冬休み明けに体調を崩さないポイント

リラクゼーションサロンと治療院の違いとは?について簡潔に説明します!

みなさん、リラクゼーションサロンと治療院の違いって分かります?

今はほとんど言われることはありませんが、僕が以前働いていた鍼灸整骨院ではよく「ここ揉んでくれ」とか「もうちょっと(治療を)やってくれ」なんてことを患者さんから言われていました。

いや、リラクゼーションサロンじゃねーから(心の叫び)」当時はこんなふうに思っていましたがよくよく考えると、患者さんは僕の働いていた鍼灸整骨院を「治療院」じゃなく「リラクゼーションサロン」だと勘違いしていたんだろうな。と今では思います。

ひょっとしたらあなたもリラクゼーションサロンと治療院の違いをよく分かっていないんじゃないでしょうか。

リラクゼーションサロンと治療院には明確な違いがあります。どちらも効果が期待できるものですが、2つを間違えて受けてしまうと患者(お客)さんにメリットはありません。ガッカリするだけです。

このようなミスマッチが起きないように、今回はリラクゼーションサロンと治療院の違いについて簡潔に説明していきます。

ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!

リラクゼーションサロンとは?

リラクゼーションサロン

まずはリラクゼーションサロンについて簡単に説明していきます。

リラクゼーションサロンを定義づけすると、『肉体的・精神的な緊張をほぐしてリラックスさせることを目的とした施術を行う場』になるでしょうか。

ポイントは「リラックス」ですね。リラクゼーションサロンはリラックスするために行くところです。

これと似たものに「エステサロン」がありますが、こちらは『美容を目的とした施術を行う場』になりますね。

だってエステサロンは必ずしもリラックスできるものばかりじゃないですよね、むしろ痛みを伴うものも多いですから。

MEMO
痩身、脱毛、まつ毛パーマ、キャビテーション、エンダモロジー、セルライト、フェイシャルといった美容目的のものは全て「エステサロン」で行います。

リラクゼーションサロンの特徴

リラクゼーションサロンはリラックスを施術の目的としていますが、その方法は様々です。

リラクゼーションサロンの施術
  • オイルマッサージ
  • リンパマッサージ
  • 岩盤浴
  • 酸素カプセル
  • 指圧マッサージ

このような施術によってリラックス効果を高めていくのがリラクゼーションサロンですが、ここで治療院とリラクゼーションサロンを分ける大きな違いがあります。

その違いは施術を受ける側に施術内容の選択権があるということです。

例えば、「オイルマッサージ30分コースでいいや」とか「今日は疲れてるから120分コースで」といったように、お客さんの好きなように施術内容を決めることができるんです。

これがリラクゼーションサロンの特徴になります。

治療院とは?

マッサージ

一方治療院とは、からだの不調を改善させるところであり、その目的はリラックスではなくからだの不調を取り除くことになります。

そして治療院として業務を行うためには主に以下のような資格が必要になります。

治療院に必要な資格
  • はり師・きゅう師
  • 柔道整復師
  • 整体師
  • あん摩マッサージ指圧師
  • カイロプラクター
  • リフレクソロジー
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 気功
  • アロマテラピー
  • セラピスト

このような資格をもった施術者がからだの不調を改善させるのが治療院です。

治療院の特徴

それでは治療院の特徴について考えていきます。先ほどリラクゼーションサロンの特徴を『お客さんの好きなように施術内容を決めることができる』と説明しました。

では、治療院の特徴とは何でしょうか?

治療院の特徴、それは施術者が施術内容を決めることだと僕は思っています。これがリラクゼーションサロンと全然違うところですね。

どういう意味か、病院で例えてみましょう。

ある日あなたは急にお腹が痛くなり近くの病院へ駆け込みました。受付を済ませ待合室でしばらく待っていると名前を呼ばれたのであなたは診察室に入ります。

中に入ったあなたはいきなり先生に「お腹が痛いんで内視鏡の手術お願いします」と言うでしょうか?あるいは「○○製薬の薬を処方してください」と言うでしょうか?

絶対言いませんよね。

病院ではからだの専門家である医師が、あなたの話す内容やからだの状態を診て症状を判断し、そのあと治療を行ったり薬を処方しますよね。あなたは最初から最後まで医師にすべてお任せするはずです。

治療院で行うこともこれと同じで、あなたのからだの状態を僕たち施術者がしっかりと診て判断し、最適な施術を行っていきます。

これが『施術者が施術内容を決める』ということで、治療院の特徴になります。

まとめ

今回は、リラクゼーションサロンと治療院の違いについて簡潔に説明しました。

リラクゼーションサロン
  • リラックスするところ
  • お客さんの好きなように施術内容を決めることができる
治療院
  • からだの不調を改善させるところ
  • 施術者が施術内容を決める

僕が患者さんに「ここ揉んでくれ」とか「もうちょっと(治療を)やってくれ」と言われたのは、この2点が曖昧で治療院としてのポジショニングができていなかったからです。

こういう患者さんは本当ならリラクゼーションサロンに行った方が満足度は高かったかもしれません。自分の好きなようにやってもらえますからね。

あなたがからだのケアをしようと思ったとき、どこに行けばいいのか迷った際の参考にしてください。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です