向日市で述べ3万人を超える施術実績を持つ鍼灸院があなたの辛い症状を改善します!

テニス肘

  • HOME »
  • テニス肘

“こんなことでお悩みではありませんか?”

  • 肘の外側が痛い
  • 手首を返すと痛い
  • 物を持つと痛い
  • 肘の曲げ伸ばしで痛い
  • 安静にしていれば痛くない

テニス肘とは

テニスをすることで出てくる「肘」の痛みの総称ですが、テニス以外のスポーツや日常生活で発症することもよくあります。

症状としては、


  • 内側より外側が痛い
  • 荷物が持てない
  • ドアノブが回せない
  • 雑巾が絞れない

といったようなものが挙げられます。

なぜ肘の外側なのか?


なぜ肘の外側の痛みを「テニス肘」というのか少し説明しておきます。

テニスをやったことや見たことがある人は分かると思うんですが、テニスのラケットの振り方には「フォアハンド」と「バックハンド」の2種類があります。


↑これが「フォアハンド」


↑これが「バックハンド」


この2つは腕の振り方が全く逆になるため、肘に負担がかかる場所が違うんです。


  • フォアハンド:肘の内側へ負担
  • バックハンド:肘の外側へ負担

テニスで肘を痛めるケースは「フォアハンド」よりも「バックハンド」の方が圧倒的に多いため、「テニス肘」というと肘の外側の痛みのことを指します。

ちなみに肘の内側は野球のピッチャーがよく痛めるため「野球肘」と言います。

テニス肘の原因

テニス肘の原因の解説


上の図は腕の筋肉を表したもので、赤丸で「外側上顆」と書いてある場所を見てください。ここが肘の外側に当たりますが、「テニス肘」の原因は外側上顆の炎症で起こります。

炎症というのは腫れたり熱っぽくなることで、捻挫をイメージしてもらえばよく分かると思いますが痛いです。


炎症についてはこちらの記事を参考に。

【関連記事】
炎症反応の原因と症状について!炎症について世界一分かりやすく解説!


「テニス肘」は外側上顆に炎症が起こることで肘の外側に痛みを感じているんです。


でも「テニス肘」になっている人のほとんどがぶつけたり、捻ったり、ましてやテニスなんてしていないのに痛みを感じているんじゃないでしょうか?

その理由は、手首の使い方に問題があるからです。

手首を使い過ぎると肘に負担がかかる

テニス肘の原因の解説


先ほどの図をもう一度見ると、肘の外側にはたくさんの筋肉がくっついているのが分かります


【肘につく筋肉】

  • 長橈側手根伸筋
  • 短橈側手根伸筋
  • 指伸筋
  • 小指伸筋
  • 尺側手根伸筋

↑の筋肉をまとめて伸筋群と呼び、「手を開いたり」「手首をクイッと反らす」動きをするときによく使います。


手首をクイッと反らすがポイントです。


私たちの普段の生活は手首をクイッと反らすような動きであふれています。

例えば、


  • 字を書く
  • PCを叩く
  • 洗い物をする
  • 草を抜く
  • 鍋を振る
  • 洗濯物を干す

これらは必ず手首をクイッと反らしながら動かしています。試しに手首を動かさないで字を書いてみてください。すごく書きにくいですから。

私たちは日頃から手首を反らせて肘の外側にある伸筋群をムチャクチャ使っているため、伸筋群のスタート地点である「肘の外側」に負担をかけています。

つまり、


手首の使い過ぎ ⇒ 伸筋群に疲労がたまる ⇒ 肘の外側に負担がかかる ⇒ 肘の外側に炎症が起こる ⇒ テニス肘!


こうなるわけです。

だから仕事や家事が忙しい人も「テニス肘」になるんです。

当院のテニス肘の治し方

一般的なテニス肘の治し方には以下のようなものがあります。


  • 保存療法(腕をなるべく使わない)
  • アイシング
  • ストレッチ
  • 痛み止めの注射

実際にテニスをして痛めたのなら↑の治療で治るかもしれません。しかし、日常生活の負担が原因で出てきた痛みはこの方法では治りません。

それは、肘に負担のかかる動きを改善させていないからです。

忙しくて肘に負担をかけている人が全員テニス肘になることはありません。プロのテニスプレーヤーの中でもごくわずかです。

それでもあなたがテニス肘になっているのは、あなたの普段の動きが肘に負担をかけているからです。

その違いは「姿勢」や「骨格」から生まれます。

姿勢が悪く骨格が歪んでいると日常生活を送るだけでからだにはどんどん負担が増えていきます。その負担の蓄積が「テニス肘」になって出ているんです。

そのため当院のテニス肘の治し方は、肘の外側に炎症を起こしている筋肉の負担をとり姿勢や骨格の歪みを正していきます。

筋肉の負担をとるだけならそんなに難しくはありません。大事なのは、姿勢や骨格の歪みを正して肘に負担の溜まりにくいからだを作ることです。


当院はあなたの痛みをとるだけでなく、
痛みの出ないからだ作りに本気で取り組んでいます。


テニス肘と言われどこに行っても治らなくて悩まされてきた方はぜひ一度ご相談ください。続けて施術すれば必ず良くなる症状なので一緒に治していきましょう!


ご予約・お問い合わせは075-921-1588までお気軽に

リズム鍼灸院のご案内(受診には予約が必要です)

  • 住所:京都府向日市寺戸町瓜生13-6
  • TEL:075-921-1588
  • アクセス:JR向日町駅から徒歩5分、阪急東向日駅から徒歩10分
  • 駐車場:有(当院前)
  • 診療時間:[月・火・木・金]10:00~12:30、16:00~19:30 [水・土]10:00~12:30
  • 定休日:日・祝
  • カード:可(回数券のみ)
  • JR向日町駅からの詳しいアクセスはこちら ⇒ アクセス

ご予約フォーム

ご予約はお電話(075-921-1588)または、下記ご予約フォームにて承ります。
メール受信後こちらからメールまたはお電話にて折り返し連絡させていただきます。

なお、2営業日以内にこちらより返信が無い場合は、メールが届いていない恐れがありますので、お手数ですがお電話にて再度ご連絡お願い致します。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号任意

ご予約希望日時必須

ご質問がありましたらこちらへ任意

まずはお気軽にご相談ください TEL 075-921-1588 受付時間 10:00~12:30/16:00~20:00
[ 水・土午後、日・祝日除く ]

患者様の声はこちら
スクスク子育てキャンペーンはこちら

店舗情報

店舗名
Rism(リズム)鍼灸院
住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町瓜生13-6
アクセス
JR京都線「向日町駅」徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
075-921-1588
営業時間
10:00~12:30(最終受付12:00)
16:00~20:00(最終受付19:30)
13:00~16:00(往診)
休業日
水・土曜午後、日曜、祝日
京都府向日市寺戸町瓜生13-6
PAGETOP
Copyright © Rism鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.