向日市で述べ3万人を超える施術実績を持つ鍼灸院があなたの辛い症状を改善します!

ぎっくり腰

  • HOME »
  • ぎっくり腰

“こんなことでお悩みではありませんか?”

  • 急に腰が痛くなった
  • 顔を洗うことができない
  • 寝返りができない
  • 腰が痛くて足が上がらず靴下が履けない
  • 痛くて歩けない

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰は正式な疾患名ではなく急に痛くなった腰痛の総称として呼ばれ、魔女にブン殴られたぐらい痛いことから「魔女の一撃」なんて表現されることもあります。

ぎっくり腰の特徴としてレントゲンやMRIで検査をしても異常が見つからないため、病院での治療は痛め止めの薬や湿布を処方されて終了のケースがほとんどです。

そもそも検査で痛みの原因を特定できる腰痛は全体のわずか15%程度しかないと厚生労働省の「腰痛対策」のデータで公表されています。

関連:腰痛対策 – 厚生労働省(PDF)


ただしぎっくり腰と症状が似ているものに「圧迫骨折」がありますが、これはレントゲンやMRIを撮れば分かるのでその確認のために検査を受けてもいいと思います。

【関連記事】
圧迫骨折とぎっくり腰の違い?似てるようで全然違う2つの症状を徹底解説!


また腎臓や十二指腸といった「後腹膜臓器(こうふくまくぞうき)」の障害でぎっくり腰のような痛みが出ることもありますが、臓器の痛みは基本的には安静にしていても感じる「安静時痛」です

そのため動いたときだけ痛い腰痛は臓器と関係のない「ぎっくり腰」でほぼ確定です。

※内科系の病気をお持ちの方は慎重に判断してください。

ぎっくり腰の本当の原因

病院や整骨院で診察を受けると、ぎっくり腰の原因は「腰の関節の捻挫」「腰の筋肉の炎症」と説明されます。

これは足首の捻挫と同じ原因ですから、ぎっくり腰になると多くの病院や整骨院では足首を捻挫したときと同じように「患部を冷やす」「(コルセットで)固定する」といった方法で治療が行われます。


しかし「ぎっくり腰」と「足首の捻挫」では原因が全く違うためこの方法だと根本的には治りません。

ぎっくり腰の本当の原因

ぎっくり腰のホントの原因は、腰以外の筋肉の過度な緊張です

どういうことが意味が分からないと思いますので、例を挙げながら説明していきます。


ギックリ腰とは?ぎっくり腰のホントの原因と治し方を分かりやすく解説


▲これは座って背中を丸めているところですが、ぎっくり腰の痛みの代表的なものに「腰を前に曲げると痛い」がありますよね。


  • 顔を洗えない
  • パンツがはけない
  • 物が拾えない
  • 下に向けない

といった「腰を前に曲げる動き」で強い痛みを感じるぎっくり腰のタイプです。


背中を丸めると腰が痛い!背中を丸めると出る腰の痛みは首と背中を緩めろ!


▲この「腰を前に曲げたとき」って、腰だけが曲がっているんじゃなくて「首・背中・腰」赤矢印といった背部の筋肉すべてが曲がってはじめて丸めることができるんです

だから「首・背中・腰」のどこの筋肉が硬くなっても腰は前に曲げられなくなります。

そしてぎっくり腰のときは上の画像のように腰を曲げることなんてできませんよね。ほとんどの場合が、


背中を丸めると腰が痛い!背中を丸めると出る腰の痛みは首と背中を緩めろ!

▲コレぐらいか。


背中を丸めると腰が痛い!背中を丸めると出る腰の痛みは首と背中を緩めろ!

▲ヒドイとこのぐらいの角度で腰に痛みを感じます。


分かっていただけたでしょうか。

今説明した上の2つの動きは腰が全く曲がっていませんよね。それでもぎっくり腰になるとこのぐらいの動きで激しい痛みを感じます。


理由は、
腰以外の首と背中の筋肉が過度な緊張を起こしてそれが腰に影響しているためです。


これがぎっくり腰の本当のメカニズムです。


詳しくはこちらの記事に書いてあるので気になる方は読んでください。

【関連記事】
ぎっくり腰の治し方!ぎっくり腰のホントの原因と治し方を分かりやすく解説

当院のぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰の原因が「腰以外の首と背中の筋肉が過度な緊張」だと説明しましたが、それを決めるのは「姿勢」です。

先ほどは背中が丸まった猫背のような姿勢を例にしましたがこれ以外にも、


  • あぐらをかく
  • 足を組む
  • 片足に体重を乗せる
  • カバンを片側にかける
  • アゴを前に出す

といったように、上半身だけじゃなく下半身も含めて姿勢が悪いと周りの筋肉は緊張しその負担が腰にかかってぎっくり腰を引き起こします


そのため当院では、筋肉の緊張を引き起こしている「姿勢」を優しい施術で改善させてぎっくり腰の原因を根本から取り除いていきます。


硬くなった筋肉を緩めても「姿勢」が変わっていなければ、いずれぎっくり腰は再発するでしょう。何度もぎっくり腰を起こす人は原因が根本的に改善されていないからです。

痛みを伴う整体とは違い痛みの原因に直接アプローチする効果的な施術ですので初めての方にも安心して受けていただけます。

どこに行っても治らなかった腰痛や長い間悩まされてきた慢性的な腰痛でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。一番辛い症状を改善させるために一緒に治していきましょう!


ご予約・お問い合わせは075-921-1588までお気軽に

ぎっくり腰の施術を受けられた患者様の声

当院でぎっくり腰の施術を受けられた患者様の声を紹介いたします。

治療も痛みはほとんど無く、先生もやさしい!

春山 美紀様 / 40代

【当院の治療を受ける前に身体のどんなことで悩んでいましたか?】
洗顔をする時に前かがみになり、10秒程だと大丈夫だけど少し長くなると前かがみを続けていられませんでした。
【当院を知ってすぐに治療を受けてみようと思いましたか?】
とても腰が痛かったので、すぐに行ってみようと思いました。骨盤の歪みはあるだろうと思っていたので、一緒に治していただければ一石二鳥くらいの感じで!!
【治療の前後で痛みや症状など具体的にどんな変化を感じましたか?】
一度見てもらった次の日の朝の洗顔は少し楽になっていました。二度目くらいでその痛みは治っていました。熱が体の中にこもるので、それも治してほしいです。
【実際に来院されて良かった点を教えてください】
腰の痛みがなくなり、動きやすくなりました。治療も痛みはほとんど無く、先生もやさしいので、話しやすいです。

※当院の施術効果には個人差があります。

一日の間で楽に過ごせる時間が多くなりました!

K.N様 / 50代

【当院の治療を受ける前に身体のどんなことで悩んでいましたか?】
毎日毎日続く腰痛と鈍痛と、いつ起こるか判らないぎっくり腰の恐怖感!仕事柄、改善する事なく続く痛みに悩んでいました。
【当院を知ってすぐに治療を受けてみようと思いましたか?】
施術を重ねる度に痛みの出る時間が短くなり、続けて治療を受けようと思いました。
【治療の前後で痛みや症状など具体的にどんな変化を感じましたか?】
一日中続く腰痛と鈍痛が改善され、辛いと感じる時間が短くなりました。
【実際に来院されて良かった点を教えてください】
問診しながらの施術で、慢性的な腰痛がただ腰だけの痛みだと思っていたのが、肩の硬さや骨盤が定位置になかったりと説明しての施術で改善していった事が本当に良かったです。長年腰痛で辛かったのが、一日の間で楽に過ごせる時間が多くなりました。

※当院の施術効果には個人差があります。

リズム鍼灸院のご案内(受診には予約が必要です)

  • 住所:京都府向日市寺戸町瓜生13-6
  • TEL:075-921-1588
  • アクセス:JR向日町駅から徒歩5分、阪急東向日駅から徒歩10分
  • 駐車場:有(当院前)
  • 診療時間:[月・火・木・金]10:00~12:30、16:00~19:30 [水・土]10:00~12:30
  • 定休日:日・祝
  • カード:可(回数券のみ)
  • JR向日町駅からの詳しいアクセスはこちら ⇒ アクセス

ご予約フォーム

ご予約はお電話(075-921-1588)または、下記ご予約フォームにて承ります。
メール受信後こちらからメールまたはお電話にて折り返し連絡させていただきます。

なお、2営業日以内にこちらより返信が無い場合は、メールが届いていない恐れがありますので、お手数ですがお電話にて再度ご連絡お願い致します。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号任意

ご予約希望日時必須

ご質問がありましたらこちらへ任意

まずはお気軽にご相談ください TEL 075-921-1588 受付時間 10:00~12:30/16:00~20:00
[ 水・土午後、日・祝日除く ]

患者様の声はこちら
スクスク子育てキャンペーンはこちら

店舗情報

店舗名
Rism(リズム)鍼灸院
住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町瓜生13-6
アクセス
JR京都線「向日町駅」徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
075-921-1588
営業時間
10:00~12:30(最終受付12:00)
16:00~20:00(最終受付19:30)
13:00~16:00(往診)
休業日
水・土曜午後、日曜、祝日
京都府向日市寺戸町瓜生13-6
PAGETOP
Copyright © Rism鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.