前かがみの腰痛の治し方!前かがみで痛い腰痛の原因はお尻と太ももの裏!

[ranking]

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


日本人のからだの悩みで常に上位にランクインしている「腰痛」ですが、一言に腰痛と言っても色んなタイプがあるのをあなたはご存じでしょうか。


ちなみにここで言う色んなタイプとは、

  • ヘルニア
  • ぎっくり腰
  • 脊柱管狭窄症
  • 坐骨神経痛

といった病院で診断される腰痛のことではありません。


ここで言う色んなタイプの腰痛とは、

  • 立って前に曲げると痛い
  • 背中を丸めると痛い
  • 後ろに反らすと痛い
  • 横に倒すと痛い
  • 捻ると痛い

など、『どう動いたら腰に痛みが出るのか?』というものを指します。


「動きで腰に痛みが出るなんてどうでもいいじゃん」と思った方もいるかもしれませんが、なんと上に挙げた腰痛のタイプはすべて痛みの原因が違うんですよ。

原因が違えば当然腰痛の治し方も変わってきますよね?だから『どう動いたら腰に痛みが出るのか?』これってものすごく重要なポイントなんです。


そこで今回は数ある腰痛の中から、前かがみで痛い腰痛の「原因」と「治し方」を紹介していきます。


ほかの腰痛のタイプについてはこちらの記事にまとめてあるのでどうぞ↓

関連:🔗腰を曲げると痛いときの『原因』と『ストレッチ』まとめ


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

前かがみで痛い腰痛とは?

まずは、「前かがみが痛い腰痛」とはどんなものかについて簡単に説明しておきます。

前かがみの腰痛の治し方!前かがみで痛い腰痛の原因はお尻と太ももの裏!


「前かがみで痛い腰痛」というのは↑の画像のように立った状態で腰を前にかがめると痛い腰痛のことです。

ポイントは「立った状態」であること。

同じような腰痛に「座って背中を丸めると痛い」があるんですが、この2つは原因が違うので間違えないよう気をつけて。

今回は「立った状態で腰を前にかがめると痛い腰痛」の説明になります。


ちなみに「座って背中を丸めると痛い腰痛」はこちらに書いてあるので、こっちかもと思った方はどうぞ。

関連:🔗背中を丸めると腰が痛い!背中を丸めると出る腰の痛みは首と背中を緩めろ!


「前かがみが痛い腰痛」になると、


  • 下のモノを拾うとき
  • イスから立ち上がるとき
  • 床に足を伸ばして座るとき
  • 掃除機をかけるとき

こんなときに痛みを感じることが多くなります。寝てるときや座って背中を丸めても痛くないのに、立って膝が伸びたまま前かがみになると腰が痛いのがこの腰痛の特徴です。

前かがみが痛い腰痛の『原因』

それでは、前かがみが痛い腰痛の原因を説明していきますね。

前かがみになるとお尻と太ももの裏の筋肉が伸びる


↑の画像を見てください。

これは立って前かがみになっているところですが、健康な人でもこの動きをするとお尻と太ももの裏(赤矢印)がビーンと張って痛いですよね。

そうです。
実は前かがみになったときって腰よりも、お尻と太ももの裏の筋肉が引き伸ばされているんです

だからお尻と太ももの裏の筋肉がガチガチに硬くなっていると前かがみに腰を曲げようと思っても上手く曲がらないんです。それをムリに曲げようとするから腰に変な力が入って痛いんです。


ただここで気をつけてもらいたいのが、よく見ると上の画像は頭を少し起こして前かがみになってますよね。(黄矢印)

これがもし↓みたいに、


こんなカンジで頭を下にして前かがみになると、首や背中の筋肉まで引っ張られてしまいます

これだと腰痛の原因が「お尻と太ももの裏」なのか「首や背中」なのか判断できなくなるので、必ず頭を少し起こして前かがみになるようにしてください。

頭を起こして前かがみになったときに腰に痛みが出るようなら原因は「お尻と太ももの裏」ということです。

前かがみが痛い腰痛の『治し方』

次に、前かがみが痛い腰痛の『治し方』の説明をしていきます。

前かがみが痛い腰痛の『原因』はガチガチに硬くなった「お尻と太ももの裏の筋肉」だということは分かりました。

なのでそこを緩めてやる方法の紹介です。

お尻のストレッチ

まずは「お尻のストレッチ」からいきます。


【ストレッチの方法】

  1. 仰向けに寝て片方の膝を立てる
  2. 反対の足を立てた膝に引っかける
  3. 立てた足を両手で掴んでからだの手前に引き付ける
  4. 引っかけた方の足のお尻の筋肉が伸びていればOK

簡単でしょ。

動画でも説明しておきますね。(注:音が出ます!)


お尻のストレッチってなかなかいいものがないんですけど、これは簡単ですごく伸びるので僕の患者さんにもよくやってもらってます。

太ももの裏のストレッチ

続いて太ももの裏のストレッチを。

【1.真っすぐ立つ】

▲まずは真っすぐ立つところからスタートします。狭いスペースだとやりにくいので壁からは離れてください。


【2.膝を曲げて手を床につける】

膝痛ストレッチ!膝の痛みに速攻で効くストレッチの方法を紹介

▲次に手のひらを床にベタッとつけます。このとき膝はどれだけ曲げてもらっても構いません。


【3.手を床につけたまま膝を伸ばす】

▲手を床につけたまま膝をゆっくりと伸ばしていきます。


【4.いけるところまで膝を伸ばす】

▲手を床につけたまま膝を伸ばしていき「もうこれ以上は伸ばせない」というトコまでいきます。そこでストップ。


【5.そのまま10秒キープ】

膝痛ストレッチ!膝の痛みに速攻で効くストレッチの方法を紹介

▲その体勢のまま10秒キープします。このとき太ももの「裏」の筋肉が伸びている感覚があればOKです。


【ストレッチのポイント】

膝痛ストレッチ!膝の痛みに速攻で効くストレッチの方法を紹介

▲膝を伸ばしていくと手のひらが床から離れそうになりますが少しぐらい離れてもいいですからね。重要なのは「太ももの裏がちゃんと伸びているかどうか」ここですから。


太ももの裏のストレッチは腰痛だけじゃなく「膝の痛み」にも効果があるストレッチなのでぜひやってみてくださいね。


膝の痛みについてはこちらの記事に詳しく書いてます。

関連:🔗膝痛ストレッチ!膝の痛みに速攻で効くストレッチの方法を紹介

施術で改善させる

ここまで自分でもできる「お尻」と「太ももの裏」のストレッチの方法を紹介しましたが、治療院での施術を受けた方が早くよくなるのは言うまでもありません。


前かがみの腰痛の治し方!前かがみで痛い腰痛の原因はお尻と太ももの裏!

▲先ほど曲がりにくかった患者さんも。


前かがみの腰痛の治し方!前かがみで痛い腰痛の原因はお尻と太ももの裏!

▲施術を続けるとこんなカンジで柔らかくなっていきます。


もちろん施術は筋肉を緩めるだけじゃなく、骨盤の歪みを整えたり全身をバランスを考えながら行っていくので気になった方は連絡くださいね。

ご予約・お問い合わせ


あと腰痛がよくなった患者さんの声はこちら。

関連:🔗腰痛なんてどうせ治らないと思ってる人に読んでほしい!たった一回で腰痛が改善した患者さんの声


スポンサーリンク

まとめ

今回は、前かがみで痛い腰痛の「原因」と「治し方」を紹介しました。

ポイントをもう一度整理しておきます。


  1. 前かがみになると腰よりも「お尻」と「太ももの裏」の筋肉が伸びる
  2. 「お尻」と「太ももの裏」の筋肉が伸びないと前かがみになれない
  3. 前かがみになるには「お尻」と「太ももの裏」の筋肉を伸ばす

以上3つのポイントが分かっていれば、きっと前かがみで痛い腰痛を克服できるはずです。

ぜひやってみてください。


ではでは。


スポンサーリンク

LINE@はじめました!

この記事を読んで疑問に思ったことや感想、普段不安に感じていることをぜひ教えてください。きっとあなたのお力になれると思います。


友だち登録はこちらから↓

友だち追加


詳細はこちら ⇒ LINE@はじめました!質問やご相談がある方は登録どうぞ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です