バネ指は治ります!手術を考えていたほどのバネ指が治療で改善した患者さんの声!

Pick up!▼

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


女性を中心に多くの方が悩んでいる「バネ指」や「腱鞘炎」といった手の痛み。

整形外科へ行く人がほとんどでしょうが、薬や湿布を出されるだけで特にこれといった治療はしてもらえず、最終的には手術を勧められて悩んでいる人が多いんじゃないでしょうか。

そんなバネ指ですが、世間一般に鍼灸や整体の施術がバネ指に効果的なことはあまり知られていないようでとても悲しいです。

僕も得意としている症状の一つなんですけど、バネ指で来院される患者さんってホントに少ないんですよね。施術すればほとんどのケースでよくなりますから、これはもう少し知ってもらう必要があるなと思った次第です。


そこで今回は、バネ指の一般的な治療法と手術を考えていたほどのバネ指が当院の施術で改善した患者さんのケ-スを解説を交えながら紹介していきます。


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

バネ指の原因と症状について

まずはバネ指の原因と症状についてサラッと説明しておきます。

バネ指は「腱鞘炎」の症状のひとつで、指にある腱が炎症を起こして指がスムーズに動かなくなるのが特徴です。


腱鞘炎ってなに?という方こちら↓の記事に詳しく書きました。

関連:🔗「腱鞘炎」「手根管症候群」「バネ指」3つの違いを原因と症状別でまとめて解説するよ!

バネ指の原因

手を握ると指の関節が痛い病名の解説

参考:ばね指(弾発指)|日本整形外科学会


上の図を見てください。

これは「指の骨」とそれを動かす「腱(けん)」を表した図になります。指は「腱」っていう紐みたいなものに引っ張られることで動いているんですよ。

そして紐のような「腱」はブラブラして指から離れないように「靭帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)」というベルトのようなもので上から押さえられています。

指を動かすとき普通は「腱」がこの「靭帯性腱鞘」の中をスムーズに動きますが、図の右のように「腱」にコブ※ができて引っかかってしまうことがあるんです。

すると指を伸ばそうとしてもコブが引っかかってしまって伸ばすことができなくなります。そして引っかかったコブが「靭帯性腱鞘」を通過したとき、急に指がバイーンとバネのように伸びることから、この症状を「バネ指」と呼んでいます。


※正確にはコブではなく、「滑膜性腱鞘」が「靭帯性腱鞘」で撓む(たわむ)ために引っかかるんですが、難しいので「コブ」と表現しています。

バネ指の症状

バネ指で患者さんがよく訴える症状には以下のようなものがあります。


  • 指の付け根の痛み
  • 指の付け根の腫れ
  • 指の付け根の熱感
  • 明け方に症状が強くなる
  • 指を伸ばそうとすると引っかかりバネのように急に伸びる

バネ指は腱鞘炎の症状のひとつですから上に挙げた症状は「腱鞘炎」と同じものになりますが、最後の「指に引っかかりが出る」だけは「バネ指」固有の特徴になります。

バネ指の治し方

それではバネ指の治し方を当院の施術で改善した患者さん(Tさん)のケ-スを使って説明していきます。

手術を考えていたほどのバネ指が改善した患者さんの声

バネ指は治ります!手術を考えていたほどのバネ指が治療で改善した患者さんの声!

左手指、人差し指と薬指がバネ指でまげる事が出来ず、少しふれると痛みがあり不自由であったため


今回ご紹介する患者さん(Tさん)、若いころから事務で指先を使う仕事が多かったようで昔からよく腱鞘炎になっていたそうです。

来院の3ヶ月ほど前から突然左の人差し指と薬指が曲がらなくなったそうで、整形外科でバネ指と診断されたみたいですね。


バネ指の特徴的な症状は先ほど紹介しましたね。

  • 指の付け根の痛み
  • 指の付け根の腫れ
  • 指の付け根の熱感
  • 明け方に症状が強くなる
  • 指を伸ばそうとすると引っかかりバネのように急に伸びる

Tさんもこの症状に見事に当てはまっており、病院では手術をするしかないと説明されて相当悩んでおられるようでした。


▼これはTさんがはじめて来院されたときのバネ指の状態です。人差し指と薬指の痛みでほかの指も曲げることができませんでした。
バネ指は治ります!手術を考えていたほどのバネ指が治療で改善した患者さんの声!


▼一回目の施術後の状態です。一回でかなり曲がるようになったでしょ。
バネ指は治ります!手術を考えていたほどのバネ指が治療で改善した患者さんの声!

バネ指の一般的な治療法

整形外科にて赤外線治療、診察で痛みが強くなれば外科的治療をと言われた。

数回治療しましたがこんな治療では治らないと思って手術を受けないとだめだと覚悟していた。


バネ指で整形外科を受診すると一般的な治療法として、


  1. 赤外線治療
  2. 湿布
  3. 鎮痛剤
  4. 痛み止めの注射
  5. 手術

↑このように1~5の順番で治療がすすんでいくんですが、残念ながらどの治療も根本的な原因にアプローチできていないので治らないんですよね。

上に挙げた治療は痛みの出ている場所に対して行いますが、バネ指の原因って指じゃなくて指を動かしている腕の筋肉の使い過ぎが原因なんですよね。

だから腕の筋肉を施術しておかないと、いくら手術で指が動くようになったとしても症状が再発しやすいんです。Tさんも手術受ける前に来てもらってホントによかったです。

バネ指の治し方

リズム様にお世話になりバネ指だった指が動く様になり、外科的手術をしなくて良くなり感謝です。

頚椎も具合が悪く肩甲骨もゆるめて頂いています。まだまだ現在治療中ですが、症状が進んでいかない様にと思います。


バネ指は「腕の筋肉の使い過ぎが原因で起こる症状」と説明しましたが、だからといって腕だけ施術すればいいというワケじゃありません。

腕を使うには肩の動きが、肩を動かすには肩甲骨の動きが、肩甲骨を動かすには背骨の動きが、背骨には骨盤の歪みが、というように腕を使うにしてもそこには全身の動きが関係しています。

なのでからだのどこかに問題があればそれが回りまわって指先にまで痛みが出るなんてことも起こり得ます。だからどんな症状でもからだ全体をキッチリ診ていかないといけないんですよね。


▼二回目の施術後です。まだ力は入りませんが動きはかなりよくなってますね。
バネ指は治ります!手術を考えていたほどのバネ指が治療で改善した患者さんの声!

バネ指は治らない症状ではありません

整体で治るとは正直思っていませんでした。

先生には健康に関する悩みも聞いて頂き又親切に対応して頂き感謝です。治ると信じて治療して頂くことは大事かなと思います。


バネ指や腱鞘炎で来られた患者さんはみんなこう言います。


「まさかこんなによくなるなんて」


でも原因さえハッキリ分かれば時間はかかるかもしれませんが、バネ指に限らずどんな症状でも必ずよくなるから安心してください。

このブログをご覧いただいているあなたやあなたのご家族、ご友人、職場の同僚に「バネ指」や「腱鞘炎」で悩んでいる方がいらっしゃれば一度僕にご相談ください。

必ず力になれますから。

ただし、どんな症状でもそうですが一回の施術でスッキリ治るなんてことはありません。必ず継続した施術が必要になります。

その点をご理解いただける方のご来院をお待ちしております。


▼施術13回目の様子です。指に力が入っているのが分かると思います。痛みもほとんどありません。
バネ指は治ります!手術を考えていたほどのバネ指が治療で改善した患者さんの声!


スポンサーリンク

最後に

今回は、バネ指の一般的な治療法と手術を考えていたほどのバネ指が当院の施術で改善した患者さんのケ-スを解説を交えながら紹介しました。

バネ指や腱鞘炎は整形外科で治療するものだと思っている方が多いと思いますが、こんな症状こそ鍼灸や整体の方が効果的です。

この記事がそれを知ってもらうキッカケになってくれれば嬉しいです。

「バネ指」や「腱鞘炎」でお悩みの方はご連絡くださいね。


ほかにもこんな声をいただいています!

🔗患者さんの声
🔗リアルガチ!!患者様の声


ではでは。


スポンサーリンク

LINE@はじめました!

この記事を読んで疑問に思ったことや感想、普段不安に感じていることをぜひ教えてください。きっとあなたのお力になれると思います。


友だち登録はこちらから↓

友だち追加


詳細はこちら ⇒ LINE@はじめました!質問やご相談がある方は登録どうぞ


『ブログ』を見てご連絡いただいた方は初回治療費を割引しています。この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ↓↓

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中