ギックリ腰になる本当の原因この2つだけ知っておけばいい!

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


ギックリ腰になったことってあります?
ボクは幸いなことにないんですけど。あれ。メチャクチャ痛いんですよ。

でも、何でギックリ腰が起こったのか?その原因がはっきり分かってる人って少ないんじゃないでしょうか?そのせいで、毎回同じ痛みを繰り返している人が本当に多い。
これじゃダメですよね。

そのために、まずはギックリ腰の原因を知っておく。ってことが大事になってきます。

原因が分からないと、予防や治し方もまるっきり的外れになってしまいますからね。

そこで今回は、今までギックリ腰になったことはないボクですが、治療する中でたくさんのギックリ腰の患者さんを治療してきた経験から分かった。ギックリ腰にならないために知っておきたい「ギックリ腰の本当の原因」を解説します。


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

ギックリ腰ってなに?

そもそもギックリ腰って何でしょう?

ギックリ腰は急に出てきた強い腰痛のことで、病院でつけられているちゃんとした病名ではありません。あくまで俗称です。
その原因はレントゲンを撮っても分からないことがほとんどです。

たまに「ヘルニアがある」とか「骨と骨の間が狭いから」という理由で痛みが出てると言われることもあるけど、レントゲンではっきりと原因の分かる腰痛は全体の15%とも言われています。

残りの85%は原因の分からない腰痛と言われ、ギックリ腰もこの中に含まれています。

ギックリ腰の原因のほとんどは、腰そのものが問題じゃないということです。

じゃあ、一体何が原因なんでしょうか?

説明していきますね。

ギックリ腰の原因は「筋肉の硬さ」と「仙腸関節」

ズバリ!ギックリ腰の原因は「筋肉の硬さ」と「仙腸関節」です。

あっ、先に一つ説明しておきます。
「筋肉の硬さ」っていうのは腰以外の別の場所の筋肉のことを言ってます。

ちょっとややこしいですよね。
腰の筋肉の硬さはギックリ腰にあまり関係ありません。それ以外の筋肉の方が大事です。ってことです。(後ほど詳しく説明します)

ギックリ腰は「筋肉の硬さ」と「仙腸関節」、大体この2つが原因で起こっています。

なぜそこまで言い切っちゃうのか?

それはボクが実際にこの2つを意識してギックリ腰の治療をしているからです。実際にやってるから自信持ってます。もちろん結果も出て良くなっているのでお話ししています。

その経験から、ギックリ腰の原因には「筋肉の硬さ」と「仙腸関節」が深く関係していると分かってきました。

それじゃあ次に、「筋肉の硬さ」と「仙腸関節」について詳しく解説していきます。

筋肉が硬いとギックリ腰になる?腰以外の筋肉が原因ってなに?

それを理解するために、まずはギックリ腰になった時、「筋肉に一体何が起こっているのか?」について考えていきます。

ギックリ腰になったとき筋肉はどうなってるのか?

ギックリ腰になった時って筋肉は硬くなってます。でも、その硬くなった筋肉というのは腰の筋肉じゃないんです。

腰を前に曲げる時(前屈)のことを思い出してください。
この時、腰の筋肉と一緒に「首の後ろ」「背中」「お尻」「太ももの裏」の筋肉も一緒に伸びてますよね?

からだの裏の筋肉が全部キレイに伸びて、初めて腰は前に曲げることができるんです。

腰の筋肉だけ使って曲げてるわけじゃないんですよ。

だからギックリ腰になった時に、「腰が痛くて前に曲げられない」っていう人は、今言った「首の後ろ」「背中」「お尻」「太ももの裏」のどこかに筋肉の硬さがあります。(全部の場合もありますよ)

その硬くなった筋肉が伸びてくれないせいで、腰が上手く動かせてないんです。そこをムリに動かそうとすると痛みが出ます。

腰が痛くて真っすぐにならない人は?

ちなみに、「からだを真っすぐ起こすことができない」ギックリ腰のタイプは、からだの表の筋肉「お腹」「太ももの表」「胸」の筋肉が硬くなってます。

筋肉の硬さを引き起こす3つの生活習慣

じゃあ次は、この筋肉が硬くなりやすい3つの生活習慣を説明していきます。

1.運動不足

ギックリ腰になる本当の原因この2つだけ知っておけばいい!


ジッとしてると筋肉は段々と硬くなっていきます。運動不足が毎日続くと筋肉の柔らかさはなくなります。

それでも若い間は筋肉の柔軟性も高いからそんなに心配いりません。でも、30歳を超えた辺りから放っておくと筋肉はどんどん硬くなる一方です。

「昔はからだ柔らかかったのにな~」という声、よく聞きます。ちょっと危険信号です。

2.冷え

ギックリ腰になる本当の原因この2つだけ知っておけばいい!


誰でもそうだけど、からだって冬は寒くて緊張して縮こまったり、夏は暑くてダラ~とすると思います。
これはそのまま筋肉にも当てはまります。

  • 冷えると縮こまって硬くなる。
  • 温かいとダラ~として緩む。

だから、筋肉を硬くさせたくないと思ったら冷えたら絶対ダメです。

気になる方はこっちを見てね。<あなたは大丈夫?意外と多い冷え性の間違った対策6選>

3.姿勢

ギックリ腰になる本当の原因この2つだけ知っておけばいい!


立つ、座る、寝る。

色んな姿勢がありますよね。特に大事なのがジッとしてる時の姿勢。

この時にからだを歪ませていると、筋肉に余計な負担がかかってきます。
よくあるのが、

  • 足を組む
  • 横座り
  • 胡坐(あぐら)
  • 椅子に浅く腰をかけて座る
  • うつ伏せや横向きで寝る
  • 片方に重心を乗せて立つ

こっちに詳しく書いてあるよ。<3つ以上当てはまる人は要注意!骨盤のゆがみを作る6つの姿勢>

デスクワークの人は「座ってるから腰は大丈夫」って思うかもしれないけど、そんなことはない。だって背中や首の筋肉が硬くなっても、ギックリ腰にはなるからね。

仙腸関節の動きが大事

ギックリ腰のもう1つの原因、仙腸関節について説明します。
あんまり難しくすると全然面白くないからなるべく簡単に。

仙腸関節ってどこ?

ギックリ腰になる本当の原因この2つだけ知っておけばいい!


仙腸関節は骨盤っていうお尻の骨のちょっと上の方にある関節です。

右と左に1つずつあります。

仙腸関節の役割ってなに?

仙腸関節はほんの少しだけしか動かない関節なんです。

だけど少しだけ動くことで、体重を支えるクッションの役割になったり、からだの動きに遊びを作ってスムーズに動かすといった役割を持っています。

仙腸関節が動かなくなるとどうなるの?

  • 体重が支えられなくなってしまって、筋肉や関節にダメージ。
  • からだの動きがスムーズじゃないから、動けば動くほどからだに負担がかかる。

仙腸関節は腰の骨よりもはるかに体重を支えている。
だからここがダメになると一気にからだはバランスを崩してしまいます。ものすごく大事な場所なんです。

ギックリ腰になってる人の多くは、この仙腸関節の動きが悪くなってる。なので、ここの動きを良くすると痛みがかなり楽になります。


スポンサーリンク

まとめ

ギックリ腰を防ぐのはそんなに難しいことじゃありません。

原因をしっかり理解して、そうならないように対処していけばいいだけです。

今回紹介したギックリ腰の本当の原因、「筋肉の硬さ」と「仙腸関節」は2つとも日頃の生活を少し見直せば何とかなるものばかりです。
仙腸関節の対処法はこれを見てね。<3つ以上当てはまる人は要注意!骨盤のゆがみを作る6つの姿勢>

あなたもこの機会に、ギックリ腰にならないようなからだ作りを目指してはいかがでしょうか。


ではでは。


スポンサーリンク


ただいま、WEB限定で初回治療費がおトクになっております。
この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ