beeki / Pixabay

Pick up!▼

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


寒いのが苦手な人はこの時季はカイロのお世話になっているんじゃないでしょうか。お腹や腰に貼ったりポケットに入れておいたり。


からだの中で一番冷えやすい場所は足の裏なので足の裏にカイロを貼る人も多いと思いますが、そんな中患者さんからよく聞くのが「あんまり足が温かくならない」「熱すぎて火傷しそうになった」という内容です。

こんなことが起こるのはカイロの使い方が間違っているからなんですが、足裏のカイロって普通のカイロとはちょっと使い方が違うんですよ。


そこで今回はカイロを正しく使ってもらって冷え性を解消してもらえるよう、足裏カイロを使うときに知っておきたいポイントを紹介していきます。


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

足裏カイロを使うときに知っておきたい5つのポイント

それではさっそく足裏カイロを使うときに知っておきたいポイントを紹介していきますね。


  1. 足裏カイロは靴下の上から貼る
  2. 足裏カイロは揉まない
  3. 足裏カイロは靴を履くとき以外は使わない
  4. 足裏カイロは寝るときには貼らない
  5. 足裏カイロは足が冷たすぎると温まらない

以上の5つになります。

それでは一つずつ詳しく解説していきましょう。

1.足裏カイロは靴下の上から貼る

みなさんよく分かっているとは思いますが、一応確認しておきますね。足裏カイロだけじゃないんですが、カイロって皮膚に直接貼ったらダメですからね。


当然です、火傷しちゃいますよ。


ただし「温熱シート」と呼ばれる商品の中には直接皮膚に貼っていいものもあります。でも「カイロ」は絶対ダメですからね。


それともうひとつ注意してほしいことは足用カイロは他のカイロと違って、


  • 靴下に貼るタイプ
  • 靴に入れておくタイプ

この2種類のタイプがあります。

このうち特に靴に入れておくタイプで、カイロを靴に入れたまま裸足で履くともれなく火傷しますから気をつけてください。

2.足裏カイロは揉まない

カイロが温かいのは中に入っている鉄と酸素が触れ合うことで発熱するからです。だからカイロを温めるのに揉んだり振ったりしますよね。


でも足裏のカイロは元々靴を履いたまま使うことを前提に作られているので、普通のカイロに比べて酸素が少ない状態でも発熱するようにできています

靴の中で酸素が少なくても発熱できるためにです。


そのためあまり揉みすぎると酸素にたくさん触れてしまうため、かえって熱くなりすぎることがあるので注意が必要です。


※逆にカイロが全然温かくならないという場合は少し揉んでみてください。くれぐれもやりすぎないように。

3.足裏カイロは靴を履くとき以外は使わない

これは「靴下に貼るタイプ」の足裏カイロだけですが、靴下に貼るタイプのカイロって靴を脱いだ後も足の裏にカイロを貼ったまま生活する人がほとんどです


でもこれだと先ほど『2』で説明した『酸素に触れて熱くなりすぎる』可能性が出てきます。基本は靴を履いたまま使うものなので。


こうならないよう靴を脱いだあとは靴下を履きかえるか、スリッパをはいて酸素に触れないようにしてもらった方がいいですね。

4.足裏カイロは寝るときには貼らない

これも理由は『3』と一緒です。

足裏にカイロを貼ったまま寝ると酸素に多く触れてしまいますからね。しかも寝てる間って意識もないから熱さも感じにくくなっているため大変危険です。


足裏カイロで低温火傷を起こすパターンで一番多いのがコレです。

5.足裏カイロは足が冷たすぎると温まらない

患者さんを治療しているとたまに足が氷のように冷たい人がいます。「冬場のコンクリートを触ってるような感じ」とでも言うと分かりやすいでしょうか。

こういう患者さんからよく聞くのが「カイロが全然温かくならないんです」っていう話。


どうやら足が冷たい人ほどカイロが温まらない傾向があるようです


これは僕の予想なんですが、カイロの熱を持続させるにはある程度からだの熱を必要としているんだと思います。そうでないと極端な話その辺にカイロを投げておけばドンドン熱くなるはずです。


でも実際はまだ使えるカイロでも肌に触れていなければ冷たくなっていきます


つまりカイロは熱を発生させるが、からだの熱も利用しながら持続した温かさを保っている。ということじゃないかな。


ですので、そもそも足の裏が冷たい人に足裏カイロは効果うすいです。


足の裏が冷えている人は、自分から熱を作り出せないので外から熱を加えてあげないといけません。お風呂、コタツ、足湯、どれもカイロより温める力が強い方法です。足が冷たすぎる人はこっちをもっとやってみてください。


ちなみに足が冷えてたまらない人にはこれが最強だと思います。


冷え性が気になる方はこちらの記事も。

参考 ⇒ 間違いだらけの冷え性改善!知らないと損する間違った冷え性の改善方法6選


※約半年前から毎年足にしもやけのできる患者さんの冷えとり治療をしていました。その患者さんが今年の冬はしもやけにならず「足のカイロが温かく感じてきた」と仰っていました。このことから『5』の予想が間違っていないと確信しました。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、足裏カイロを使うときに知っておきたいポイントを紹介しました。もう一度ポイントを整理しておきます。


  1. 足裏カイロは靴下の上から貼る
  2. 足裏カイロは揉まない
  3. 足裏カイロは靴を履くとき以外は使わない
  4. 足裏カイロは寝るときには貼らない
  5. 足裏カイロは足が冷たすぎると温まらない

以上5つのポイントを守れば足裏カイロを使って冷え性の解消ができるでしょう。ぜひ参考にしてがんばってください。


ではでは。


スポンサーリンク


『ブログ』を見てご連絡いただいた方は初回治療費を割引しています。この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ↓↓

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中