最低でも3~4週間は続きます。ぎっくり腰だと思ってしばらく安静にしていて、1週間たっても全く良くならないから怖くなってレントゲンやMRIを撮ったら圧迫骨折だった。というパターンが多くあります。

>>もし腰椎圧迫骨折になったら安静期間はこれぐらい必要!

腰椎圧迫骨折になったときの対処法

安静

rmoeckel / Pixabay

圧迫骨折も骨折です。処置は普通の骨折と同じように保存療法(安静)が第一選択になります。


病院へ行くとごっついコルセットを作らされますが、アレは圧迫骨折の初期には必要かもしれません。もともとコルセットは腰の筋肉のサポートをするためにつけるんですが、圧迫骨折の場合は腰を動かせないようにするためにつけます。

そのため幅も広くて、胸の下から腰ぐらいまであります。つけると腰を動かすことができません。でも初期は潰れた骨に負担をかけないようにするために必要な処置でもあります。値段がバカみたいに高いですが。


デカいコルセットが動きづらくてイヤだという人は普通のものでもいいですよ。こちらは交換・返品が一年間無料なのでオススメです。もし気になった方は↓から申し込んでみてくださいね!

公式サイト▼


圧迫骨折のときにやってはいけない動きについてはこちらの記事をどうぞ。>>【腰椎圧迫骨折の禁忌】圧迫骨折のときに気をつけたい7つの動き

腰椎圧迫骨折には安静が第一選択

圧迫骨折には安静が第一です。骨折した骨はだいたい3~4週間で固まります。骨が固まってしまえば、痛みは完全になくなります。ほんと、あの痛みは何だったのかと思うほどに。そのためこの期間はできるだけ動かないようにしなければいけません。

  • 仕事
  • 買い物
  • 料理
  • 掃除
  • 洗濯
  • お風呂

可能な限り控えた方がいいでしょう。食事やトイレは仕方ないですが、なるべく負担がかからないように気を使ってください。

入院すればほとんど動かなくても済むんですが、入院の場合また違う問題も出てきますからね。そもそも圧迫骨折で安静にしたいから、という理由では入院できないことも多いのが現状です。

長期間の安静以外では病院での治療方法もあります

注射

jochenpippir / Pixabay

高齢者の方は長期の安静による寝たきりや認知症の心配もあります。また、仕事のため長期間休養ができない方もいるでしょう。

そういう場合は、病院での治療も選択肢の一つとして考えるべきですね。


圧迫骨折でよく行う治療には以下のものがあります。


簡単に説明するとこうなります。


  • 経皮的椎体形成術(PVP)
    つぶれてしまった骨にセメント流し込んで短期間で固める
  • 高周波熱凝固法
    神経の中にあるたんぱく質を固めて、痛みの信号をブロックする

どちらの治療法もうまくいけば短期間の入院で完治します。ただし、リスクや副作用がないとは言えません。この辺りはあなた自身で調べていただいて判断してください。

自宅での安静は筋力は落ちるけど寝たきりになる可能性は低い

安静にしていると、特に高齢者は筋力が落ちてしまって寝たきりになる心配があります。でも、自宅だと最低でもトイレのときには必ず動きますよね。それも一日に何回も。これだけでも全然違います。一人暮らしだと食事の支度や片付けだって自分でしないといけないから、寝たきりになんてなりませんよ。


これが長期の入院だと動く必要がなくなるため、寝たきりになる可能性が出てきます。入院して生活環境が変わることで認知症になるケースも考えておかないといけません。


なので高齢者の場合、保存療法(安静)であれば自宅を選択する方がいいでしょう。もちろん介助の問題や症状の状態を考えたうえで、入院という選択がベストな場合もあることは言うまでもありません。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、腰椎圧迫骨折の症状と原因、それとなってしまったときの処置の方法を解説しました。


腰椎圧迫骨折では動けないほどの激痛を感じることもあり、さらに症状に変化がないと「本当に治るんだろうか?」といった不安な気持ちにもなると思います。精神的にこれはかなりのストレスでしょう。


でも大丈夫です。圧迫骨折は必ず治ります。痛みだってなくなるから心配しなくていいですよ。治療する側はこのことをもっと患者さんに伝えてほしい。この言葉がどれだけ患者さんの力になるか。

今回の記事で、少しでも圧迫骨折で苦しんでいる方の不安が解消されることを願っております。


ではでは。


スポンサーリンク



『ブログ』を見てご連絡いただいた方は初回治療費を割引しています。この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ↓↓

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ