【ばね指 京都】手術を考えていたバネ指が改善した患者の声【動画あり】

『バネ指って言われて治療してるけど、コレもう手術しかないのかな…』

こんな悩みに答えます。

女性を中心に多くの方が悩んでいるバネ指。整形外科へ行っても薬や湿布を出されるだけで効果的な治療ってしてもらえませんよね。

最終的には手術をすすめられますし。

実はバネ指には鍼灸や整体がよく効くんです。

でもあまり世間では知られていないようでとても悲しい。

僕も得意としていますが、バネ指で来院される患者さんってやっぱり少ない。施術すればホントよくなりますから。

そこでもう少しバネ指のことを知ってもらうため、今回は手術を考えていたバネ指が改善した患者さんの声を紹介していきます。

少しでもバネ指で悩んでいる人の参考になれば幸いです。

ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!

バネ指の原因と症状について

はじめにバネ指の原因と症状についてちょっとだけ説明しておきます。知ってるよという方はここ飛ばしてくださいね。

バネ指とは

バネ指は「腱鞘炎」の症状のひとつで、指にある腱が炎症を起こして指がスムーズに動かなくなるのが特徴です。

腱鞘炎ってなに?という方はこちら
「腱鞘炎」「手根管症候群」「バネ指」3つの違いを原因と症状別でまとめて解説するよ!「腱鞘炎」「手根管症候群」「バネ指」3つの違いを原因と症状別でまとめて解説するよ!

バネ指の原因

まずはバネ指の原因について。ちょっと難しいので興味ある人だけ読んでくださいね。

この図は「指の骨」とそれを動かす「腱(けん)」です。指は「腱」っていうヒモみたいなものに引っぱられて動いています。

この「腱」が指から離れないようにベルトみたいなもので上から押さえていますが、これを「靭帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)」と言います。

指を動かすとき普通は「腱」がこの「靭帯性腱鞘」の中をスムーズに動きますが、図の右側のように「腱」にコブができて引っかかってしまうことがあるんです。

すると、コブが引っかかってうまく指を伸ばすことができなくなります

引っかかったコブが「靭帯性腱鞘」を通過するとき、急に指がバイーンとバネのように伸びるのでこの症状を「バネ指」と呼びます。

MEMO

正確にはコブじゃなくて「滑膜性腱鞘」が「靭帯性腱鞘」で撓む(たわむ)ために引っかかるんですが、難しいので「コブ」と表現しています。

バネ指の症状

次にバネ指の症状について。

バネ指の人がよく訴える症状
  • 指の付け根の「痛み」
  • 指の付け根の「腫れ」
  • 指の付け根の「熱感」
  • 明け方に症状が強くなる
  • 指を伸ばすと引っかかって急にバネのように伸びる

バネ指は腱鞘炎の症状のひとつなので、症状は「腱鞘炎」とほぼ同じになります。

最後の「指が引っかかる」がバネ指の最大の特徴ですね。

バネ指が改善した患者さんの声

続いて、手術を考えていたバネ指が改善した患者さん(Yさん)の声を紹介していきますね。

指が動かしにくいバネ指がよくなった患者さんの声

ぬり薬で様子見の整形外科

一般的に指が痛くて動かしにくくなればYさんと同じようにまずは整形外科を受診すると思います。

当院に来院される前に何か治療を受けられましたか?その治療で何かしらの改善はみられましたか?


手を専門にしているという整形外科に行きましたが、レントゲンを撮った後ぬり薬が処方されただけで様子を見てくださいとのこと。
とても治らないと思いました。

整形外科を受診してバネ指と診断されると、このような順に治療が進んでいきます。

整形外科での治療の流れ
  1. 赤外線治療
  2. 湿布(ぬり薬)
  3. 鎮痛剤
  4. 痛み止めの注射
  5. 手術

でもどの治療も根本的な原因にアプローチできていない治療法なので、痛みが軽減することはありません。

もし運よく痛みがなくなっても再度ぶり返すことも多いです。

手術を考えていたほどのバネ指が改善したYさん

ご来院のきっかけ、症状をお書きください


右手親指がばね指になり動かすのが不自由で、そのうち痛みがひどくなり物を持ったり道具を使うことができなくなり、日常生活に困っていたところネットで「ばね指は治ります」というのを見つけ、HPを開いてみたら近くだったので訪ねました。

Yさんは初診で来られた日の約2ヶ月前から、徐々に右手の親指が動かしにくく曲がらなくなりました。

はじめて診たときは字を書いたり、箸を持ったりといった指先に力を入れる動きがほとんどできなくなっていました。

初診時の様子

親指が曲がりにくくなっているのがよく分かりますね。

ムリに曲げるとカクッとなって曲がりはしますが、指全体に強い痛みを感じます。仕事がデスクワークだったので毎日の業務にも支障をきたしていました。

5回目の施術のようす

まだ指は曲がりませんが動かしたときの痛みは少なくなってきました。

15回目の施術のようす

指の動きがかなりスムーズになり、日常生活で痛みを感じることも少なくなりました。

20回目の施術のようす

指の動かしにくさも完全になくなりキレイに動いています。

バネ指の治し方

バネ指の改善には時間が必要

当院の施術を受けられて、どのような改善がみられましたか?


3回目にはり治療を受けた後、痛みが少なくなりました。

その後は少しずつですが痛みが引いていき、指に力が入るようになっていきましたが指が自由に曲がるようになるまでは時間がかかりました。

約3ヵ月でほぼ以前と同じように手指が使えるようになりました。

バネ指は指の症状ですが、指だけを施術しても治りません

症状は指にしか出ませんが、必ずカラダ全体を診て施術を行わないとよくならないんです。

指は指だけで動いているわけじゃなくて、腕や肩・背骨など多くの場所と一緒に動いています。だから指を治すには、指を動かすために必要な全ての場所についても一緒に考えないといけません。

それが理解できずに指ばっかり治療してもよくならないのは整形外科の治療で分かると思います。

Yさんも時間はかかりましたが、カラダ全体の施術を行いながらはり治療もして、少しずつ痛みが和らいできました。

バネ指を治す本当の目的

あなたと同じように悩んでいる方へアドバイスをお願いします


初めはほんとうに治るのか、いつまでかかるのかという思いはありましたが、少しずつ治っていく実感はありました。

患部を直接治療して早く治るというものではありませんが、骨盤、肩、腕と体の基本から治していってもらったので慢性化していた肩こりや腕のしびれもなくなり、元気になれた気がします。

痛みを何とかしたいならキツイ痛み止めを大量に投与すれば治るでしょう。

でもそれは治療ではないと思います。治療して症状をよくするのは当たり前のことです。

本当の治療とは

再発を予防して好きなことを好きなだけできるカラダ作りをすること。

それには少し時間がかかるかもしれません。でも長い目で見れば健康を維持するのに最も効率のよい方法だと思っています。

今回のYさんにも喜んでもらえました。

最後に

今回は、手術を考えていたバネ指が改善した患者さんの声を紹介しました。

リズム鍼灸院で行っているバネ指の施術期間は平均3ヵ月です。これを長いと考えるか短いと考えるかはそれぞれですが、決して治らない症状ではないことを分かって頂きたい。

バネ指でお困りの方は手術をする前にぜひ一度ご相談ください。きっとお役に立てると思います。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です