からだを横に倒すと痛みの出る人!太ももの内側か外側を伸ばせば治ります

たくさん腰痛の患者さんを診ていると、腰痛にも色んなタイプがあるのが分かるようになります。特に、どういった動きで痛みが出るかはとても重要です。

それは腰痛が起こったときに腰を曲げる向きによって、からだのどの部分が腰痛の原因になっているのかがザックリ分かるからです。今回はその中でも、からだを横に倒すと痛みの出る腰痛について解説していきます。

腰を曲げると痛いときの『原因』と『ストレッチ』まとめ

からだを横に倒すと痛みが出る腰痛の原因

前や後ろにからだを倒しても全く痛くないのに、横に倒したときだけ腰が痛いときってありますよね?

さらに細かく診ていくと、痛みには2つのパターンあります。

腰痛のパターン
  1. 倒した向きと反対側の腰が痛い(例:左に倒すと右腰が痛い)
  2. 倒した向きと同側の腰が痛い(例:左に倒すと左腰が痛い)

2つは同じように見えて実は原因になっている場所が違います。あっ!基本的に腰痛って腰そのものに原因がない場合が多くて、からだのほかの場所から影響を受けて腰に痛みが出ていることがほとんどですから。

ですので今回も、からだを横に倒すと痛みが出る腰痛の本当の原因について解説していきます。

からだを横に倒すと太ももの筋肉が伸びる

からだを横に倒すと太ももの筋肉が伸びる

これはからだを左に倒したところです。このとき赤の矢印で示した部分、右太ももの外側と左太ももの内側の筋肉が引き伸ばされます。

正確に言うと、腰を左に倒すことで骨盤を構成している寛骨のうち、左の寛骨は前傾、右の寛骨は後傾しながら太ももは伸びていくんです。でもこんな説明してもおもしろくないので、これ以上は止めときます。

覚えておいてほしいのは、からだを横に倒すときには太ももの内と外の筋肉と、あとは骨盤の動きが関係しているっていう2つだけです。

太ももの筋肉がうまいこと伸びないと、からだは横に倒れることができません。ムリヤリ動かすとその負担は腰にきて痛みを感じます。

太ももの筋肉を緩めると腰痛はとれる

太ももの筋肉を伸ばせばからだは横に倒れるようになるんですが、さきほど説明したようにからだを横に倒したときの腰の痛みには2パターンあります。

腰痛のパターン
  1. 倒した向きと反対側の腰が痛い
  2. 倒した向きと同側の腰が痛い

①左に倒して右腰が痛い

左に倒して右腰が痛い

②左に倒して左腰が痛い

左に倒して左腰が痛い

右腰に痛みのあるときは右太ももの外側を緩め、左腰に痛みのあるときは左太ももの内側を緩めると腰痛はとれやすくなります。

理由は簡単で、太ももの筋肉は必ず骨盤にくっついていますから、太ももがうまく伸びないと骨盤もキレイに動きません。骨盤がキレイに動かないとその上に乗っかっている腰も動かない。ムリヤリ動かすと腰が痛い。こうなるわけです。

なので、からだを左に倒して右腰が痛いときは右太ももの外側が、左腰が痛いときは左太ももの内側が影響しているため、そこを緩めるんです。

横に倒すと痛い腰痛の治し方
  1. 左に倒すと右腰が痛い → 右太ももの外側を緩める
  2. 左に倒すと左腰が痛い → 左太ももの内側を緩める

簡単でしょ。

もちろん太ももさえ緩めれば、横に倒す痛み全てに効くなんてことはないですからね。違う原因の場合ももちろんあることをご理解ください。あくまでひとつの例でございます。と逃げ道を作っておきます。

施術後の変化

上の患者さんの治療後です。どうです、さっきよりもかなり曲がるようになってるでしょ。

横に倒すと痛い腰痛施術前

施術前

横に倒すと痛い腰痛施術後

施術後

ちなみにこの患者さんの治療は骨盤の調整だけで、太もも緩めてないんですよ。もともとからだを横に倒したときの痛みもなかったんで、骨盤の調整を中心に治療しました。もしこれで動きが悪かったり、痛みが出ていれば太ももを緩めればOKです。

からだを横に倒すと痛みが出る腰痛の解消法

太ももの筋肉のストレッチ方法になります。内側と外側に分けて説明していきますね。

太ももの内側ストレッチ1

太ももの筋肉のストレッチ方法

STEP.1
床やベッドに座って足の裏を合わせる
STEP.2
足はできるだけ手前に近づける
STEP.3
膝を床にくっつけようと努力する

やわらかい人は物足りないかもしれないので、そんなときは上体を前に曲げていきましょう。それで伸びるはずです。

太ももの内側ストレッチ2

もうひとつ内側のストレッチいっときます。

肩甲骨ストレッチ

STEP.1
足を大きく開いて腰を落とす、膝が内側を向かないよう気をつけて
STEP.2
両手を膝の上に置いて、どちらか一方の肩を前方へひねりながら倒していく。肘を曲げないように
STEP.3
反対も同様に

これ本当は肩甲骨のストレッチなんですが、太ももの内側にも効くからやってみてください。

肩こりには肩甲骨を動かすのが超重要!その理由とやり方を簡単に解説

太ももの外側ストレッチ

外側のストレッチも色々あるんですが、これが一番効きますね。

このストレッチは「ストレッチポール」という道具を使って行いますが、普通の家庭にはないですよね。バスタオルを丸めて代用するといけます。

あと、動画の説明では足を上げていますが、上げなくても十分効果があるので自分のからだに合わせて行うように。

まとめ

今回は、『からだを横に倒すと痛みの出る腰痛』について解説しました。

横に倒すと痛い腰痛ポイント
  1. からだを横に倒すと太ももが伸びる
  2. 太ももが伸びないと腰が痛い
  3. 太ももの硬い場所によって腰の痛む場所が変わる

からだを横に倒すと腰が痛いという方は参考にしてください。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です