当院のコロナウィルス感染症対策について

腰が前に曲がらない人必見!太ももの裏を簡単に伸ばす方法【30秒でできます】

本日のお悩みはこちら

太ももの裏ってうまいこと伸びないんだけど、簡単にできるストレッチってないかな…。

今回はこんなお悩みに答えます。

太ももの裏を伸ばすのって簡単そうですが、実はストレッチするのが難しい場所なんです。セルフストレッチとなると尚更ムリです。

でも太ももの裏は別名「ハムストリングス」と言われ、肉離れを起こしやすいですからしっかり伸ばしておきたいところです。

今回のストレッチはこのハムストリングスをメチャメチャ伸ばすものなので、顔を洗うとき腰が痛い・腰が前に曲がらねぇと感じている人はぜひやってみてください。

このストレッチがよく効く人
  • 下にある物が拾いづらい
  • パンツをはくとき足が上がりづらい
  • 顔を洗うとき腰が痛い
  • 前屈すると腰が痛い

そこで今回は、一人で簡単にできる太ももの裏のストレッチを紹介します。日頃から患者さんにやってもらっているものなので効果も実証済みですから。

ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!

【ストレッチ】自信を持っておすすめする上半身ストレッチ10選!【まとめ】現役鍼灸師が自信を持っておすすめする上半身のストレッチ10選!【症状別まとめ】
Instagram にも色々まとめてるのでフォローぷりーず!

ハムストリングスってどこ?

ストレッチを紹介する前に、ハムストリングスってどこ?と思った人のために場所の説明をしておきます。

ハムストリングス(太ももの裏)

赤い丸で囲った太ももの裏が「ハムストリングス」と呼ばれる場所です。

正確には半膜様筋、半腱様筋、大腿二頭筋の3つの筋肉が集まったものがハムストリングスなんですが、難しいのでまとめて太ももの裏の筋肉と覚えておくといいと思います。

腰痛に効くハムストリングスストレッチ

それでは、ハムストリングス(太ももの裏)ストレッチの方法を紹介していきます。

注意

ストレッチはムリなく行ってください。痛みが出るようならそれ以上やらないように。

ストレッチのやり方

STEP.1
まっすぐ立つ

足を肩幅に拡げてまっすぐ立ちます。周りに物がないとこにしてください。

まっすぐ立つ

STEP.2
しゃがんで手をつく

次にしゃがんで手の平を床にベタッとつける。膝は思いっきり曲げてください。

注意
このとき腰や膝に痛みが出た方はこのストレッチはやめましょう。

しゃがんで手をつく

STEP.3
膝を伸ばしていく

手をつけたままゆっくり膝を伸ばしていきます。

ゆっくり膝を伸ばす

STEP.4
限界まで伸ばす

膝を伸ばしていくとどこかで太ももの裏がピーンと伸びるポイントがあるはずです。そこまできたらそのまま20秒キープで終了。

限界まで伸ばす

お疲れさまでした

ストレッチのポイント

続いて、ハムストリングスストレッチのポイントについて2つ紹介します。正しいやり方でやらないと効果ぜんぜん出ないのでしっかり確認を

手は少し離れてもOK!

手は少し離れてもOK

膝を伸ばしていくと手のひらが離れそうになりますが、少しぐらい離れてもOK。

膝が伸びきった人には無意味!

膝が伸びきっても太ももの裏がピーンとならない人にこのストレッチは意味がありません。ほかの探しましょ。

太もも裏のストレッチの効果

太ももの裏にある筋肉ハムストリングスが硬くなると下の物を拾ったり、パンツをはくといったような腰を前屈させる動作がやりづらくなります。

朝起きて顔を洗ったりパンツをはいたときにギックリ腰になった人は、ハムストリングスが痛みの原因の可能性もあるので要注意!

太ももの裏のストレッチをするとこんな動きが楽にできるようになります。

太もも裏のストレッチのメリット
  • 下にある物を拾う
  • 掃除機をかける
  • ズボンを履く
  • 顔を洗う、うがいをする

理由は簡単で、↑に挙げた動作のときって太ももの裏は↓のようにビーンと引き延ばされますよね。

太ももの裏のストレッチの効果

このとき太ももの裏の筋肉が硬くて伸びないと、腰に力が入って腰の負担が大きくなります。

その負担が溜まりにたまると腰痛が起こるんです。

だからカラダを前に曲げて腰が痛い人は、腰を揉むんじゃなくて太ももの裏をストレッチすればいいんですよ。

前かがみで痛い腰痛の原因はお尻と太ももの裏!すぐできる簡単ストレッチで腰痛撃退

まとめ

今回は、一人で簡単にできる太ももの裏のストレッチを紹介しました。

太ももの裏は硬くなると腰痛の原因になりますし、スポーツをしてるならパフォーマンスにも影響するのでしっかりストレッチしてみてください。

ほかにも何か不安なことや聞きたいことがあればいつでもLINE@で受け付けているので遠慮なくご連絡ください。

詳しくはこちらの記事をご覧ください
LINE@はじめました!質問やご相談がある方は登録どうぞ

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です