5年日記

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


昨年の年末、2011年から書き続けていた「5年日記」をついに書き終えました。長かった・・・。書き始めたころは生まれていなかった次男が、もうすぐ5才になります。保育園に通っていた長男は5年生になります。日記を読み返していると色んな思い出がよみがえってきます。

今回はそんな思い出いっぱいの「5年日記」を書き続けて感じたメリット・デメリットを紹介していきます。


スポンサーリンク

こんな5年日記帳を使ってました

▼ディズニーデザインの日記帳です。なぜかこのころはディズニーが好きで、色々さがしてこれに決めた記憶があります。ミッキーのドットがかわいいでしょ。5年も使うとかなり色あせてますね。
5年日記



▼開くと最初の方は、ひと月ごとに5年分の見出しが付けれるようになっています。ここにタイトルなんかを書いておけば後々振り返りやすいんでしょうね。僕はほとんどやりませんでしたが。
5年日記



▼こんな感じでタイトルを付けてると思い出が取り出しやすくて便利です。これは長男の歯が抜けたときの記録です。(4本目)
5年日記



▼1ページに同じ日付の日記が5年分書けるようになっています。自分や子どもの成長が分かるので結構楽しめます。
5年日記



▼後ろには自分の履歴を書くページもあるけど、こんなの書く人いるんでしょうか?落としたときに帰ってくるかもしれないけど、個人情報ダダ漏れで恥ずかしすぎるだろ。
5年日記



▼あとメモページもいらん。
5年日記


5年日記を書いて感じたメリット

5年日記を書いてみて僕が感じたメリットを紹介します。

字がキレイになる

社会人になると字を書く機会が減って、ドンドン字が汚く、書けなくなってきてました。それが日記を書くようになってからは、量は多くないけど毎日書くからだんだんとキレイになる。

ちゃんとした内容を書こうと思えば思うほど、字もキレイに書くように意識します。毎日の積み重ねですね。

子どもの育児・成長記録になる

日記には子どもの成長が分かるような内容をなるべく書くようにしていました。特に次男はお腹にいるときからですから、育児・成長記録としても書いててよかったと思います。

育児日記ってあとから読むと絶対おもしろいと思うけど、子どもが小さいうちはそれどころじゃないほど忙しいからみんなできないんですよね。でも、「絶対毎日書く」と決めてれば時間は作れるから、ぜひやってみてほしい。

備忘録になる

日記には色々と細かいことも書きます。出産祝いになにを送ったとか、お年玉がいくらだったとか、歯が抜けたとか。たまに「あれなんだっけ?」といったときに日記を確認することで思い出すこともあります。

続ける習慣がつく

とにかく意地でも続ける習慣がつきます。どんなに書きたくなくても3日ぐらい溜めると、「そろそろ書かないとヤバイ・・・。」という気持ちになります。イヤでもなんでもやる!といった習慣が身につきます。



やっぱり記録して残すことが一番のメリットですね。日記を書くことで絶対に忘れてしまうであろう出来事も、あとで振り返ることができるからしっかりと記憶として定着します。結果、思い出が増えるんですよね。

5年日記を書いて感じたデメリット

続いて、5年日記を書いて感じたデメリットの紹介です。

キーワード検索ができない

例えば、「次男が初めて歩いた日はいつだろう」と思っても1ページずつ探していくしかないんですよ。この辺は紙媒体では仕方ないですな。タイトルを付けていれば少しは探しやすいかもだが、やはりキーワード検索できないのは痛い。

誰かに見られる可能性

誰かにというより、ほとんど奥さんなんですけどね。たまに奥さんが勝手に見てたりするから日記の内容も自由にとはいかない。でも「見るな!」とも言えない。これ、奥さんに「ケータイ見せて、やましいことがないなら見せれるでしょ」と同じ状態ですね。見られるのは覚悟するしかありません。

書きたいときに書けない

普段は家に置いてあるから書きたいときに書けない。子どもが出先でなにかおもしろいこと言っても、あとになると思い出せないってことが結構よくある。

書くのに時間がかかる

日記を溜めると書くのにも時間がかかる。まず、2、3日前になにがあったか思い出すことから始めるのがすごい手間。これも書きたいときにちょっとメモ程度でもできれば解決できるのにな。いや、スマホにでもメモしとけばいいんだけどね。

書き直しができない

ボールペンで書くから書き直しができない。修正するといった労力はかけたくない。だから、文章にまとまりがなくても表現がおかしくなっても基本は書き直さない。



結局5年日記だからというより、紙媒体の日記だから感じたデメリットですね。この辺がクリアになればもっと楽に書けると思う。

ということで、今年からこちらのアプリを使って日記を書くことにしました。


日記帳 - 10年日記 ~ 無料メモ帳
日記帳 – 10年日記 ~ 無料メモ帳
開発元:LiuMing
無料
posted with アプリーチ


今回は気合入れて10年日記に挑戦!これだと上にあげたデメリットは全部解決する。いや、奥さんに見られるというリスクは残るか・・・ヽ(´ε`●)ゞ

もちろん写真なんかも貼っつけられるから、あとで見たときにもっと楽しめそう。


スポンサーリンク

まとめ

5年日記を書き続け書き終えてみて、ストレスが溜まるようなこともありましたが、それでも書いててよかったなと思ってます。

記憶って忘れていくことも多いし、あとからどんどん上書きされていくんですよね。嬉しかったことや楽しかったこと、悩んだことや辛かったときのこと。日記を読み返すとそのときの感情を思い出すことができます。イヤなものもありますけど(笑)

ただ、それも全部ひっくるめて今の自分かなと。だからなるべく忘れないよう日記をつけました。(本当にイヤことはすぐに忘れます)


紙媒体の物もいいですが、諸々のことを考えるとやっぱりスマホで書く方がいいでしょうね。スマホだと簡単に始められて、お金もかかりません。好きなときに好きなように書けます。

日記を始めようかなと思っている方に少しでも参考になればうれしいいです。

ではでは。


スポンサーリンク


ただいま、WEB限定で初回治療費がおトクになっております。
この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ