向日市で述べ3万人を超える施術実績を持つ鍼灸院があなたの辛い症状を改善します!

膝の痛み予防

  • HOME »
  • 膝の痛み予防

“こんなことでお悩みではありませんか?”

  • 膝のストレッチ方法が分からない
  • 膝に水がたまったときはどうしたらいい?
  • 膝の痛みに効果的なテーピングって?
  • サポーターはどれがいい?
  • 膝を冷やすのが面倒くさい

膝の痛み予防について

膝の痛みを予防するには、


  • ストレッチ
  • テーピング
  • アイシング
  • サポーター

などの方法があり、さらにそれぞれ色んなやり方や商品があるためどれをやればいいのか迷いますよね。

そこであなたの膝の痛みが少しでもよくなるよう、ここでは「膝の痛み予防」について僕が特におすすめしているものを紹介します。

ただし今回紹介するものはあくまで予防や悪化防止には有効ですが、症状を根治させるためには不十分です。

痛みが強く症状を根本からキチンと治そうと思うなら、当院で行っている「姿勢の改善」が必要になります。


ちなみに僕が自分で膝を治した体験談はこちらです。

【関連記事】
膝にたまった水を自然に治癒させる方法を自分で試してみた!

膝の痛み予防/ストレッチ

僕が膝の痛みで来られる患者さんおすすめしている「膝痛ストレッチ」は以下の2つ。


  • 太股の「表」のストレッチ
  • 太股の「裏」のストレッチ

それぞれ簡単にやり方だけ説明します。


【太股の「表」のストレッチ】

  1. 壁の前に立つ
  2. 片手を壁につける
  3. 足の甲をつかむ
  4. つかんだ足を上に引く
  5. そのまま10秒キープ

【太股の「裏」のストレッチ】

  1. 真っすぐ立つ
  2. 膝を曲げて手を床につける
  3. 手を床につけたまま膝を伸ばす
  4. いけるところまで膝を伸ばす
  5. そのまま10秒キープ

詳しいやり方は写真付きでこちらの記事にあります。

【関連記事】
膝痛ストレッチ!膝の痛みに速攻で効くストレッチの方法を紹介

膝の痛み予防/テーピング

膝の痛みで行うテーピングの方法も色々ありますが自分で巻くには難しいものもあるので、ここでは一人でも簡単にできる方法を紹介します。

今回紹介するテーピングの巻き方には条件がありまして、


足裏のアーチが崩れている人


に限ります。

膝の痛みが起こる原因は色々ありますが、今回のテーピングは病院でどんな診断を受けていても関係ありません。膝が痛くて足の裏のアーチが崩れている人であれば効果が見込めます。

「足の裏のアーチが崩れている」というのは、足の裏が赤ちゃんのようにふっくらと盛り上がっている状態のことです。よく「土踏まずがない」という人がいますが、アレはまさに足裏のアーチが崩れたものです。


その足裏のアーチをテーピングでサポートすると、足のクッションが格段によくなり体重を支えることができ、膝の負担は軽くなります。


↑これがテーピングを巻いた様子です。簡単にできそうじゃないですか?


詳しい巻き方はこちらにしっかりと書いてあります。

【関連記事】
テーピングの巻き方!簡単にできる膝の痛みに効果的なテーピングの巻き方

膝の痛み予防/アイシング

膝が腫れたときにはアイシングが必要になりますが、ここではその方法を紹介します。


【アイシングに必要なもの】

アイシングに必要なものは「氷」と「水」です。「氷のう」を毎回用意してもいいですが、これがひとつあれば手で押さえておく必要がないので便利です。


↓これとセットで買っておけば外で運動した後もすぐに使えます。


【アイシングの時間】

アイシングをする時間は一回につきだいたい10~15分です。

最初は冷たく感じますが、それが徐々に痛みに変わって最後は無感覚になります。無感覚になればやめてください。


【アイシングの回数】

一日に行うアイシングの回数は3,4回です。

  • 仕事のあと
  • たくさん歩いたあと
  • お風呂のあと

特に↑のタイミングで行うと膝の熱が取れやすいのでやってください。


膝の熱や水についてもっと知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

【関連記事】
膝に水がたまる原因と治療!何度も膝の水を抜いてる人はまずこの3つやってみて

炎症反応の原因と症状とは?炎症について世界一分かりやすく解説!

膝の痛み予防/サポーター

膝のサポーターを選ぶうえで大事なポイントが2つあります。


  1. 固定力
  2. 通気性

膝のサポーターはできるだけからだにフィットしたもので固定力が強く、それでいて蒸れないように通気性のよいものほど効果が高くなります。


この2つのポイントを高い基準でクリアしているのがこのサポーターです。

【公式】
膝の痛みに「お医者さんのがっちり膝ベルト」


2本のV型ベルトが膝周りをしっかり支えてブレを安定させるので、着けた瞬間ピッタリと膝が安定します。つけ方は両サイドのベルトを引っ張るだけなので、女性や高齢者の方でも簡単に装着できます。


ご予約・お問い合わせは075-921-1588までお気軽に

リズム鍼灸院のご案内(受診には予約が必要です)

  • 住所:京都府向日市寺戸町瓜生13-6
  • TEL:075-921-1588
  • アクセス:JR向日町駅から徒歩5分、阪急東向日駅から徒歩10分
  • 駐車場:有(当院前)
  • 診療時間:[月・火・木・金]10:00~12:30、16:00~19:30 [水・土]10:00~12:30
  • 定休日:日・祝
  • カード:可(回数券のみ)
  • JR向日町駅からの詳しいアクセスはこちら ⇒ アクセス

ご予約フォーム

ご予約はお電話(075-921-1588)または、下記ご予約フォームにて承ります。
メール受信後こちらからメールまたはお電話にて折り返し連絡させていただきます。

なお、2営業日以内にこちらより返信が無い場合は、メールが届いていない恐れがありますので、お手数ですがお電話にて再度ご連絡お願い致します。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号任意

ご予約希望日時必須

ご質問がありましたらこちらへ任意

まずはお気軽にご相談ください TEL 075-921-1588 受付時間 10:00~12:30/16:00~20:00
[ 水・土午後、日・祝日除く ]

患者様の声はこちら
スクスク子育てキャンペーンはこちら

店舗情報

店舗名
Rism(リズム)鍼灸院
住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町瓜生13-6
アクセス
JR京都線「向日町駅」徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
075-921-1588
営業時間
10:00~12:30(最終受付12:00)
16:00~20:00(最終受付19:30)
13:00~16:00(往診)
休業日
水・土曜午後、日曜、祝日
京都府向日市寺戸町瓜生13-6
PAGETOP
Copyright © Rism鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.