【知らないと損する】ぎっくり腰を予防するために知っておきたい7つのこと

diego_torres / Pixabay

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


以前、>>ぎっくり腰になったら思い出してほしい7つのこと!について簡単に解説するよを書きましたが、「ぎっくり腰になったときじゃなくて、ならないようにするにはどうしたらいいの?」というご質問をいただきました。

確かに至極真っ当な意見ですね。なってからじゃ遅いですもんね。


そこで今回は、ぎっくり腰を予防するために知っておきたい7つのことを紹介します。ぎっくり腰の原因から対策まで、知らないと損する内容ばかりなので、ぜひ最後まで読んでください。


スポンサーリンク

ぎっくり腰を予防するために知っておきたい7つのこと

ぎっくり腰を予防するために知っておきたい7つのこと

Angelo_Giordano / Pixabay


それではさっそく、ぎっくり腰を予防するために知っておきたい7つについて紹介していきますね。

1.ぎっくり腰は突然起こっているわけじゃない

「はぁっ!?何の前触れもなく、突然動けなくなるぐらい痛いのがぎっくり腰の特徴でしょ。」

と思ったあなた。その通りです。ぎっくり腰の痛みってある日突然起こります。でも実はぎっくり腰になるまでに、からだには相当な疲れが溜まっているんです。感じていないだけで。

そして気づかない間に溜まった疲れが、ある一定のレベルを超えてしまうとぎっくり腰の痛みとして出てくるんです。なのでからだが疲れてたり、重く感じるようなときは注意しておいた方がいいですよ。

2.ぎっくり腰は気を抜いてるときになる

気を抜いてる

terimakasih0 / Pixabay

ぎっくり腰になった人に「何をやっててなりましたか?」と聞くと、

  • 顔を洗うのに腰を曲げたとき
  • 座ってて立ち上がろうとしたとき
  • ズボンを履こうとしたとき
  • 靴下を履こうとしたとき
  • 下のものを拾おうとしたとき

こんな理由が多いです。案外、重たい荷物を運んでなったとかあんまり聞きません。これ、ぎっくり腰あるあるです。

詳しくはこちら → ぎっくり腰になる瞬間トップ10を考えてみた

ぎっくり腰になりやすい動きは気を抜いてるものが多いんですが、これにはちゃんと理由があるんです。


重たい荷物を持つときは踏ん張って身構えてから持ち上げますよね。こうすると負担は下半身・腰・上半身とそれぞれに分散されていきます。


でも気を抜いてるときは何も考えずに動かします。すると無意識にバランスの悪いムリな体勢をとってしまう場合があります。そうなったとき、からだのバランスを維持するのに負担がかかっているのが骨盤です。



骨盤と腰はセットですから、疲れが溜まった油断している骨盤に負担がかかるとぎっくり腰は起こります。



からだに疲れが溜まった状態 → 気を抜いて変な動きする → バランスが崩れる → 骨盤が支える → 腰に負担がかかる → ぎっくり腰!!

3.ぎっくり腰は若くてもなる

ぎっくり腰になるのに年齢は関係ありません。むしろ20代、30代の若い人の方が多いような気がします。


昔に比べ今の若い人は、筋力が減っているためそれがぎっくり腰になる原因ではないかと思います。子どものころにしっかりからだを動かしていないと、筋力や骨が弱くなってしまうため、若くてもぎっくり腰や骨粗しょう症になります。


それについては以前こちらの記事に書きました。

4.ぎっくり腰は腰に原因があるわけじゃない

ぎっくり腰で痛い場所を聞けば確かに腰と答えるでしょう。ただ腰に痛みがあるからと言って、痛みの原因が腰にあるとは限りません。


これについてはこちらの記事に詳しく書いてあります。


ギックリ腰にも色々タイプがあって、それぞれ痛みの原因が違います。それに、ぎっくり腰になった人の腰を押してみても、痛くないことがほとんどです。腰が痛んでいない証拠です。腰が捻挫してるとかほぼないです。

5.ぎっくり腰は長時間の同一姿勢はキケン

長時間の同一姿勢

Eirik_Raudi / Pixabay

長時間同じ姿勢でいると、筋肉の同じ場所に負担がかかり続けます。すると負担がかかっている筋肉はどんどん硬くなってしまいます。

上で、ぎっくり腰は腰に原因があるわけじゃない、と言いましたが、原因は腰に繋がっている筋肉が硬くなることです。背中や太ももなんかです。

長時間ジッとしていると背中や太ももの筋肉が硬くなるため、ぎっくり腰になりやすくなります。デスクワークだからって安心していられません。肩や背中が硬くなってもぎっくり腰になりますからね。

6.ぎっくり腰の予防には腰以外のストレッチをしっかりやる

原因が腰じゃないので、ストレッチも腰以外をしっかりやる必要があります。(もちろん腰をストレッチしてもらってもOKです)

普段から腰以外もしっかりストレッチすることで、ぎっくり腰になるリスクはかなり下がります。腰に痛みがなくても疲れはジワジワ溜まってきていますから。


肩と背中のストレッチについてはこちら。

7.ぎっくり腰の予防にはからだを温める

疲れをとるためには、からだを温めることも重要です。

血液の循環を良くすることで、からだの疲れや筋肉の緊張がとれてぎっくり腰の予防になります。疲れているとき、からだに痛みがないときは積極的に温めましょう。

痛みが強いときや、急に出てきた痛みなんかは温めてはダメなときもありますから気をつけてくださいね。


もし判断がつかないときは、僕のところに電話かメールで連絡くださいヽ(゚∀゚)ノ

治療を受けたことがない人でもOKですよ。ブログ見ていただいてる方なら大歓迎です。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、ぎっくり腰を予防するために知っておきたい7つのことを紹介しました。

もう一度ポイントをまとめておくと、


  1. 突然起こっているわけじゃない
  2. 気を抜いてるときになる
  3. 若くてもなる
  4. 腰に原因があるわけじゃない
  5. 長時間の同一姿勢はキケン
  6. 腰以外のストレッチをしっかりやる
  7. からだを温める

この7つのポイントを理解して守ってもらえれば、ぎっくり腰になることはほぼないでしょう。がんばってください。


ではでは。


スポンサーリンク


ただいま、WEB限定で初回治療費がおトクになっております。
この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ