向日市で述べ3万人を超える施術実績を持つ鍼灸院があなたの辛い症状を改善します!

膝に水がたまる

  • HOME »
  • 膝に水がたまる

“こんなことでお悩みではありませんか?”

  • 膝に水がたまって痛い
  • 水を抜いてもすぐにまた水がたまる
  • もう膝に注射を打ちたくない
  • 冷やすのか?温めるのか?
  • 何で水がたまるか分からない

膝に水がたまるとは

膝関節の解剖図


上の図は膝の解剖図ですが、左の図を見てください。

これは膝を正面から見たところで「大腿骨(だいたいこつ)」と書かれた骨は『太ももの骨』で、「脛骨(けいこつ)」と書かれた骨は『スネの骨』に当たります。

そして「大腿骨」と「脛骨」がくっついているところが『』になります。

でもよく見ると、この二つの骨の間には隙間が空いていますよね。もし骨同士がピッタリくっついていたら、膝は曲げるたびにゴリゴリ当たって大変なことになります。

そうならないよう「大腿骨」と「脛骨」の間には隙間が空いていて、その間を「滑液(かつえき)」と呼ばれる潤滑油で満たされています。

滑液のおかげで膝は滑りがよくなりスムーズに動かすことができます。ちなみに膝の滑液がなくなってくると油切れのロボットのようなギシギシとした動きになってしまいます。


あなたの言う「膝に水がたまる」とは、膝の中の滑液(潤滑油)が何らかの原因で増えすぎた状態のことなんです

滑液がたまりにたまることで膝がパンパンに腫れているんです。


【関連記事】
膝に水がたまる原因と治療!何度も膝の水を抜いてる人はまずこの3つやってみて

膝に水がたまる本当の原因

膝に水がたまる原因は膝の関節に炎症が起こるためです。捻挫すると足首パンパンに腫れますがアレと同じようなものだと思ってください。


炎症が分からないという方はこちらの記事に詳しく書いてあります。

【関連記事】
炎症反応の原因と症状とは?炎症について世界一分かりやすく解説!


炎症が起こると膝は熱を帯びて熱くなってきます。このままだとドンドン熱くなるため何とかして冷やさないといけません。

そこでからだの中にある水分を膝に集めて冷やすんです

つまり、


膝にたまった水は膝の炎症を抑えるために集まってきたものです


もともとからだの中の水分が集まったものですから、わざわざ水を抜かなくても炎症がなくなれば水はからだに返っていきます。


  • 炎症が起こる → 水がたまる
  • 炎症がなくなる → 水もなくなる


逆に炎症が治まっていないのに水を抜いても、またからだから水が集まってきます。まだ熱が残ってるんですから当たり前ですよね。

何度も膝の水を抜いているという人は膝の熱が残っているからです。

膝に水がたまる本当の原因

ではなぜ膝に炎症が起こるのでしょうか?

膝を打ったとか捻って痛みが出たなら分かります。でも膝に水がたまっている人の多くは、はっきりとした原因も分からないまま水がたまっています


膝に水がたまる本当の原因は「姿勢」のアンバランスによる膝への負担です。


あなたはこんなときにどちらか片方の足に体重が乗っていませんか?


  • 歩くとき
  • 下にある物を取るとき
  • 方向を変えるとき
  • しゃがむとき
  • 立ち上がるとき

人は誰でも動きにクセがあるため、体重が左右均等にかかることはありません。必ず片側の足に体重を乗せています。

そのクセのせいで何十年も片側に体重が乗った結果、膝に大きな負担がかかり炎症が起こっているんです


僕自身それを体験しました。

【関連記事】
膝にたまった水を自然に治癒させる方法を自分で試してみた!


「姿勢」がアンバランスな人ほど膝にかかる負担が大きいため、これが変わらなければ本当によくなることはありません。

マッサージや注射で一時的によくなってもすぐに再発するのはそのためです。

この「姿勢」の問題が膝に水がたまるの本当の原因です。

当院の膝に水がたまるときの治し方

まずは膝に水がたまる原因を見つけるために詳しくお話を伺っていきます。

病院で「軟骨がすり減ってる」「変形している」と言われていても全く問題ないのでご安心ください。それは膝に水がたまる本当の原因ではありませんから

原因となる姿勢の問題を見つけたらその姿勢を優しい施術で改善させて膝に水がたまる原因を根本から取り除いていきます。

マッサージなどでいくら硬くなった筋肉を緩めても「姿勢」が変わっていなければすぐに膝に水はたまります。あなたが膝に水がたまって苦しんでいるなら、それは原因が根本的に改善されていないからです。

痛みを伴う整体とは違い痛みの原因に直接アプローチする効果的な施術ですので初めての方にも安心して受けていただけます。

どこに行っても治らなかった方や長い間膝に水がたまって悩まされてきた方はぜひ一度ご相談ください。一番辛い症状を改善させるために一緒に治していきましょう!


ご予約・お問い合わせは075-921-1588までお気軽に

膝に水がたまるについてQ&A

当院の LINE@ にご質問いただいた膝に水がたまるについてのご質問です。

1.炎症は塗り薬でOK?

【質問】
水が溜まる理由がわかったことで何となく安心感を感じました。炎症が起きることが原因なんですね。ということは痛みがあるとか違和感があるとき、塗り薬を塗布していればいいということですね。

整形外科でスメルという塗り薬をもらっています。これで水が溜まるのを抑えることができるんですね。


【返信】
膝に水が溜まっているとのことですが、塗り薬や湿布で治すには時間がかかります。

炎症をなくすには氷嚢で冷やしてください。水の溜まり具合にもよりますが、一日2,3回はやった方がいいです。


関連:🔗湿布は肩こりに効果ない!?湿布の効果・持続時間・貼っていいケースなどまとめて解説!

2.冷やす時間はどれくらい?

【質問】
氷嚢で冷やす時間は1回あたり、どのくらいでしょうか?


【返信】
だいたい10〜15分くらいです。保冷剤は凍傷の可能性があるのでやめてください。

アイスノンのような簡易的なものでもいいですが、↓のような道具を使うとより効率よく冷やせます。1つあると便利です。

3.いつまで冷やせばいい?

【質問】
膝の違和感があるうちは冷やしていいのでしょうか? 反対側の膝と比べて少し腫れている感じもします。冷やすことで違和感が取れてきていますが、冷やすのはいつまででしょうか?


【返信】
腫れがなくなるまででもいいんですが、氷嚢を当てたときに冷たくてイヤな感覚があれば終了でもいいです。

イヤな感覚があればそれは膝に熱がなくなった証拠なので。あと運動後には熱が溜まりやすいので気をつけておいてください。


関連:🔗炎症反応の原因と症状とは?炎症について世界一分かりやすく解説!

4.冷やすとイヤな感覚どうすればいい?

【質問】
右膝の違和感がすっかりとは取れていないんですが、冷やすと少し冷たいし嫌な感覚になります。何かいい方法はないでしょうか?違和感と言っても少し腫れぼったい感じです。


【返信】
もうそれは膝に熱がないのかもしれませんね。水が溜まってなくても腫れぼったくなることはあるので。

実際に診ていないのでハッキリとは分かりませんが、もう急性期が終わっている可能性もあるので冷やすのはやめてお風呂にゆっくり入って温めてみてください。血流をよくすることで違和感がとれるかもしれません。

お風呂以外で温めるならこういった商品が便利です↓

5.水を抜いているが一度検査してもらいたい

【質問】
膝の水抜きに毎回痛みを感じ止めたいと思っていました。今回ブログを発見してすごく嬉しかったです。

昨年の5月位に水が溜まっているのを発見、病院に行ったのは今年の3月。水は4回抜きました。整形の先生は抜き続ければいつか小さくなる!とのことです。

一度検査をして欲しいのですが、そんな先生に検査を依頼できるんでしょうか?


【返信】
ご相談の内容ですが、検査を依頼するも何も水を抜くのは膝の状態を調べるための検査です。なので今の時点で膝の状態について説明がないようであればヤバイですね。

原因を調べるというより、水を抜くのが目的になっていますから治るわけありません。

別の病院で原因を調べてもらうか(水を抜きたくない旨を伝える)、ブログに書いてある内容を実践してもらって様子を見てください。


関連:🔗膝に水がたまる原因と治療!何度も膝の水を抜いてる人はまずこの3つやってみて

6.検査はどこでしたらいい?

【質問】
膝に水がたまっているんですが、検査はどこでしたらいいんでしょうか?整形?外科?


【返信】
検査は整形外科でも外科でもいいんですが、詳しく調べようと思ったらMRI検査が必要になります。

そうなると個人病院には設備がないので紹介状を書いてもらって総合病院へ行かないといけませんね。


関連:🔗注意!紹介状なしで病院へいくと4月から5000円以上損します

7.サポーターはどれがいい?

【質問】
サポーターを付けるよう病院で進められたのですが、どんなものがいいでしょうか?


【返信】
膝の痛む場所や痛み方によってサポーターは変わるので難しいですが、患者さんにはこちらをオススメしています↓一度ご確認ください。

公式サイト▼

8.アイシングのタイミングは?

【質問】
アイシングはいつ行うのがいいんですか?


【返信】
アイシングは膝に熱がこもったときに行うものなので、仕事をされているようなら


  1. 仕事の途中
  2. 仕事終わり
  3. 風呂の後

などで冷やしておいてください。あと、休みの日でも長時間歩いたり立ったりした後は冷やした方がいいですね。


関連:🔗膝に水がたまる原因と治療!何度も膝の水を抜いてる人はまずこの3つやってみて

9.コールドスプレーでもいい?

【質問】
膝を冷やすのにコールドスプレーは有効ですか?


【返信】
定期的にガッツリと冷やすなら氷のうがいいですね。

コールドスプレーはスポーツの現場などで時間がないとき一時的に冷やす場合に使います。野球でボールがからだに当たったときに使ってますよね。でもピッチャーが投げ終わったあとは肩を氷のうで巻きます。


関連:🔗おすすめ】膝の痛みを治すためのアイテムを厳選して5つ紹介!

10.膝が腫れているが骨に異常があるか?

【質問】
自転車で転倒して膝を打ちました。その日のうちに整形外科に行ってレントゲンを撮った結果、骨は折れておらずキズパワーパッドのようなものを貼ってもらい治療は終わりました。

約1週間たち大分痛みが引いたのでバスケをするとまた足に痛みが戻ってきました。歩くのにはなんとか支障はないですが椅子の立ち座りが少ししんどいです。

腫れていますがパンパンに張ってるのではなく押してみるとぶよぶよで少し膝に痺れもあります。これは骨に異常があるんですかね?


【返信】
もし骨折していれば立てないくらい痛いです。そして膝はものすごく腫れます。

症状から考えて骨折ではなく打ち身で痛めた膝にバスケでさらに負担がかかって痛みが増しているんだと思います。とりあえずアイシングをガンガンしておいてください。


関連:🔗膝に水がたまる病気まとめ!原因と症状をざっくり説明します

リズム鍼灸院のご案内(受診には予約が必要です)

  • 住所:京都府向日市寺戸町瓜生13-6
  • TEL:075-921-1588
  • アクセス:JR向日町駅から徒歩5分、阪急東向日駅から徒歩10分
  • 駐車場:有(当院前)
  • 診療時間:[月・火・木・金]10:00~12:30、16:00~19:30 [水・土]10:00~12:30
  • 定休日:日・祝
  • カード:可(回数券のみ)
  • JR向日町駅からの詳しいアクセスはこちら ⇒ アクセス

ご予約フォーム

ご予約はお電話(075-921-1588)または、下記ご予約フォームにて承ります。
メール受信後こちらからメールまたはお電話にて折り返し連絡させていただきます。

なお、2営業日以内にこちらより返信が無い場合は、メールが届いていない恐れがありますので、お手数ですがお電話にて再度ご連絡お願い致します。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号任意

ご予約希望日時必須

ご質問がありましたらこちらへ任意

まずはお気軽にご相談ください TEL 075-921-1588 受付時間 10:00~12:30/16:00~20:00
[ 水・土午後、日・祝日除く ]

患者様の声はこちら
スクスク子育てキャンペーンはこちら

店舗情報

店舗名
Rism(リズム)鍼灸院
住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町瓜生13-6
アクセス
JR京都線「向日町駅」徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
075-921-1588
営業時間
10:00~12:30(最終受付12:00)
16:00~20:00(最終受付19:30)
13:00~16:00(往診)
休業日
水・土曜午後、日曜、祝日
京都府向日市寺戸町瓜生13-6
PAGETOP
Copyright © Rism鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.