肘が痛い!テニス肘の原因・対策と簡単にできるストレッチを紹介

skeeze / Pixabay

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


「テニス肘」って肘のどこに痛みが出るか分かりますか?ちなみにテニス肘の「テニス」はスポーツのテニスからきているんですが、もちろんテニスをしていなくても肘に痛みが出ることはありますよ。テニスをする人に多い症状のため、こう呼ばれているだけです。

肘の痛みは大きく分けると、肘の外側・内側・肘頭(肘の先)の3種類があってそれぞれ痛みの原因が違います。テニス肘はこの中でも肘の外側の痛みを指すことが多いです。


今回は、肘の痛みの中でも一番多い外側の痛み、通称「テニス肘」の原因・対策とストレッチの方法を解説します。


肘の内側が痛いひとはこちらの記事を。


スポンサーリンク

テニス肘の原因

テニス肘の原因を解説していく前に、肘の外側とはどこかを簡単に。

テニス肘の原因


赤の矢印の位置が肘の外側になります。手を開いた親指側ですね。ここがテニスをするとよく痛くなるんですよ(特にバックハンド)。難しく言うと「上腕骨外側上顆(じょうわんこつがいそくじょうか)」なんて言ったりもします。

ついでに説明すると、青の矢印は肘の内側で「上腕骨内側上顆(じょうわんこつないそくじょうか)」と呼ばれてます。ここが痛くなるときもあるんですが、また別の記事で書きます。

テニス肘は炎症が原因

テニス肘の原因の解説


赤丸で囲ってある「外側上顆」、ここが痛くなる場所なんですが、簡単に言うとテニス肘は外側上顆が炎症を起こすから痛くなるんです。


炎症はぶつけたり、強い力がかかるとその場所が腫れて熱っぽくなるのが特徴です。でもテニス肘はぶつけたりしていなくても痛む場合があります。なぜか?それは手首の使い過ぎに原因があります。

手首をよく使うと肘に負担がかかる

上の図を見てもらうと、肘の外側にはたくさんの筋肉がくっついているのが分かります。

この筋肉をまとめて伸筋群と呼ぶんですが(○○伸筋が多いので)、こいつらは主に手を開いたり、手首をクイッと反らすような動きをするときに働いてくれる筋肉です。特に手首をクイッがポイントです。


でも普段手を握ることはあっても、開いたり手首をクイッと反らすような動きなんてやってない、と思いませんでしたか?


これが意外とそうでもなくて、字を書いたり、PCを叩いたり、洗い物をしたりすると必ず手首って動くんです。手首を固定したままこの動きをするのはムリです、試しにやってみてください。必ず手首をクイッと反らすでしょ?

日頃から僕たちは手首をクイックイッさせて、伸筋群と呼ばれる筋肉をムチャクチャ使っているんです。この伸筋群を使えば使う程ほど、その負担は全て筋肉のスタートである肘の外側に乗っかってきます。


つまり、手首をクイックイッさせ過ぎると肘の外側に負担がかかって炎症が起きて、テニス肘になるんです。使い過ぎが原因です。

テニス肘の対策

テニス肘になってしまったときの対策には以下のようなものがあります。ひとつずつ簡単に説明していきます。

  • 保存療法(使わない)
  • アイシング
  • ストレッチ
  • 痛み止めの注射

保存療法(使わない)

なるべく肘に痛みが出ないように生活することです。痛みを感じている間はそこにダメージを与えているということですからね。安静にして痛みの回復を待ちましょう。

アイシング

肘を触ってみて熱を感じるようならアイシングをする必要があります。炎症が起こっていますから。そのときは湿布じゃなくて、氷水にしましょう。理由はこちら。

ストレッチ

肘を使いすぎると腕の筋肉は硬くなります。その硬くなった筋肉を伸ばしてやる方法です。やり方はあとで説明します。

痛み止めの注射

病院へ行くと鎮痛剤や湿布を処方されます。このほかにも、局所麻酔やステロイドなどもあります。劇的によくなることもありますが、根本的な解決にならないのが難点です。

テニス肘のストレッチ方法

手首をクイックイッさせ過ぎると肘から先の腕の筋肉が硬くなるから、その硬くなった筋肉をストレッチで伸ばしてやると回復が早くなります。

テニス肘のストレッチ方法


【ストレッチの方法】

1.手の甲が上になるようにして肘を伸ばす
2.反対の手で親指以外の4本の指を掴む
3.そのまま手前に引っ張って手首を曲げる


このストレッチで赤矢印の筋肉(伸筋群)が伸びてる感じがすればOKです。ポイントは肘を伸ばすこと、指をしっかりと掴むことです。指を手前に曲げないとうまく伸びないですよ。

テニス肘についての本音

よくテニス肘の治療法については「使わないように」と言う先生がいますが、これムリなんですよね。テニスで痛めたんならテニスをやめればいいけど、普通に生活してても痛める人は痛めます。

こういった人に「使わないように」と言ってもムリです。手首を使わないように生活することはなかなかできるものじゃありません。


だったらどうするか?ストレッチもひとつの方法ですが、僕のやり方では、硬くなった筋肉をおもいっきり押さえて緩めてやるのが一番効果的です。

みんな中途半端にマッサージするから治らないんです。もちろん肘は押さえませんよ、炎症が起こっていますから。その炎症の原因になっている筋肉を緩めるんです。これをするとストレッチよりはるかに早く治ります。


よく効きます。でも押さえている間はムチャクチャ痛いです。僕はあまり痛い治療はしないんですが、これと顎関節の治療だけはかなり痛いです。でも効きます。痛くてもいいという人だけご連絡くださいヽ(゚∀゚)ノ


スポンサーリンク

まとめ

今回は、テニス肘の原因・対策とストレッチの方法を解説しました。

テニス肘はキッチリ治療すれば治りやすい症状だと思います。特に日常生活で痛くなったものに関しては、痛くなった原因をはっきりさせて使い方のポイントを指導するだけでかなり変わりますよ。

まずは自分がどんなときに痛みを感じるのか、そこからはっきりさせましょう。


では、では。


スポンサーリンク


ただいま、WEB限定で初回治療費がおトクになっております。
この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ