どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


みなさんウォーキングの効果ってご存知でしょうか。えっ、足腰が鍛えられる?それは当たり前です。筋力つきますからね。

ウォーキングの効果を単に足腰を鍛えるだけだと思っているなら非常にもったいないです。ウォーキングにはほかにもたくさんの効果があるんですよ。


今回はウォーキングの効果のひとつ「肩こり解消」について解説していきます。肩こりでお悩みの方は参考にしてください。


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

肩こりとは?

そもそも「肩こり」とはどんなものか?Wikipediaによると、


項頸部から僧帽筋エリアの諸筋に生じる主観的に詰まったような、こわばった感じや不快感・こり感・重苦しさや痛みにいたる症候の総称である。

出典:🔗肩こり – Wikipedia


こう説明されていますがこれを簡単に言うと、筋肉が硬くなって不快なカンジとなります。筋肉が硬くなるのは血液の流れが悪いからです。

血液の流れを悪くさせている原因には、


  • 姿勢による身体的なもの
  • ストレスによる精神的なもの

以上の2つが大きく関わっていて、人間のからだは身体的・精神的にストレスがかかると血管が細くなって血液が十分に送れなくなるんです。

血液が十分に送れないと栄養が不十分になったり、老廃物(ゴミ)がからだに溜まるため、筋肉の硬さや病気の原因になっていきます。

肩こりは肩に血液が流れにくくなり筋肉が硬くなって起こる症状のひとつなんです。

肩こりを解消するのにウォーキングが効果的なワケ

それでは血液が流れにくくなり筋肉が硬くなって起こる「肩こり」がウォーキングで解消するワケを解説していきます。

そのワケとは以下の3つになります。


  1. ウォーキングは全身運動
  2. ウォーキングをすると骨盤が安定する
  3. ウォーキングをすると「気」の流れがよくなる

それではひとつずつ詳しく見ていきましょう。

肩こり解消その1.ウォーキングは全身運動


血液は心臓から押し出されて全身を巡りますが、血液の流れをよくするためには筋肉を収縮させて血液を押し流す必要があります。

ウォーキングは全身の筋肉を使って行う全身運動ですよね。

そのためウォーキングをすると全身の筋肉を使って血液をからだの隅々にまで流すことができます。だからウォーキングするだけで肩にも血液が流れて肩こりの改善になるんです。


だったらランニングやストレッチでも血液の流れがよくなるからいいんじゃね?と思ったかもしれません。

ランニングはウォーキングに慣れてから行うと効果的ですが、いきなりランニングを始めるとからだへの負荷が大きすぎて筋肉を硬くしてしまいます

ストレッチは全身まんべんなくやるなら効果的ですが、肩だけ筋肉を緩めてもほかの場所が緩んでいなかったら血液の流れはジャマされます

肩こり解消その2.ウォーキングをすると骨盤が安定する


人のからだでバランスの中心ってどこだと思いますか?

四足歩行の動物と違い人は2本の足でからだを支えているためバランスが悪く、常にからだを揺らしながらバランスを取っています。


このときバランスの中心は『骨盤』になっているんです


もしこの骨盤がグラグラしていたら骨盤の上に乗ってる上半身も不安定になってからだに力が入りますよね

スケボーのようなグラグラした足場をイメージすると分かりやすいですが、スケボーが骨盤だとしたらそこに乗ってるとすごく力が入って緊張するでしょ?

ウォーキングをすれば下半身の筋力が鍛えられますから、骨盤を安定させてやることができます。すると上半身に余計な力が入らなくなって肩こりの解消になるんです。

肩こり解消その3.ウォーキングをすると「気」の流れがよくなる


ウォーキングの効果を東洋医学の視点からひとつ。

東洋医学では「気」というものを非常に重要視しているんですが、ウォーキングをするとこの「気」の流れがよくなります。

「気」はからだの中を流れるエネルギーのようなもので、「気」がグルグルと全身を廻っていると健康だとされています。

よく「気の流れが滞ってる」とか言われますが、あれは気の流れがからだのどこかで停滞してしまっているんです。そして「気」の流れが滞ると病気の症状が現れます


「気」はよく使う場所に集まる性質があるため、頭ばっかり使っているとからだの上の方に「気」が集まりやすくなります。

すると集まった「気」はからだの上の方で停滞して流れなくなってしまい、筋肉が硬くなったり血液の流れが悪くなったりといった症状が出てきます。

これが肩に出ると「肩こり」に、頭に出ると「頭痛」に、目にでると「目のかすみ、充血」として現れます。


ウォーキングは下半身をたくさん動かすので、からだの上の方に溜まった「気」が今度は下へ下がってきます。

そうすると肩に停滞していた「気」も下へ下がり肩こりが解消されます。

ちなみにウォーキングは全身運動なので「気」もからだ中をグルグルと回るためどんどん健康になります。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、ウォーキングの効果のひとつ「肩こり解消」について解説しました。

もちろんウォーキングをすればすぐに肩こりがなくなるというワケではありません。それなりの根気が必要になります。

でも時間をかけてやっていけば必ず効果を感じることができます。それにウォーキングの効果はほかにもまだまだありますからやって損したなんてことにはなりませんから。

肩こりでお悩みの方、ぜひ試してみてください。


ではでは。


枕が合わないと思ってる人はこちらの記事を↓

関連:🔗肩こりには枕の使い方を変えろ!一瞬でできる肩こりに効く枕の使い方をご紹介

枕選びに悩んでいる人はこちらの記事を↓

関連:🔗肩こりを枕で解消させる方法!簡単にできるおすすめ枕の選び方


スポンサーリンク

LINE@はじめました!

この記事を読んで疑問に思ったことや感想、普段不安に感じていることをぜひ教えてください。きっとあなたのお力になれると思います。


PCの人はこれ↓をLINEで読み取って。


スマホの人はここから↓

友だち追加


詳細はこちら ⇒ LINE@はじめました!質問やご相談がある方は登録どうぞ


『ブログ』を見てご連絡いただいた方は初回治療費を割引しています。この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ↓↓

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中