どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


自分のO脚を治すためのエクササイズを紹介していくこの企画。

【関連記事】
O脚を治す方法を自分で試してみます!


今回は、【vol.5】「お尻を鍛えるO脚エクササイズ」 です。お尻はO脚の原因である骨盤の歪みに関係する筋肉があるのでしっかりやらないといけません。

お尻が引き締まって見た目もよくなりますよ。


エクササイズをまとめたものはこちら。

【関連記事】
O脚を治すための「ストレッチ」と「エクササイズ」まとめ


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

お尻を鍛えるO脚エクササイズの方法

それではさっそくお尻を鍛えるO脚エクササイズの方法を紹介していきます。

O脚エクササイズの手順は以下の通りです。


【手順】

  1. 壁の前に立つ
  2. 両手を壁につける
  3. 片足を斜め後ろに上げる
  4. もとの位置に戻す

今回はお尻の筋肉の中でも特に「中殿筋(ちゅうでんきん)」を鍛えていきます。この筋肉は骨盤の動きを安定させ、太ももの骨が変な方向へ向かないよう働いてくれます。

では順番に解説していきますね。

O脚ストレッチ 1.壁の前に立つ

▲まずは壁の前に立ちます。イスやテーブルの前でもいいですよ。

O脚ストレッチ 2.両手を壁につける

▲次に両手を壁につけます。このときからだが斜めになりすぎないように。

O脚ストレッチ 3.片足を斜め後ろに上げる

▲このまま片足を斜め後ろに上げていきます。ちょっとここは分かりにくいのであとでポイントを説明しますね。

O脚ストレッチ 4.もとの位置に戻す

▲足をもとの位置に戻します。これを20回ずつ繰り返していくんですが、うまくできていればだんだんお尻が疲れてきますよ。

逆も同じようにやれば終了です。

O脚エクササイズ 上手くやるポイント!

お尻を鍛えるO脚エクササイズのポイントを2つ紹介します。


【ポイント1.足は斜め後ろに上げる】

▲足は真後ろじゃなくて、斜め後ろに上げるのがポイントです。真後ろだと太ももの裏が鍛えられてしまうので。


【ポイント2.つま先は外側に向ける】

▲斜め後ろに上げた足のつま先は必ず外側を向くように。この2つのポイントを押さえてやってもらうとお尻が鍛えられているのがよく分かると思います。

お尻つりそうになりますよ。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、お尻を鍛えるO脚エクササイズを紹介しました。

お尻の筋肉が衰えてくると骨盤が不安定になり、右へ左へからだを傾けながら歩くようになります。その不安定なバランスが足に負担をかけてO脚が進むんです。

どこでも簡単にできるエクササイズですから、O脚を治したい人は一緒にがんばってやりましょう。


ではでは。


【vol.6】へと続きます。

【関連記事】
O脚ストレッチ【vol.6】足の裏を鍛えるO脚エクササイズ


スポンサーリンク

LINE@はじめました!

この記事を読んで疑問に思ったことや感想、普段不安に感じていることをぜひ教えてください。きっとあなたのお力になれると思います。


友だち登録はこちらから↓

友だち追加


詳細はこちら ⇒ LINE@はじめました!質問やご相談がある方は登録どうぞ