膝に水がたまる!何度も水を抜いてる人はこれちゃんとやってる?と思う3つのこと

JorgeRionegro / Pixabay

Pick up!▼

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


膝に水がたまってパンパンに腫れて、痛くて曲げにくい。こうなると不安ですよね。どうしていいか分からない方も多いんじゃないでしょうか。

とりあえず水がたまってるんだし、その水抜いとけばいいんじゃね?ということで病院で水を抜いてもらってる人が多いんですかね。実際、病院へ行くと水を抜かれますし。

でもよく聞きませんか、水を抜くのはクセになるって。


これ本当で、治療が適切じゃないと何度も水を抜くハメになります。ぶっとい注射を膝の関節に刺すんだからメチャクチャ痛いですよ。それを何度もとなると精神的にも肉体的にもキツイでしょ。


そこで今回は、何度も水を抜いている人に捧げる。水抜く以外なにもやってないんだったら、とりあえずこれやってみて、というものを3つほど紹介します。

この3つをしっかりやってもらえば、案外それだけでよくなることもあるのでぜひ最後までご覧ください。

参考 ⇒ 膝に水がたまる病気まとめ!原因と症状をざっくり説明します


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

膝に水がたまる原因とは

膝関節の解剖図


やってほしいことを紹介する前に、まずは膝に水がたまる原因について説明しときます。


上の図は膝の解剖図ですが、左の図は膝を正面から見ています。大腿骨(だいたいこつ)と書いてあるのが膝から上の太ももの骨。脛骨(けいこつ)は膝から下のスネの骨です。大腿骨と脛骨がくっついているところが膝になります。


でもよく見ると、この二つの骨の間には隙間が空いていますよね。もし骨同士がピッタリくっついていたら、膝を曲げるたびにゴリゴリ当たって大変なことになります。

そうならないよう、関節には隙間が空いていて、その中を滑液と呼ばれる潤滑油のようなもので満たしています。膝に水がたまるとは、関節の中の滑液が増えすぎた状態のことです。


そして滑液が増えすぎる原因は、炎症が起こるためです。捻挫すると足首パンパンに腫れるじゃないですか、アレと同じようなものだと思ってください。

つまり、


  • 炎症が起こる → 水がたまる
  • 炎症がなくなる → 水もなくなる


こうなるわけです。膝にたまった水は膝の炎症を抑えるために集まってきたんです。だからわざわざ水を抜かなくても、炎症がなくなれば水はからだに返っていきます。もともとからだの中の水分が集まったものですからね。


逆に炎症が治まっていないのに水を抜いても、またからだから水が集まってきます。何度も水を抜いている人はこれを繰り返しているんです。

前置きが長くなりました。では膝に水がたまったときにやってほしい3つのこといっきまーす。

膝に水がたまったときにやるべき3つのこと!

やや前置きが長くなりました。それでは膝に水がたまったときにやるべき3つのこと!の説明をしていきます。

1.安静にする

安静にする

skeeze / Pixabay

水を抜いてもらうと膝の痛みが楽になったり、歩きやすくなります。それは水がたまってパンパンになった膝への負担がなくなるからです。


でもここで痛みがないからといって動いていると、またすぐに水がたまりますよ。炎症はなくなっていませんからね。

なので、水がたまっているときはもちろん、水を抜いて楽になっていたとしてもしばらくは安静にしておいた方がいいです。


ただ、どうしても安静にしていられない人もいると思います。そういう場合は膝のサポーターを着けて少しでも負担がかからないようにしないといけません。

こちらは交換・返品が一年間無料なのでオススメです。もし気になった方は↓から申し込んでみてくださいね!

公式サイト▼

2.アイシング(冷やす)

アイシング

makamuki0 / Pixabay

先ほども言いましたが、膝に水がたまるということは、膝に炎症が起こっているということです。炎症が起こる原因はたくさんありますが、炎症が起こっていることに変わりはありません。

だとしたら、膝の腫れがいつまでもたってもなくならないような強い炎症の場合、からだの中の水だけじゃ足りてないということです。こんなときは外からしっかりアイシングすることで炎症は早く治まります。


プロ野球でピッチャーが投げ終わったあとに、肩を氷でグルグルに巻いているのをみることがあります。あれも肩に起こった炎症をすぐに抑えるためにやっているんです。


軽い炎症だとアイシング(冷やす)だけで、膝にたまった水がなくなることもあります。理由は簡単で、炎症が起きて熱を持った膝を冷やすために集まってきた水が、アイシングで熱が下がり必要なくなってからだに返るからです。


アイシングをするときのポイントは、湿布じゃなくて氷水で冷やすこと。これについてはこちらの記事に詳しく書いています。


もうひとつ、長時間冷やし過ぎないように気をつけましょう。だいたい10~15分を目安に、1日3~5回やるようにすれば効果的ですよ。


アイシングをするにはこれがオススメです。使い方も簡単で冷やしながら動くこともできるし、スポーツの現場でもよく使うのでひとつあると重宝しますよ。

3.水を抜く以外の治療を受ける

水を抜く以外の治療を受ける

geralt / Pixabay

実を言うと、水を抜くって治療じゃないんですよ。本来は検査のために行うものです。水の成分を調べると膝の中でなにが起こっているかおおよそ分かるんです。水の色が濁っているほど炎症がキツかったり、水の中に血液が混ざっていれば関節の中に傷がある、というように。

こういった判断をするために水を抜いていきます。あくまで診断材料のために行う検査で、これ自体が治療じゃないんです。


ただ病院によっては水を抜くことを治療のように行い、水がたまってはその度に抜くを繰り返すだけのようなところもあります。これがよく言われる「水を抜くのはクセになる」のイメージになっているんでしょうね。


もし今、膝へのアプローチが水を抜いて湿布貼るだけなんだったらほかの治療法を探すべきです。ちゃんとやってくれるとこなんていくらでもありますよ。


手前みそで申し訳ないですが、僕のとこにも整形外科に通われていた患者さんがよく来られます。膝に水がたまっている人もいます。でもちゃんと治療して指導をまもってもらえば水はたまらなくなりますよ、もちろん痛みもなくなりますからね。


詳しくはこちらを → 患者様の声/膝痛


スポンサーリンク

まとめ

今回は、水抜く以外なにもやってないんだったらとりあえずこれやってみて、というものを3つほど紹介しました。

あと、グルコサミン飲むのは意味ないのでやめましょうね。>>膝の痛みにグルコサミンの効果はあるか?うすうす分かってると思いますがお答えします


ほかにも膝の痛みを治すためのアイテムを選びました。>>【オススメ】膝の痛みを治すためのアイテムを厳選して5つ紹介!


どんな治療を選ぶかは自由だし、膝の状態によってベストな治療法は変わってきます。ただ医師の言うことだから、とダラダラ治療を続けることはおすすめしません。水を抜いてるだけなんだったら尚更です。自分のからだなんですから自分で責任もって考えましょヾ(o´∀`o)ノ



ではでは。


スポンサーリンク


『ブログ』を見てご連絡いただいた方は初回治療費を割引しています。この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ↓↓

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ