向日市で述べ3万人を超える施術実績を持つ鍼灸院があなたの辛い症状を改善します!

腰痛のアイテム

  • HOME »
  • 腰痛のアイテム

“こんなことでお悩みではありませんか?”

  • コルセットの種類が多すぎて選べない
  • 骨盤ベルトってなに?
  • 杖ってどんなものを選べばいい?
  • 寝ていても腰が痛いのがツライ
  • 腰痛のおすすめアイテムを教えてほしい

腰痛のおすすめアイテム

腰が痛いときは痛みを軽減させるために「コルセット」や「杖」といったものをその人の症状に合わせて利用することがあります。

しかし患者さんからは「どんなものを選んでいいか分からない」といった悩みをよくお聞きします。確かに数あるアイテムの中から自分に合ったものを選ぶなんて簡単じゃありませんよね。

当院では日頃から患者さんの症状に合わせた様々なアイテムを紹介していますが、ここではその中でも特に効果の高かったものだけを紹介していきます。

ただし今回紹介するアイテムはあくまで腰痛の予防や悪化防止には有効ですが、症状を軽減させるためにはこれだけでは不十分です。

症状を根本からキチンと治そうと思うなら、紹介されたアイテムを使うだけではなく当院で行っている「姿勢の改善」が必ず必要になります。

腰痛のおすすめアイテム/コルセット

コルセットを選ぶうえで大事なポイントが2つあります。


  1. 固定力
  2. 通気性

よくある勘違いで、「コルセットが後ろで腰を支えているから楽になる」と思われていますがこれは違います。

コルセットはお腹を締めるために使うアイテムです。

そのためコルセットはできるだけからだにフィットしたもので固定力が強く、それでいて蒸れないように通気性のよいものほど効果が高くなります。

コルセットの本当の使い方はこちらに詳しく書いてあります。

【関連記事】
腰痛コルセットの付け方・巻き方!効果の上がる方法を紹介します


この2つのポイントを高い基準でクリアしているのがこのコルセットです。


旭化成の開発した「テクノファイン」を使用しており、伸縮性・耐久性・快適な装着感を追求したメッシュタイプのコルセットです。

3本のベルトでしっかりと腰回りをサポートしているため、固定力・通気性ともにとてもレベルが高く効果が期待できます。


【公式】
3重の強力ベルトでがっちり支えるお医者さんのコルセット

腰痛のおすすめアイテム/骨盤ベルト

「コルセット」と「骨盤ベルト」の違いがよく分からない方も多いと思うので少し説明しておきます。


【コルセット】
先ほど説明しましたがコルセットの役割は、お腹を締めて腰周りの筋肉を支えるためのものです。ですから付ける場所は「腰」になります。


【骨盤ベルト】
一方骨盤ベルト役割は、骨盤の歪みが原因で出ている腰やお尻周りの痛みを楽にするためのものです。そのため付ける場所は「骨盤」です。


【付ける場所】

  • 腰痛ベルト:お腹周り
  • 骨盤ベルト:骨盤回り



↑これが「骨盤ベルト」です。

同じ腰の痛みでも「コルセット」と「骨盤ベルト」のどちらでよくなるのかは詳しい検査・診断が必要になります。

ですのでお悩みの方は一度ご相談ください。


もう少ししっかりと骨盤を固定したいな方はこちらの骨盤ベルトがおすすめです。ベルトで2本でしっかりと固定し、素材も薄いため付け心地も違和感がありません。

【関連記事】
骨盤の歪みに効果的!おすすめの腰痛コルセット(骨盤用)を紹介

腰痛のおすすめアイテム/杖

杖は腰が痛くて歩くのがこんな場合で多く使われます。

腰の痛み方によって使用する杖も様々なので、タイプ別に紹介していきます。


【どちらか片方の足を出すと腰が痛い】


歩くときにどちらか片方の足を出したときに痛みを感じる腰痛のタイプなら、この杖を使いましょう。別に折りたたみでなくてもいいですが持ち運びに便利ですよ。


【少し歩くだけでも腰が痛い】


どちらの足を出すとか関係なく、少し歩くだけでも痛みを感じる腰痛のタイプなら、この杖を使いましょう。トレッキングステッキまたはトレッキングポールと呼ばれています。


【腰痛で足腰も弱っている】


腰痛で足腰も弱っていると自分でからだを支えることができません。そんなときは「4点支持杖」が便利です。


【ぎっくり腰のとき】


キツイ腰痛(ぎっくり腰)で動けないほどの痛みのときはこの杖を使いましょう。手だけじゃなく肘から先を支えることができるため、安定性は抜群です。


【立ち上がるのが不安な人】


これは杖ではありませんが、ベッドの横や玄関に置いて立ち上がるときや段差を上ったり下りたりするときの支えとして使います


それぞれの杖について詳しい使い方はこちらの記事で紹介しています。

【関連記事】
腰痛による杖の選び方!使い方とおすすめの杖を紹介

腰痛のおすすめアイテム/クッション

腰が痛いという人の中には、寝ている間朝起きたときに痛いという方がいます。

こういうケースは寝ている間に腰に負担がかかって痛みが出ているため、寝ている体勢を楽にするためにクッションを使います。


【胸当て】


【ビーズクッション】


この2つを使って寝ているときの体勢を変えていきます。

詳しい使い方はこちらにあります。

【関連記事】
骨盤の専門家が教える!寝起きに腰が痛い人に一番役に立つアイテムとその使い方

ご予約・お問い合わせは075-921-1588までお気軽に

リズム鍼灸院のご案内(受診には予約が必要です)

  • 住所:京都府向日市寺戸町瓜生13-6
  • TEL:075-921-1588
  • アクセス:JR向日町駅から徒歩5分、阪急東向日駅から徒歩10分
  • 駐車場:有(当院前)
  • 診療時間:[月・火・木・金]10:00~12:30、16:00~19:30 [水・土]10:00~12:30
  • 定休日:日・祝
  • カード:可(回数券のみ)
  • JR向日町駅からの詳しいアクセスはこちら ⇒ アクセス

ご予約フォーム

ご予約はお電話(075-921-1588)または、下記ご予約フォームにて承ります。
メール受信後こちらからメールまたはお電話にて折り返し連絡させていただきます。

なお、2営業日以内にこちらより返信が無い場合は、メールが届いていない恐れがありますので、お手数ですがお電話にて再度ご連絡お願い致します。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号任意

ご予約希望日時必須

ご質問がありましたらこちらへ任意

まずはお気軽にご相談ください TEL 075-921-1588 受付時間 10:00~12:30/16:00~20:00
[ 水・土午後、日・祝日除く ]

患者様の声はこちら
スクスク子育てキャンペーンはこちら

店舗情報

店舗名
Rism(リズム)鍼灸院
住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町瓜生13-6
アクセス
JR京都線「向日町駅」徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
075-921-1588
営業時間
10:00~12:30(最終受付12:00)
16:00~20:00(最終受付19:30)
13:00~16:00(往診)
休業日
水・土曜午後、日曜、祝日
京都府向日市寺戸町瓜生13-6
PAGETOP
Copyright © Rism鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.