猫背になりやすい姿勢10コ!これ止めるだけでかなり変わるよ

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


当院では『LINE@』でブログの読者さんから相談や質問を受け付けていますが、その中でも特に若い方から


『猫背ってどうやったら治りますか?』


といった質問をよくいただきます。

確かに男女問わず10代や20代で背中が丸くなっている人たちは多いですよね。みんな見た目を気にしていますが「猫背」は健康面から考えても何ひとつ良いことはないので早めに手を打った方がいいでしょう。


そのため以前こちらの記事↓で猫背の治し方を紹介しました。

🔗猫背を治す方法!たったの10秒!簡単にできる猫背の改善ストレッチ

🔗肩こりの姿勢を矯正!肩こりの原因になる姿勢と改善法を紹介


ただ治し方を知っておくよりもそもそも猫背の姿勢をとらないことが一番の解決法になるので、今回は「猫背になりやすい姿勢10コ」を紹介していきます。

自分ではなかなか気づきにくいですが、これから紹介する姿勢をとっている人は猫背になりやすいのでぜひ参考にしてください。


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

猫背の姿勢とは?

みなさん分かっているとは思いますが、一応猫背の姿勢がどんなものか紹介しておきますね。

これ↓が猫背の姿勢です。

肩こりの姿勢を矯正!肩こりの原因になる姿勢と改善法を紹介


背中が丸くなり頭の位置がからだに対して前に出ているのが特徴になります。そして猫背になるとこんな症状が起こりやすくなります。


  • 背中が張って肩こりや頭痛の原因になる
  • 血液の流れが滞る
  • 自律神経の働きが悪くなる
  • 内臓の働きが低下する
  • 呼吸が浅くなる

そして見た目もだらしなく映り、10歳くらい年を取って見えたりもしますよね。

こうならないためにも普段から猫背になりやすい姿勢に気をつけて予防しておかないといけません。

猫背になりやすい姿勢10コ

それでは「猫背になりやすい姿勢10コ」を紹介していきます。

猫背になりやすい姿勢は以下の10コになります。


  1. スマホを見る
  2. 胡坐(あぐら)をかく
  3. ソファーに座る
  4. イスに浅く座る
  5. PCを長時間見る
  6. ゲームを長時間する
  7. 車の運転
  8. 長座(ちょうざ)
  9. 足を組む
  10. 下を向いて歩く

以上、ひとつずつ簡単に説明していきますね。

猫背になりやすい姿勢 その1.スマホを見る

Embed from Getty Images


↑の画像を見ても分かるように、スマホを見てるときって下を向いて頭の位置が少し前に出ますよね。

こうなると頭を支えるために背中や肩が緊張してきて少しずつ背中が丸くなっていきます。

肩こりの原因についてはこの記事に詳しく書いてます。

関連:🔗肩こりの原因を解消させる方法!肩のマッサージだけやっててもダメです

猫背になりやすい姿勢 その2.胡坐(あぐら)をかく

Embed from Getty Images


ヨガのポーズみたいに背筋をビシッと伸ばしていればいいですが、家で胡坐(あぐら)をかいてるときはもっと気を抜いていますよね。

そうすると背中は丸まり、骨盤は後ろに倒れ(後傾)て猫背の姿勢になります。

関連:🔗あぐらをかくと腰痛の原因になる!さらにスタイルまで崩れるから要注意!

猫背になりやすい姿勢 その3.ソファーに座る

Embed from Getty Images


ソファーに座るときってだいたい↑カンジで後ろに寄っかかって座ることが多いと思います。これだと頭を起こすのに背中の筋肉にかなり力が入りますし、やっぱり骨盤が後ろに倒れて猫背がキツくなります。

猫背になりやすい姿勢 その4.イスに浅く座る

Embed from Getty Images


イスにお尻を浅くして座ると↑のように背もたれに背中を当てたときに自然と背中が丸くなります。当然骨盤も後ろへ倒れます。


ここまで何度も「骨盤が後ろへ倒れる」というキーワードが出てきましたね。

骨盤が後ろへ倒れることを「後傾(こうけい)」と言い、骨盤が歪んでいることを言い表しています。

腰痛を寝方で改善させる!睡眠の質を上げる4つの方法


↑の図でいうと左が「後傾(こうけい)」の形で、骨盤が後ろへ倒れることで背中が丸まり「猫背」の姿勢になります。

つまり猫背は、

  1. 頭の位置が前に出る
  2. 骨盤が後傾する

この2つが起こる姿勢をとっているとなりやすくなるんです。

それを踏まえて続きを見ていきましょう。

猫背になりやすい姿勢 その5.PCを長時間見る

Embed from Getty Images


PCを長時間見ているとどうしてものぞき込むような姿勢をとってしまいます。すると頭の位置は前に出ますよね。この姿勢はモロに猫背です。

猫背になりやすい姿勢 その6.ゲームを長時間する

Embed from Getty Images


ゲームも熱中すると前のめりになりますよね。

猫背になりやすい姿勢 その7.車の運転

Embed from Getty Images


車の運転も慣れないうちは緊張して背筋も伸びていますが、慣れてくると背もたれに寄っかかり骨盤が後ろに倒れてしまいます。

あと車の運転も気をつけないと骨盤が歪んできます。

関連:🔗[骨盤の歪み]車を運転してるなら今すぐ直した方がいい足の位置!

猫背になりやすい姿勢 その8.長座(ちょうざ)

Embed from Getty Images


長座(ちょうざ)というのは足を伸ばして座る姿勢のことで、ほとんどの人が後ろに寄りかかって座っていると思います。この姿勢もやはり骨盤が後ろへ倒れます。

どうしても長座がしたいという人はこの↓座イスを使うといい姿勢がキープできるので使ってみてください。

猫背になりやすい姿勢 その9.足を組む

Embed from Getty Images


座っていて足を組みたいという人はすでに骨盤が歪んでいます。

関連:🔗間違い!骨盤の歪みを治すのに足を組み替えてもムダです

骨盤が歪んでいてからだのバランスが安定しないので、足を組むんですが結局背もたれにからだを預けないと安定しません。

そしてそれが猫背を原因になります。

猫背になりやすい姿勢 その10.下を向いて歩く

Embed from Getty Images


下を向いて歩くと頭は下へ落っこちます。それを落っこちないようにするため背中の筋肉は引き延ばされ、背骨は丸く曲がってしまいます。

それが進むと「円背(えんぱい)」になるので気をつけて。

関連:🔗円背だと腰が痛い!?円背の原因と改善方法をざっくり説明します!


スポンサーリンク

まとめ

今回は、「猫背になりやすい姿勢10コ」を紹介しました。

どれも当たり前のようにやってしまう姿勢ばかりですが、だからこそこれだけたくさんの人の姿勢が悪くなっているんだと思います。

この姿勢をとらないようにするだけで猫背はかなり防げるのでぜひ気をつけてみてください。


すでに猫背の人は最初に紹介したこちらの記事に改善法が書いてあるので読んでおくといいですよ。

🔗猫背を治す方法!たったの10秒!簡単にできる猫背の改善ストレッチ

🔗肩こりの姿勢を矯正!肩こりの原因になる姿勢と改善法を紹介


ではでは。


スポンサーリンク

LINE@はじめました!

この記事を読んで疑問に思ったことや感想、普段不安に感じていることをぜひ教えてください。きっとあなたのお力になれると思います。


友だち登録はこちらから↓

友だち追加


詳細はこちら ⇒ LINE@はじめました!質問やご相談がある方は登録どうぞ


『ブログ』を見てご連絡いただいた方は初回治療費を割引しています。この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ↓↓

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中