向日市で述べ3万人を超える施術実績を持つ鍼灸院があなたの辛い症状を改善します!

脊柱管狭窄症

  • HOME »
  • 脊柱管狭窄症

“こんなことでお悩みではありませんか?”

  • 歩くと腰が痛くなる
  • 歩くとお尻や太ももの裏が痺れる
  • 体を後ろに反らすと腰が痛くなる
  • 短い距離しか歩くことができない
  • 尿漏れや尿の排出が困難

脊柱管狭窄症とは

背骨の中心は空洞になっていてここには脳から繋がる神経の束が通っていますが、この空洞が狭くなり神経を圧迫して起こる疾患を「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」といいます

典型的なものに、


  • 間欠跛行(かんけつはこう)※
  • お尻や太ももの裏の痺れ
  • 排尿障害

のような症状があり、ヘルニアなどと比べて加齢による骨や靭帯の変性が大きな原因とされています。そのため50代以降に多く発症します。


※間欠跛行(かんけつはこう)
長時間歩くと症状がキツくなるが、しばらく休むとまた歩けるようになること

脊柱管狭窄症の本当の原因

腰が痛くて病院へ行くとレントゲンやMRIで検査を行い、そこで背骨の空洞が狭くなっていることが分かれば「脊柱管狭窄症」と診断されます。


「年のせいで骨が変形したから仕方ない」

「治すには手術で骨を削るしかない」


このように病院では言われることが多いですが、本当にそうでしょうか?

年のせいであれば高齢者になれば全員がこの病気になるはずですが、ほとんど人は脊柱管狭窄症になることはありません。


背骨の空洞が狭くなったのは結果であって本当の原因ではありません。


背骨の空洞を狭くさせた原因が脊柱管狭窄症の本当の原因になりますが、それには「姿勢」が関係しています。

脊柱管狭窄症の本当の原因

脊柱管狭窄症を起こしている人の多くは「姿勢」に問題があります。


姿勢と負荷の関係


上の図を見てください。これは姿勢が腰へ与える負担を数値化したものです。


  • 仰向け寝 = 25
  • 横向け寝 = 75
  • 立位 = 100
  • 立って前屈 = 150
  • 座る = 140
  • 座って前屈 = 185

「立位」が腰へ与える負担が「100」に対して「立って前屈」は「150」と1.5倍の負担がかかっています。さらに「座る = 140」に対して「座って前屈 = 185」とこちらも1.3倍です。

何が言いたいかというと、


正しい姿勢が崩れると腰にかかる負担が増えています!


立っていても座っていても腰には負担がかかっていますが、姿勢が崩れていることで腰の負担は加速度的に増すんです

そのため姿勢が悪い人ほど腰にかかる負担が大きくなって痛みが出やすくなります。

脊柱管狭窄症はすべり症や椎間板ヘルニアなどの病気に続いて発症することが多い疾患のため、病院でも腰に負担をかけないよう指導があります。


これは姿勢が脊柱管狭窄症の大きな原因のひとつになっていることを意味します。

当院の脊柱管狭窄症の治し方

まずは脊柱管狭窄症を引き起こしている姿勢の問題を見つけるために詳しくお話を伺っていきます。

病院で「年のせいだから」「手術しかない」と言われていても全く問題ないのでご安心ください。それは痛みの本当の原因が見つけられていないだけですから


原因となる姿勢の問題を見つけたらその姿勢を優しい施術で改善させて脊柱管狭窄症の原因を根本から取り除いていきます。


手術で背骨の空洞を拡げても一時的によくなるかもしれませんが、「姿勢」が変わっていなければいずれ脊柱管狭窄症の症状は再発します。それは原因が根本的に改善されていないからです。

痛みを伴う整体とは違い痛みの原因に直接アプローチする効果的な施術ですので初めての方にも安心して受けていただけます。

どこに行っても治らなかった腰痛や長い間悩まされてきた脊柱管狭窄症でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。一番辛い症状を改善させるために一緒に治していきましょう!


ご予約・お問い合わせは075-921-1588までお気軽に

脊柱管狭窄症の施術を受けられた患者様の声

当院で脊柱管狭窄症の施術を受けられた患者様の声を紹介いたします。

痛みも楽になり、湿布薬を使わなくなりました!

橋本 恵子様 / 70代

【ご来院のきっかけ・症状】
私は脊柱管狭窄症と左足首の捻挫で痛みがひどく苦しんでいました。痛い時は湿布をべたべた張っていました。
【当院を知ってすぐに治療を受けてみようと思いましたか?迷われた方はどんなことに迷いを感じましたか?】
少しでも痛みが楽になればと思いチラシを見て電話しました。痛い所に針をしてもらったら、痛みがやわらぎましたので、しばらく治療を続けてみようと思います。
【当院の施術を受けられて、どのような改善がみられましたか?】
左足の痛みは毎日ありますが、痛みの強さが軽くなり歩くのが楽になりました。
【実際に来院されて良かった点を教えてください】
先生はしっかり話を聞いてくださり、痛みも楽になり、湿布薬を使わなくなりました。

※当院の施術効果には個人差があります。

リズム鍼灸院のご案内(受診には予約が必要です)

  • 住所:京都府向日市寺戸町瓜生13-6
  • TEL:075-921-1588
  • アクセス:JR向日町駅から徒歩5分、阪急東向日駅から徒歩10分
  • 駐車場:有(当院前)
  • 診療時間:[月・火・木・金]10:00~12:30、16:00~19:30 [水・土]10:00~12:30
  • 定休日:日・祝
  • カード:可(回数券のみ)
  • JR向日町駅からの詳しいアクセスはこちら ⇒ アクセス

ご予約フォーム

ご予約はお電話(075-921-1588)または、下記ご予約フォームにて承ります。
メール受信後こちらからメールまたはお電話にて折り返し連絡させていただきます。

なお、2営業日以内にこちらより返信が無い場合は、メールが届いていない恐れがありますので、お手数ですがお電話にて再度ご連絡お願い致します。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号任意

ご予約希望日時必須

ご質問がありましたらこちらへ任意

まずはお気軽にご相談ください TEL 075-921-1588 受付時間 10:00~12:30/16:00~20:00
[ 水・土午後、日・祝日除く ]

患者様の声はこちら
スクスク子育てキャンペーンはこちら

店舗情報

店舗名
Rism(リズム)鍼灸院
住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町瓜生13-6
アクセス
JR京都線「向日町駅」徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
075-921-1588
営業時間
10:00~12:30(最終受付12:00)
16:00~20:00(最終受付19:30)
13:00~16:00(往診)
休業日
水・土曜午後、日曜、祝日
京都府向日市寺戸町瓜生13-6
PAGETOP
Copyright © Rism鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.