どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


ぎっくり腰って怖いですよね。

突然動けなくなるほどの痛みが起こるぎっくり腰ですが、以前こちらの記事でその原因と治し方を詳しく紹介しました。


関連:🔗ギックリ腰とは?ぎっくり腰のホントの原因と治し方を分かりやすく解説


まだ読んでない方はまずこちらを読んでもらうとこれから説明することが大変分かりやすくなりますよ。

この記事にも書いてありますが、ぎっくり腰になる原因を簡単に言うと「腰以外の筋肉の過度な緊張」となるんですが、「じゃあなんで筋肉の緊張が起こるの?」とこんな質問を患者さんからいただきました。

ぎっくり腰が起こってしまうほどの筋肉の緊張がどうして起こるのか?これが分かっていればぎっくり腰を予防することだってできるはずです。


そこで今回は、ぎっくり腰の原因となる3つの生活習慣とその予防法について解説していきます。ぎっくり腰になったことのある人はぜひ最後まで読んでください。


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

ぎっくり腰の原因となる3つの生活習慣

まずはぎっくり腰の原因となる「筋肉の緊張」を引き起こす生活習慣を紹介していきます。

その生活習慣とは次の3つ。


  1. 運動不足
  2. 冷え
  3. 同一姿勢

簡単に解説していきますね。

ぎっくり腰の原因となる生活習慣 その1.運動不足

僕たちが正しい姿勢で真っすぐいられるのは「筋力」でからだを支えているからです。

「筋力」がなくなっていくとからだのバランスはどんどん崩れて姿勢が悪くなっていきます。お年寄りの姿勢が悪くなるのは「筋力の衰え」が原因のひとつだからです。

姿勢が悪くなるとからだをムリな体勢で支えるため「筋肉の緊張」を引き起こします。なのでそれを防ぐために筋力を低下させないよう運動不足に気をつけることが大事です。

特に若いうちから運動しておくと筋力の低下だけじゃなく「骨密度」の低下も防ぐことができるので、骨粗しょう症の予防にもなりますよ。


関連:🔗腰椎圧迫骨折の原因!?骨密度を上げる3つの方法で骨粗鬆症を予防せよ!

ぎっくり腰の原因となる生活習慣 その2.冷え

からだが冷えると「筋肉の緊張」が起こる理由は2つ。

  1. からだに力が入る
  2. 血液の流れが滞る

1.からだに力が入る
寒いと自然とからだは縮こまって力が入りますよね。力が入って丸まったこの姿勢が長く続くと筋肉は硬くなります。

2.血液の流れが滞る
寒いとからだは熱を奪われないために血管を細くして「放熱※」しなくなります。このとき血液の流れる量が低下するので、血液のおかげで栄養をもらったり老廃物を流している筋肉は硬くなります。


※放熱(ほうねつ)
発生した熱を体外へ放散すること

ぎっくり腰の原因となる生活習慣 その3.同一姿勢

若い人でぎっくり腰になるのは「同一姿勢」が大きな原因のひとつです。

理由は「同一姿勢」で長時間いると同じ筋肉にばかり負担がかかるから。例え筋力がしっかりしている人でも毎日何時間もデスクワークで座っていれば、背中や肩の筋肉ってガチガチになりますよね。

その背中や肩の筋肉の緊張が限界を超えたとき「ぎっくり腰」が起こるんです

慢性的な肩こりや首の痛みで悩んでいる方は、ぎっくり腰のリスクも高くなっているんだと知っておいてください。

また、立って作業をすることが多い人はからだを支える足に毎日負担がかかり続けています。これも限界を超えると「ぎっくり腰」の原因になりますからね。

ぎっくり腰の予防法

ここまでぎっくり腰の原因となる生活習慣について説明してきましたが、次にその生活習慣の予防法を紹介していきます。

ここで紹介する予防法を日頃からキチンとやってもらえば、これまで何度もぎっくり腰になったという人にも効果があるはずです。

ではこちらが生活習慣の予防法になります。


  1. 運動不足 ⇒ ウォーキング
  2. 冷え ⇒ 温める
  3. 同一姿勢 ⇒ ストレッチ

それでは簡単に解説を。

ぎっくり腰の予防法 その1.ウォーキング

Embed from Getty Images


運動不足で低下した「筋力」を上げてやるにはやはりからだを動かすしかありません。数ある運動の中でも僕が患者さんへおすすめしているのは「ウォーキング」です。

一見すると筋力をアップさせるには筋トレがいいようにも思います。でも筋トレはやり方を間違えるとからだを痛めますし続けていくのが大変ですから。

みんなツラくてやめてしまうんですよね。

その点ウォーキングなら時間さえ確保できれば続けることは簡単だし、全身の筋肉を適度に鍛えることができて肩こりの解消にもなります

関連:🔗肩こり解消法!肩こりを解消するのにウォーキングが効果的な3つのワケ


ウォーキングが物足りなくなれば運動強度を上げてランニングでもいいですよ。

関連:🔗筋トレ不要!腹筋を鍛えるにはランニングだけで十分!その理由を解説

ぎっくり腰の予防法 その2.温める

Embed from Getty Images


当たり前のことですが、冷えをとるには温めるのが一番手っ取り早いです

ウォーキングやストレッチでもからだを温めることはできますが、そんなマメにできないという人は普段冷えないように温めておくといいでしょう。

温めるものとしてカイロもいいですが、肌に直接貼れるこれがおすすめです↓


足の裏に貼りたいという人にはこちらがおすすめ↓


足の裏にカイロを貼る場合はポイントがあるので、この記事を読んでおくといいですよ。

関連:🔗足の裏にカイロを貼る!足裏カイロを使うときに知っておきたい5つのポイント

ぎっくり腰の予防法 その3.ストレッチ

Embed from Getty Images


長時間の同一姿勢で硬くなった筋肉にはストレッチが効果的です。

ストレッチで筋肉を緩めれば血液の流れがよくなって筋肉の緊張は減っていきますが、やり方を間違えると効果がありませんからそこは気をつけましょう。

関連:🔗ストレッチの効果を劇的に上げる方法!プロが教える5つのポイント


ここが緊張するとぎっくり腰になりやすい筋肉っていうのもあるのでそれも紹介しておきますね。


  • 肩と背中
  • 太ももの前
  • 太ももの後ろ

上記の筋肉を緩めるストレッチの記事はこちらを参考に。

関連:🔗猫背を治す方法!たったの10秒!簡単にできる猫背の改善ストレッチ

関連:🔗腰痛改善ストレッチ!腰を後ろに反らすと痛いときはお腹と太ももを伸ばせ!

関連:🔗太ももの裏をストレッチ!太ももの裏側を簡単に伸ばす方法を紹介


スポンサーリンク

まとめ

今回は、ぎっくり腰の原因となる3つの生活習慣とその予防法について解説しました。

ぎっくり腰になってしまうと痛みと治るまでの時間が大変なことになるので、今回ご紹介した内容を参考にしていただいてぎっくり腰にならないよう気をつけてください。

それでもぎっくり腰になってしまったあなた。

いつでもご連絡を。


ではでは。


スポンサーリンク

LINE@はじめました!

この記事を読んで疑問に思ったことや感想、普段不安に感じていることをぜひ教えてください。きっとあなたのお力になれると思います。


友だち登録はこちらから↓

友だち追加


詳細はこちら ⇒ LINE@はじめました!質問やご相談がある方は登録どうぞ


『ブログ』を見てご連絡いただいた方は初回治療費を割引しています。この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ↓↓

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中