今回は腰痛で悩んでいる方がよく使っているコルセットや腰痛ベルトについて正しい知識と使い方を説明していきます。

当院でも病院で作ったという方や、市販のものを自分で買った方などよく話を伺いますが、ほとんどの方が使い方をよく理解されないまま使用しています。

正しい使い方をすれば結構効果のあるものなので、キチンと正しい知識を身につけておきましょう。今必要ない方もいつか自分がお世話になる時に、使い方を知っているのと知らないとでは回復までにかかる時間が大きく変わる場合もあるので、読んでおいて損はないと思います。

コルセットと腰痛ベルトの違い

そもそもコルセットと腰痛ベルトの違いが分からない方も多いんと思います。一般的に病院で作ってもらうものをコルセット、市販で売っているものを腰痛ベルト(腰痛バンド)と呼んで分けています。

コルセット

コルセットコルセットの素材はステンレスのバネや金属の支柱を使用しているものが多く、これにより体を固定する力が強くなります。着けると結構動きにくいです。

⇒固定力が強く動きにくい

腰痛ベルト

腰痛ベルト腰痛ベルトはメッシュ生地にゴムの伸縮性を持っているものが多く、伸び縮みするのであまり動きに影響はありません。見た目もスッキリしています。

⇒伸縮性があり動きやすい

コルセットと腰痛ベルトのお値段

次にお値段ですが、病院で作ってもらうコルセットは義肢装具士が作るオーダーメイドなので、費用は数万円かかります。ただし、保険適用なので一旦全額支払ってから保険分が後から返ってきます。それでも3割負担の方で1万円前後はかかります。

一方、市販の腰痛ベルトは自分で買うので自己負担ですが、安いものだと三千円ぐらいからあるので価格としてはこちらの方がリーズナブルです。

コルセットは病院でしか買うことが出来ませんが、医師に薦められてコルセットを買ったが、合わなくて腰痛ベルトを買い直したなんてこともよくあります。また腰痛ベルトも種類が豊富なので、ちゃんと自分の症状に合わせたものを買わないと損します。

コルセット:1万円前後

腰痛ベルト:3千円~6千円

コルセットと腰痛ベルトの正しい使い方

次にコルセットと腰痛ベルトの使い方の違いです。 これはどちらも腰やお腹を締め付けて使います。お腹をしっかり締め付けないと意味がありません。

腹圧についてなぜかと言うと、そもそもコルセットや腰痛ベルトをする意味は、お腹を締め付けて腹圧を上げ、腰を支えている腹筋の補助をしてあげることです。だからここは思いっきり締め上げてください。お医者さんの中には「きつく締めると内臓を圧迫してよくない」と仰られる方もいますが、そう思うのであればコルセットは着けない方がいいです。緩く締めても何の意味もないので、お金と時間のムダです。他の方法を考えましょう。治す方法はいくらでもありますから。

コルセットと腰痛ベルトの違いでも説明しましたが、コルセットは素材にステンレスのバネや金属の支柱を使っていて硬いので体の動きが制限されます。逆に腰痛ベルトは素材がゴムなので自由に動くことができます。
なので、骨折などで体を動かしてはいけない時などはコルセットを、着けたまま家事やスポーツをしたい時は腰痛ベルトを使うのが良いと思います。

ここまで読んで、コルセットはオーダーメイドなんだから何でもいけるんじゃないの?という疑問を持った方がいるかもしれません。以前、腰痛の原因は腰とは限りませんよでも書いたように、圧迫骨折など腰自体に損傷があって痛みが出ている場合はコルセットでガチガチに固めて動きを制限してもいいと思います。

しかし、原因が腰以外にある場合はコルセットで固めて腰が動かせなくなると体の他の部分に負担がかかってしまい、かえって腰に悪い影響を与える場合もあります。こんな時はガチガチのコルセットではなく、伸縮性のある腰痛ベルトで腰を補助してやるくらいがちょうど良いです。

コルセット:骨折など動かすと悪化する場合

腰痛ベルト:上記以外

まとめ

以上、細かい説明はまだありますが、とりあえずコルセットと腰痛ベルトの違いと、どんな時に使ったらいいのかぐらいが分かればいけるかなと思います。あとは自分の体の状態とライフスタイルに合わせて選んでいただければ良いと思います。医者に薦められて、ものすごく大きなコルセットを作ったが使わないなんてことにならないよう気をつけましょう。

ただ、市販で売られている腰痛ベルトは種類がメチャクチャあるので、その辺りで迷われる方も多くいらっしゃいます。これは一人ひとり症状を診ながら決めていかなければいけないので、もし迷われているなら一度ご相談ください。

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ