どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


自分のO脚を治すためのエクササイズを紹介していくこの企画。

【関連記事】
O脚を治す方法を自分で試してみます!


今回は、【vol.4】「太ももの内側を鍛えるO脚エクササイズ」 です。これ結構しんどいですけどO脚を治すには絶対必要なんでがんばってください。


エクササイズをまとめたものはこちら。

【関連記事】
O脚を治すための「ストレッチ」と「エクササイズ」まとめ


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

太ももの内側を鍛えるO脚エクササイズの方法

それではさっそく太ももの内側を鍛えるO脚エクササイズの方法を紹介していきます。

O脚エクササイズの手順は以下の通りです。


【手順】

  1. 肘をついて横になる
  2. 足を伸ばしてからだを真っすぐに
  3. 下の足を前に出す
  4. からだを浮かせる

O脚の人は太ももの外側の筋肉はガチガチで内側をあまり使えていないので、そこを鍛えて真っすぐな足にしていきます。

では順番に解説していきましょう。

O脚ストレッチ 1.肘をついて横になる

▲まずはこんなカンジで肘をついて横になってください。右でも左でもどちらでもいいです。両方やるので。

O脚ストレッチ 2.足を伸ばしてからだを真っすぐに

▲続いて、足を重ねて真っすぐに伸ばします。このとき上半身と下半身のラインが真っすぐになるように。

O脚ストレッチ 3.下の足を前に出す

▲からだの下側になっている足を少し前に出します。↑だと左足が前に出ていますね。

O脚ストレッチ 4.からだを浮かせる

▲このまま腰を浮かせるようにからだを上へあげます。このとき右足で踏ん張って右の太ももの内側を鍛えます。

このまま10秒キ-プ。っていうかツラすぎて10秒もできないと思います。ムリしないようにやってくださいね。

O脚ストレッチ 上手くやるポイント!

太ももの内側を鍛えるO脚エクササイズのポイントを2つ紹介します。


【ポイント1.膝を真っすぐ伸ばす】

▲踏ん張る方の膝は真っすぐ伸ばしてください。


▲膝が曲がるとうまく太ももの内側に力が入らないので鍛えられません。


【ポイント2.ツラかったら両手で】

▲このストレッチは太ももの内側の内側が弱っている人だとホントにツライので両手ついてもOKです。これでかなり楽にできますよ。

ちなみに僕も両手ついてやってますから。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、太ももの内側を鍛えるO脚エクササイズを紹介しました。

O脚は太ももの外側の筋肉がガチガチになってどんどん膝を外に開いていくので、それを防ぐため太ももの内側の筋肉を鍛えないといけません。

かなりハードなエクササイズになりますが、O脚を治したい人は一緒にがんばってやりましょう。


ではでは。


【vol.5】へと続きます。

【関連記事】
O脚ストレッチ【vol.5】お尻を鍛えるO脚エクササイズ


スポンサーリンク

LINE@はじめました!

この記事を読んで疑問に思ったことや感想、普段不安に感じていることをぜひ教えてください。きっとあなたのお力になれると思います。


友だち登録はこちらから↓

友だち追加


詳細はこちら ⇒ LINE@はじめました!質問やご相談がある方は登録どうぞ