健康管理を医者に任せるな!これからの健康管理はからだに良いことを自分で選ぶことが重要になる

geralt / Pixabay

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


「健康になりたい」「元気でいたい」


こう思わない人はいないと思います。みんなずっと健康でいたいと思ってるはずですよね。では、そのために重要な健康管理についてあなたはどう考えていますか?


「辛いときは薬を飲むから大丈夫」「予防接種を受けているから心配ない」


もしこれで健康管理ができていると思っているなら、それは間違いです。これからの健康管理は、からだに良いことを自分で選ぶことが重要 になります。

今回は、自分で選ぶ健康管理の重要性について説明していきます。


スポンサーリンク

病院はなんのためにあるのか

病院へ行っても健康にはなりません。とボクは思っています。

誤解を招かないように説明しておきますが、ボクも病院には行きます。奥さんと子どもたち含め、色んな病気でお世話になっています。医者がいなくなったら困ります。

ボクが言いたいのは、病院は病気を治すとこであって、病気にならないために行くとこじゃない。ということです。

病院は病気の予防や健康増進には対応できません。病気でないのに行けば、なにも処置されず帰されるのがオチです。

病院は病気を治すために行く

からだの状態には3つのステージがあります。

BRRT / Pixabay

からだの状態には3つのステージがあります。


1.健康 >2.正常 >3.病気


それぞれのステージには一定の幅があります。寝不足や暴飲暴食、運動不足でも簡単に病気にならないのは、ステージに幅があるからです。しかし、不摂生が続いて「2.正常 」のステージから「3.病気 」のステージへいってしまうと、なにかしら症状が出てきます。ここで病院の出番です。

病院は、「3.病気 」から「2.正常 」へもどるために利用するんです。

病気から正常へもどるために病院で行うこと

病気から正常へもどるために病院で行うこと

Mizianitka / Pixabay

病院は、「3.病気 」から「2.正常 」へもどるために利用すると説明しました。そのときに行うことが、薬や手術といった解剖学や生理学を中心とした治療です。

ただし、薬や手術では「2.正常 」から「1.健康 」になることはできません。

「1.健康 」になるには、予防医学の考え方が必要です。

予防医学とは

予防医学(よぼういがく、英語:preventive medicine)とは、疾病の発生・経過・分布・消長とそれに影響をおよぼす原因を研究し、疾病の予防を行うことや、病気になりにくい心身の健康増進を図るための学問で、狭義には、「病気になってしまってからそれを治すことより、病気になりにくい心身を作る。

予防医学 – Wikipediaから引用

病気にならないからだ作りをすることが予防医学です。この考えの中心になるのが、栄養学と運動による健康増進です。

この健康増進という考え方が、これからの健康管理にとても重要なポイントになります。その理由を説明します。

日本の医療費問題

平成25年度の国民医療費は40兆610億円です。

厚生労働省 平成25年度 国民医療費の概況

これから先の超高齢化社会を考えると、税収に占める医療費の割合は今後もっと増えていくでしょう。ボクは経済の専門家じゃないですが、このままでは財政が立ち行かないことぐらいは分かります。

そうなると、国民一人ひとりが支払う医療費の割合が増える のは当然です。海外では日本のような安価な治療費で、これだけの質とサービスで医療を受けることのできる国はほとんどありません。

アメリカの医療費

アメリカにお住いのりゅうじんさんが、日本とアメリカの比較をした際、アメリカの医療費についてブログでこう書いておられました。

日本の医療、保健制度は素晴らしいですよ。アメリカでは、歯医者に行き、治療をしたら、保険がきいても毎回1万円ぐらい払ってます。医療費もびっくりするくらい高いです。

一年ぐらい前に妻の腹痛がひどく、大きな病院の救急にいったら、救急にも関わらず、診察受けるまでに6時間待ち。盲腸の疑いがあるということで、MRIを撮ってもらったんです。

結局、盲腸でなく、薬で治ったんですが、後日、病院から届いた請求書にびっくり。なんと、日本円にすると約120万円!桁間違えたんじゃないかと思ったんですが、このぐらいするそうです。この時は速攻で日本に帰ろうかと思いました。


こんなこと海外ではよくあることらしいです。そもそもちゃんとした医療を受けられない国だって多いんですから。

日本がこんなことになったらどうします?ヤバイでしょ!でも、可能性がないわけじゃないんです。


だから なるべく病気にならないように予防することが、これからの健康管理にとって重要 なんです。政府も医療費の財政圧迫を考えて、予防医学による健康管理に力を入れ始めました。病気にならなかったら医療費が下がるでしょ。という思惑です。

じゃあ、自分でできる健康管理ってどんなものなんでしょう?

自分でできる健康管理の方法

自分で健康管理をするうえで、ベースとなる考え方があります。

サバの味噌煮が健康の秘訣?

以前TVで、東北かどこかの地方のおばちゃんが健康の秘訣はサバの味噌煮を食べていることです。と言っていました。すると次の日から、スーパーでサバ缶が売り切れてしまいました。

言うまでもありませんが、このおばちゃんが健康なのはサバの味噌煮を食べているからではありません。

おばちゃんが健康なのは、毎日健康的な生活を送っているから です。

その健康的な生活を送る要素のひとつが、サバの味噌煮を食べることだったんです。このおばちゃんにとってはそれが健康法になっています。でも、もしあなたが急にサバの味噌煮を食べ始めたとしても健康にはなりません。

身土不二の考え方

身土不二という言葉をご存じでしょうか?

しんど‐ふじ【身土不二】 人間の身体と土地は切り離せない関係にあるということ。 その土地でその季節にとれたものを食べるのが健康に良いという考え方で、明治時代に石塚左玄らが唱えた。

身土不二(シンドフジ)とは – コトバンク

生まれ育った土地の食べ物を、季節に応じて食べることが健康にとって一番である。という考え方です。

おばちゃんはまさにこれをやってただけなんです。確かサバもその土地で獲れたもので、その地方ではみなさんよく食べていました。

そして食だけじゃなく、生活全般がその土地の風土に根ざしているんでしょう。だから健康なんです。

肉を毎日食べるひと、肉を食べないひと

肉を毎日食べるひと、肉を食べないひと

Unsplash / Pixabay

元広島カープの「鉄人」こと衣笠祥雄は、「野菜は牛が食うとる!」と言って野菜は一切食べず、肉ばっかり食べていたそうです。今でもお元気です。

逆に、肉を一切食べない人もたくさんいます。こちらも健康な人がいます。健康管理をするうえで、食は重要な要素ですが絶対ではありません。ちなみに海外のセレブが食べているから自分も食べるというのは、健康管理でもなんでもありません。


ひとのからだは千差万別、だから万人に効果的な健康法は存在しない


これがボクが思う、健康管理をするうえでのベースの考え方です。

ダイエットに「万人向け」存在せず、健康な食事に個人差 研究

健康管理とはからだに良いことを自分で選択すること

繰り返しになりますが、これからの健康管理は からだに良いことを自分で選択することが重要 です。あなたと他のひとは違うんですから、自分に合った健康管理の方法を見つけないといけません。

昔はひとから伝え聞いた健康法や、TVから受動的に得る情報でしか見つける方法がありませんでした。でも今は違います。ネットを見れば健康に関する情報がいくらでもあります。

その情報の中で、エビデンス(科学的根拠)がないものはダメだ。とおっしゃる方もいますが、エビデンスだって時代とともにコロコロ変わります。


目を洗うのはよくないと言われるけどコンタクトレンズの人は絶対に洗った方がいい

RSウイルスにうがいは効果がないってホント!?うがいをする意味を考えてみる


だから数多くある健康管理の情報の中から、しっかり自分のからだと向き合い、自分の頭で考えて、腑に落ちたものを選んでいく しか方法はありません。病気のことは医者が一番分かっていますが、あなたのからだはあなたが一番分かっているはずです。

自分のからだの健康のことなのに、医者に任せっきりでどうするんですか。あなた以上にあなたの健康のことを考えているひとはいませんよ。


スポンサーリンク

まとめ

これからの医療は、病気の治療よりも予防が重要になります。すでに欧米ではその考え方が日本に比べてかなり進んでいます。日本もいずれそうなるでしょう。

そうなったときあなたには、健康管理を医者ではなく、自分の考えで選ぶような賢明なひとになってほしい。

今回の内容が、そのことについて考えるひとつのキッカケになれば幸いです。


ではでは。


スポンサーリンク


ただいま、WEB限定で初回治療費がおトクになっております。
この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ