顎関節症

顎関節症の治し方を説明します!


どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


あなたがもし顎関節症(がくかんせつしょう)になったとしたら、どこへ治療に行きますか?病院でしょうか?それとも歯医者?整体?ちなみに病院へ行くなら、顎関節症の専門は口腔外科です。整形外科の医師で顎関節症が得意な先生を僕はあまり知りません。

いずれにしても先生によって得手不得手がありますから、直接聞いてみるのがいいでしょう。


病院や歯医者で行う顎関節症の治療は、痛み止めの薬や筋肉を弛緩させる注射、もしくはマウスピースを使った歯の噛みしめ防止などが中心になります。


もしあなたが「これらの治療に疑問を持っている」または「受けてみたけど効果がなかった」ということなら、今回紹介する、治療家が教える病院では治らない顎関節症の治し方が効果的かもしれません。その治療法を行っている治療院を探して、受けてみることをおすすめします。

もちろん当院でも行っていますよ。


スポンサーリンク

顎関節症の症状と原因

まずは顎関節症について簡単に解説しておきます。


顎関節症とは

  • 口が大きく開けられない
  • 左右もしくはどちらかのあごが痛い
  • 口を開けるとあごに「ガクッ」「パキッ」などと音が鳴る

というような、あごの関節や筋肉の症状の総称のことです。


以下、自分でできる顎関節症のチェック法です。

  • 食べ物を噛んだり、長い間しゃべったりすると、あごがだるく疲れる
  • あごを動かすと痛みがあり、口を開閉すると、とくに痛みを感じる
  • 耳の前やこめかみ、頬に痛みを感じる
  • 大きなあくびや、りんごの丸かじりができない
  • ときどき、あごがひっかかったようになり、動かなくなることがある
  • 人さし指、中指、くすり指の三本を縦にそろえて、口に入れることができない
  • 口を開閉したとき、耳の前の辺りで音がする
  • 最近、あごや頸部、頭などを打ったことがある
  • 最近、かみ合わせが変わったと感じる
  • 頭痛や肩こりがよくする

参考:慶應義塾大学病院 KOMPAS


いくつか当てはまるようだと、顎関節症の疑いがあるようです。

顎関節症の原因

顎関節症になる原因は大きく、次の4つに分けることができます。

1.姿勢
2.噛み合わせ
3.外傷(ケガ)
4.精神的なストレス


顎関節症の場合、この4つのうちどれかひとつが原因で痛むというよりも、いくつかの原因が絡み合って起こることがほとんどです。そのため、痛み止めの薬やマウスピースで噛み合わせを改善しても、治らないことが多いんです。

治療家が行う顎関節症を治す方法

治療家の僕が行う顎関節症の治療は、からだ全体の状態を診ながら顎関節の症状について考えていきます。

顎関節症でも全身症状として治療

顎関節症はあごに痛みの出る症状です。一見、あごの動きを良くすれば治るような気がします。でもそれじゃあ治らないです。治ったとしてもすぐに再発することもよくあります。


あごの痛みはただの結果であって、必ずしも痛みを引き起こした原因とは限りません。


本当の原因が別のところにある場合、いくらあごの動きを良くして痛みを抑えたところで、根本的に治すことはできません。(とりあえず痛みが取れればいいやという場合は薬をガンガン使ってください)


痛みの出ている部分があごだけだとしても、根本的な改善をするには全身の治療を行っていく必要があります。

骨盤を整えてからだのバランスを安定させる

からだのバランス

Wokandapix / Pixabay

顎関節症の原因のひとつに「姿勢」がありました。顎関節症になる人のからだをよく診ると、ほとんどの人に骨盤の歪みがみられます。


姿勢は立っていても座っていてもバランスの中心は骨盤になるため、骨盤が歪むと姿勢が崩れ、それが肩や首のバランスにも影響してあごに負担をかけていきます。

だから、顎関節症の治療を行うときは骨盤の調整を行います。


骨盤の歪みについてはこちらの記事に詳しく書いてあります。

上半身のバランスを整える

上半身のバランス

上半身のバランスいいでしょ

さっき骨盤が歪むと、肩や首のバランスにも影響すると説明しました。上半身は骨盤という土台の上に乗っているため、骨盤の歪みは上半身のバランスにも影響します。


顎関節症になる人の多くは、肩こりや首の痛みを訴えており、これは骨盤が歪んだため、上半身のバランスが崩れて肩や首に負担がかかったことが原因です。

肩や首の負担はさらに上のあごにまで負担をかけ、その負担が限界を超えると痛みとして顎関節症を発症してしまいます。


そのため骨盤を整えるだけよりも、直接あごに負担をかけている上半身の治療も行うとより効果が上がるんです。


上半身と骨盤についてはこちらの記事もどうぞ。

顎関節へ直接アプローチする

顎関節

IAOM-US / Pixabay

これまで説明してきた骨盤と上半身の治療は、顎関節症を根本から治すために必要な治療です。しかし、仮にからだのバランスが整ったとしても、それがすぐにあごの痛みを解消させることになるかというと、多分なりません。


それは、からだに良い食べ物を食べてもすぐに健康にならないのと同じで、からだを変えるには良くも悪くも時間がかかるからです。


少しでも早く症状を改善させるには、からだ全体の症状を診ていくことと同時に、痛みの出ているあごも何とかしないといけません。


そのため当院で行う顎関節症の治療では、顎関節へ直接アプローチしていきます。


顎関節を手技によってグイグイ動かしていくんですが、正直メチャクチャ痛いです。ほとんどの人が声も出せず呻いています。でもよく効きます。(痛いのは押している間だけですよヘ(゚∀゚ヘ))直後から動き、痛みとも改善します。


からだ全体のバランスを整え、痛みの出ているあごに直接アプローチをかけることで、早期の改善を実現させるだけじゃなく、二度と顎関節症にならないからだにしていきます。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、治療家が教える病院では治らない顎関節症の治し方を紹介しました。治療家と言っても、僕がやってるやり方ですのでほかの治療家もやっているとは限りません。っていうか顎関節症で全身を診る治療家はほとんどいないでしょうね。


でも、顎関節症はあごだけ治療しても治らないことが多いです。それは原因が複雑に絡み合っているためなんですが、そこまでみんな突っ込んで考えていません。

その原因を解明するために、からだ全体を診ていくことはもちろん、僕自身患者さん一人ひとりのことをもっとよく理解する必要がありますね。


では、では。


スポンサーリンク


ただいま、WEB限定で初回治療費がおトクになっております。
この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ