どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


『ランニングだけで腹筋って鍛えられる?筋トレしないとムリ?』


お腹周りの脂肪は「一番最初について一番最後まで取れない」と言われるほど厄介なやつです。

あなたもお腹の脂肪を減らして腹筋を割るために、これまでたくさんの健康器具や筋トレの方法を試したことでしょう。

でもあえて言いましょう。


腹筋を鍛えるなんてランニングだけで十分だよ!


僕も40代を目の前にして腹が出ていましたが、ランニングだけで余裕で引っ込めることができたので、今回はその点を解説します。

なお、難しい知識は不要です。
初心者でもわかるように解説しますので、3分くらいお付き合いくださいm(_ _)m


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

ランニングだけで腹筋が鍛えられる理由

ランニングだけで腹筋が鍛えられる理由は以下の2つ。


  1. 腹筋はもともと割れてる
  2. ランニングには筋トレ効果もある

順番に解説していきましょう。

1.腹筋はもともと割れてる

Embed from Getty Images


そもそもランニングで腹筋を鍛えたい人は、


  • お腹を引っ込ませたい
  • あわよくば腹筋をうっすらと見せたい

こんなカンジで、腹筋をボコボコにしたいわけじゃないと思います。だとしたらムリに筋トレをしなくてもランニングだけでOKです。


だって腹筋ってもともとみんな割れてますから。老若男女。


「いやいや、わたしの腹筋割れてないよ」って人は、腹筋の上に脂肪が乗ってるため割れているのが分からないだけです。

腹筋はカラダを動かすのに無くてはならない筋肉で、普段の生活をしているだけで十分鍛えられています。


だからあなたの腹筋もホントは割れてるんです。


ランニングで脂肪を落としてやると、お腹が引っ込んで本来割れているはずの腹筋が見えてきますよ。

2.ランニングには筋トレ効果もある

Embed from Getty Images


知らない人も多いですが、実はランニングには腹筋を鍛える筋トレ効果もあるんです。

呼吸するときに息を思いっきり吐くとお腹が引っ込んできますが、これをランニングで応用すれば走ってる間ずっと腹筋してるのと同じ効果を出すことができます。


やり方は簡単で、少し大きめの呼吸を意識しながらランニングするだけ。


大きめの呼吸で息を吐いていくと最後の方は腹筋の力を使って空気を押し出さないといけないため、腹筋に少しだけ力が入るんです。

詳しくは、ランニングだけで腹筋を鍛える!走り方のコツとその理由を解説に書いてありますが、仮に走っているときの呼吸を20回/分として30分ランニングしたとすると、


20回×30分=600回


600回も腹筋に軽い負荷をかけることになります。

これってすごくないですか?
軽い負荷だとしても腹筋600回ですよ600回。

もう完全に『ランニング = 腹筋を鍛える筋トレ』でしょ。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、ランニングだけで腹筋が鍛えられる理由について解説しました。

もう一度まとめると、


  1. 腹筋はもともと割れてる
  2. ランニングには筋トレ効果もある

以上2つの理由からランニングで腹筋を鍛えることができます。

ただはじめにも言いましたが、ランニングで腹筋を鍛えるのはお腹を引っ込めるためで、ゴリゴリの腹筋にしたい人向けではありませんからね。

腹筋をゴリゴリにしたいなら筋トレが必要になるので、とりあえずもう失敗しない!女性でも簡単にできる腹筋の鍛え方からやってみてください。

ちゃんとやれば必ずお腹は引っ込みますから、がんばってください。


ではでは。


スポンサーリンク

LINE@はじめました!

この記事を読んで疑問に思ったことや感想、普段不安に感じていることをぜひ教えてください。きっとあなたのお力になれると思います。


友だち登録はこちらから↓

友だち追加


詳細はこちら ⇒ LINE@はじめました!質問やご相談がある方は登録どうぞ