向日市で述べ3万人を超える施術実績を持つ鍼灸院があなたの辛い症状を改善します!

圧迫骨折

  • HOME »
  • 圧迫骨折

“こんなことでお悩みではありませんか?”

  • 尻もちをついて動けなくなった
  • 2週間以上痛くて動けない
  • 寝返りできないほど腰が痛い
  • レントゲンで異常がないが腰が痛い
  • 圧迫骨折と診断されたが治るのか不安

圧迫骨折とは

圧迫骨折は、転倒や外部からの圧力によって椎体(ついたい)と呼ばれる背骨の骨が潰れてしまう症状のことです。

ポキッと「折れる」というよりグシャッっと「潰れる」イメージです。

背骨は頚椎(7個)、胸椎(12個)、腰椎(5個)の骨が積み木のように積み上がるようにして形成されているんですが、圧迫骨折はこの骨がグシャッと潰れてしまいます。

よく潰れる場所は胸椎と腰椎。胸と腰の位置にある背骨ですね。特に腰の上の方を骨折される人がほとんどで、骨折は1ヵ所だけの場合もあれば一度に2,3ヵ所折れることもあります。


ぎっくり腰と痛みがよく似てますが、全く違うものなので注意が必要です。

【関連記事】
圧迫骨折とぎっくり腰の違い?似てるようで全然違う2つの症状を徹底解説!

圧迫骨折の原因

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)が大きな原因のひとつです。

ただ以前は高齢者が尻もちをついたときに腰の骨(腰椎)に強い負荷がかかって潰れるといったケースが多かったんですが最近では、


  1. 運動不足
  2. 食生活の変化
  3. デスクワークで姿勢が丸まる

こういったライフスタイルの変化から骨粗しょう症の人が増えており、座ったりくしゃみをしただけで圧迫骨折を起こすケースも多くなりました。


背中が丸まると背骨にかかる負担が大幅に増しますが、特に女性は筋力や骨が弱いため注意が必要です。


【圧迫骨折の特徴】

  • 背骨がからだの重みでつぶれる
  • 高齢者や女性に多い
  • 尻もちや咳・くしゃみで簡単に起こる
  • 激痛で動けなくなる
  • 姿勢が悪いとリスクが高くなる
  • 高齢者の場合、圧迫骨折から寝たきり・認知症の可能性がある

圧迫骨折について詳しくはこちらの記事を読んでください。

【関連記事】
腰椎圧迫骨折とは?症状と原因について説明します!必ず治るから心配しないで!

当院の圧迫骨折の治し方

当院では、筋肉の緊張を引き起こしている「姿勢」を優しい施術で改善させて圧迫骨折の原因を根本から取り除いていきます。

ただし、圧迫骨折の受傷後2週間~1ヵ月は安静が一番です。

2週間~1ヵ月すると少しずつ痛みがなくなってくるのでそこからはなるべく早く筋肉の負担を取り姿勢の改善のため施術を行っていきます。

圧迫骨折で潰れた骨は約1ヵ月でもとに戻ります。しかしせっかくもとに戻った骨も姿勢が改善されていなければ同じ場所に再び負担がかかります


もともと筋力や骨が弱くなっている方などは何度も圧迫骨折を繰り返すこともあり、それを防ぐために当院では筋肉の負担を取り除き姿勢の改善を行っています。


痛みを伴う整体とは違い痛みの原因に直接アプローチする効果的な施術ですので初めての方にも安心して受けていただけます。


ご予約・お問い合わせは075-921-1588までお気軽に

圧迫骨折についてQ&A

当院の LINE@ にご質問いただいた圧迫骨折のご質問です。

1.ギブスを外すと歩けない

【質問】
80歳の母が圧迫骨折でギブスを3ヵ月付けるよう言われました。現在2ヵ月経過し痛みは無くなりましたが、ギブスを外した瞬間は歩けない状態です。

このままでいいのかどうか不安です。ギブスは病院で作ってもらいました。


【返信】
病院で作ったギプスだと腰の動きはかなり制限されます。通常ギブスは3週間〜1ヶ月で動きやすいコルセットに変えていくはずなんですけどね。

お母様は80歳とご高齢ですので、ギプスを長期間付けたことで筋力の低下が起こっているのではないかと思います。

そうすると、ギプスを外したときに体を支えることが出来ないので痛みを感じてしまいます。もう少し動きやすいコルセットに変えるか、筋力をつけるためにリハビリに通うのがいいでしょう。


関連:🔗腰椎圧迫骨折とは?症状と原因について説明します!必ず治るから心配しないで!

2.痛みはないが圧迫骨折なのか

【質問】
重いローテーブルを持ち上げようとしたら腰にバットで殴られたかと思うような衝撃が来ました。圧迫骨折と言われましたが腰に力を入れる動作をしなければまったく痛みはありません。

背骨を上から下まで叩いてみても痛みはありません。本当に骨折しているんでしょうか。


【返信】
圧迫骨折でも動けたり、叩いて痛くない場合もあります。

この場合ギックリ腰の可能性もありますが、圧迫骨折とギックリ腰の違いはレントゲンで判断するしかありません。

レントゲンで骨折線と呼ばれるものが写っていないならただのギックリ腰の可能性もありますね。


関連:🔗圧迫骨折とぎっくり腰の違い?似てるようで全然違う2つの症状を徹底解説!

3.痛み止めいつまで飲む?

【質問】
痛み止めはいつまで飲んだらいいでしょうか?


【返信】
痛み止めは痛みがガマンできないときだけ飲んでください。

医師の言われるまま飲み続けたり、痛くなったら恐いからといって飲んでいるとからだを悪くしますよ。


関連:🔗腰痛に痛み止めって効くの?腰痛で痛み止めを飲むときのポイント!

4.ギブスじゃなくコルセットではダメなのか?

【質問】
圧迫骨折と診断され今はコルセットを巻いています。休み明けにMRIを撮ってギブスを付けることになるだろうと言われましたが、コルセットではダメなんでしょうか?


【返信】
コルセットよりギブスの方が固定力が強いので、圧迫骨折の初期ではよく使います。

ただし、ギブスのタイプにもよりますが固定力が強すぎるため動きがかなり制限されるので、絶対安静が必要なくらいキツイときに使うものです。

今回の症状がそれぐらいキツイという判断なのかもしれませんね。


関連:🔗腰痛コルセットの付け方・巻き方!効果の上がる方法を紹介します

5.リハビリすると痛くなった

【質問】
数ヵ月前に背骨の一部が圧迫骨折してると診断され、多少痺れがあったものの痛みがないので放置してました。

ところが痺れの範囲が広がって来たので整形外科を受診してリハビリを受け始めました。3、4回受けて逆に痛みが出て来たのですがリハビリが合ってないんでしょうか?


【返信】
痺れが出ているということは骨折した背骨が神経を圧迫しているのかもしれません。その潰れた骨がリハビリで負担がかかっているんでしょう。

整形外科のリハビリを受けているなら、一度担当の医師に相談するといいですよ。再検査が必要になるかもしれませんし。


関連:🔗腰椎圧迫骨折の禁忌!圧迫骨折のときに気をつけたい7つの動き

6.運動はしてもいいか?

【質問】
圧迫骨折の診断があるまでは週1でトレーニングジムに通ってましたが診断されてからは止めてます。

運動はしても大丈夫なんでしょうか?


【返信】
運動はリハビリが問題なくできるようになってからです。

運動の方がリハビリよりも体にかかる負荷が大きいので、リハビリで痛みが出るようなら運動なんかしたら絶対悪化しますよ。

リハビリをしても全く痛くなくなってから再開しましょう。


関連:🔗もし腰椎圧迫骨折になったら安静期間はこれぐらい必要!

7.圧迫骨折から一週間まだ安静にしてた方がいいのか?

【質問】
84歳の義父が圧迫骨折になってから一週間になります。トイレや食事以外は安静にしていた方が良いのでしょうか?


【返信】
圧迫骨折で一番大事な期間は受傷後2週間です。ここをどれだけ安静にできるかで予後が変わってきます。

この時期はコルセットを付けてベッドで絶対安静が必要です。なるべく動かなようにしてください。

ベッドの上でからだを動かしても痛くなくなれば少しずつリハビリを始めていくのがいいでしょう。寝たきりになるのも怖いですから。


関連:🔗圧迫骨折のリハビリはいつから!?リハビリ開始のタイミングについて解説

8.痛くて夜も眠れない

【質問】
コルセットを嵌めて安静にしているんですが、痛みが酷く夜も眠れません。

どうしたらいいでしょうか?


【返信】
もう少し痛みが続くかもしれませんが、必ず徐々に痛みが和らいできますので安心してください。

安静にしているときの痛みがどうしても辛いようなら、痛め止めを少し強くしてもらうよう担当の先生と相談してみてはいかがでしょうか。


関連:🔗腰痛に痛み止めって効くの?腰痛で痛み止めを飲むときのポイント!

9.認知症や寝たきりにならないか不安

【質問】
今日、母親が家の前の階段からこけて腰を打ちました。すぐに救急車で病院へ行き圧迫骨折と診断され即入院となりました。

母親70歳で親子で認知症にならないか、そのまま寝たきりならないかものすごく不安です。骨折で高齢で不安しかなくて。


【返信】
動けない期間が長くなるとご心配されているように認知症や寝たきりになる可能性もあります。

ただ70歳はまだ高齢ではないですよ。認知症や寝たきりは圧迫骨折の状態によりますが、キチンと治療して治っていけばそこまで不安に感じることはないと思います。


関連:🔗腰椎圧迫骨折の看護で気をつけたい7つのポイント!

10.腰が曲がっているのは圧迫骨折のせい?

【質問】
圧迫骨折の検査の際、腰の骨が若干曲がっていると言われました。

これは圧迫骨折のせいなんでしょうか?


【返信】
圧迫骨折で潰れた骨は時間の経過とともに固まっていきますが、潰れたまま固まりますから骨が曲がってしまうことがあります。

でもこれも圧迫骨折のせいで曲がったのか普段の姿勢のせいで背骨が曲がってしまっているのかなかなか判断が難しいです。

いずれにしても腰が曲がっているから痛みが出るようなことはないのでご安心ください。


関連:🔗円背・猫背も心配するな!円背でもバランスが整って腰痛が改善した患者さんの声!

リズム鍼灸院のご案内(受診には予約が必要です)

  • 住所:京都府向日市寺戸町瓜生13-6
  • TEL:075-921-1588
  • アクセス:JR向日町駅から徒歩5分、阪急東向日駅から徒歩10分
  • 駐車場:有(当院前)
  • 診療時間:[月・火・木・金]10:00~12:30、16:00~19:30 [水・土]10:00~12:30
  • 定休日:日・祝
  • カード:可(回数券のみ)
  • JR向日町駅からの詳しいアクセスはこちら ⇒ アクセス

ご予約フォーム

ご予約はお電話(075-921-1588)または、下記ご予約フォームにて承ります。
メール受信後こちらからメールまたはお電話にて折り返し連絡させていただきます。

なお、2営業日以内にこちらより返信が無い場合は、メールが届いていない恐れがありますので、お手数ですがお電話にて再度ご連絡お願い致します。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号任意

ご予約希望日時必須

ご質問がありましたらこちらへ任意

まずはお気軽にご相談ください TEL 075-921-1588 受付時間 10:00~12:30/16:00~20:00
[ 水・土午後、日・祝日除く ]

患者様の声はこちら
スクスク子育てキャンペーンはこちら

店舗情報

店舗名
Rism(リズム)鍼灸院
住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町瓜生13-6
アクセス
JR京都線「向日町駅」徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
075-921-1588
営業時間
10:00~12:30(最終受付12:00)
16:00~20:00(最終受付19:30)
13:00~16:00(往診)
休業日
水・土曜午後、日曜、祝日
京都府向日市寺戸町瓜生13-6
PAGETOP
Copyright © Rism鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.