【ストレッチ】太ももの裏を簡単に伸ばす方法【30秒でできます】

『太ももの裏ってうまいこと伸びないんだけど、簡単にできるストレッチってないかな…。』

こんな悩みに答えます。

太ももの裏を伸ばすのって簡単そうですが、実はストレッチするのが難しい場所なんです。セルフストレッチとなると尚更ムリです。

でも太ももの裏は別名「ハムストリングス」と言われ、肉離れを起こしやすいですからしっかり伸ばしておきたいところです。

そこで今回は、一人で簡単にできる太ももの裏のストレッチを紹介します。日頃から患者さんにやってもらっているものなので効果も実証済みですから。

ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!

太ももの裏のストレッチ【方法】

ではさっそく、太ももの裏のストレッチ方法を説明していきます。

ストレッチの手順
  1. まっすぐ立つ
  2. 手のひらを下につける
  3. 手をつけたまま膝を伸ばす
  4. 限界まで伸ばす

ひとつずつ詳しく解説していきますね。

  • STEP1
    まっすぐ立つ

    まっすぐ立つ

    ▲まずは平らなところに真っすぐ立ってください。その場で立ったり座ったりできるくらいのスペースがあれば大丈夫です。

  • STEP2
    手のひらを下につける

    手のひらを下につける

    ▲次に手のひらを床にベタッとつけましょう。膝は思いっきり曲げて大丈夫です。このとき腰や膝が痛い方はやめといて。

  • STEP3
    手をつけたまま膝を伸ばす

    手をつけたまま膝を伸ばす

    ▲手を床につけたままゆっくり膝を伸ばしていきます。

  • STEP4
    限界まで伸ばす

    限界まで伸ばす

    ▲膝を伸ばしていくとどこかで太ももの裏がピーンと伸びるタイミングがあると思います。そのまま20秒キーープで。

    手は少し離れてもOK

    手は少し離れてもOK

    ▲膝を伸ばしていくと手のひらが離れそうになりますが、少しぐらい離れてもOKです。

  • お疲れさまでした

太もも裏のストレッチ【効果】

太ももの裏のストレッチをするとこんな動きが楽にできるようになります。

太ももの裏のストレッチのメリット
  • 下にある物を拾う
  • 掃除機をかける
  • ズボンを履く
  • 顔を洗う、うがいをする

理由は簡単で、↑に挙げた動作のときって太ももの裏は↓のようにビーンと引き延ばされますよね。

太ももの裏のストレッチの効果

このとき太ももの裏の筋肉が硬くて伸びないと、腰に力が入って腰の負担が大きくなります。

その負担が溜まりにたまると腰痛が起こるんです。

だからカラダを前に曲げて腰が痛い人は、腰を揉むんじゃなくて太ももの裏をストレッチすればいいんですよ。

気になる方はこちらをどうぞ
前かがみの腰痛の治し方!前かがみで痛い腰痛の原因はお尻と太ももの裏!

まとめ

今回は、一人で簡単にできる太ももの裏のストレッチを紹介しました。

太ももの裏は硬くなると腰痛の原因になりますし、スポーツをしてるならパフォーマンスにも影響するのでしっかりストレッチしてみてください。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です