「早く治る人」と「なかなか治らない人」の違いはどこにあるのか?

[ranking]

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


患者さんからよく「どれぐらいで治りますか?」という質問を受けることがあります。

そんなときはすでに症状の内容や生活習慣をしっかりと聞いていれば、これまでの経験からよくなるまでのおおよその施術期間をお伝えしています。

ブログの読者さんから LINE@ で質問されることもありますが、その場合はあくまで参考程度にお答えしてます。

ただし、似通った症状で来院された患者さんの中でも「早く治る人」と「なかなか治らない人」がいるんですよ。どんな症状でも。


その違いが何なのかまとめたので、今回はそれを紹介します。

自分の症状が「治りやすい」か「治りにくそうか」ひとつの判断材料にしてもらえればと思います。


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

早く治る人のタイプ

まず「早く治る人」のタイプですが、

特徴としては、


  • 年齢が若い
  • 運動の習慣がある
  • 症状が発生してからの期間が短い
  • 器質的な疾患がない

以上のようなものがあります。

これについてもう少し詳しく説明していきますね。

年齢が若い

10代と70代では治り方が違って当たり前です。

70代になれば誰でも腰が曲がったり、からだが硬くなったり、体力が落ちたりします。ほかにも骨や筋力が低下したり、内臓の働きが衰えたりなんかもありますよね。

からだの機能が落ちまくった高齢者と伸びしろのある若者では回復力も当然違います。

「若いときはこんな痛みすぐに治ったのに」とかよくありますが、違って当たり前なので気にしても仕方ないです。受け入れましょう。


ちなみに人の骨の強さは20歳、筋肉の強さは30歳をピークにあとはどんなに頑張っても緩やかに下降していきます。

特に骨は年をとってからどんなにカルシウムのサプリメントを飲んだり、注射を打っても強くはならないのでとても大事です。

【関連記事】
腰椎圧迫骨折の原因!?骨密度を上げる3つの方法で骨粗鬆症を予防せよ!

運動の習慣がある

もともとスポーツをやっている人やプロのアスリートだと年齢関係なく治りは早くなります。

運動の習慣がある人はない人よりも筋力が強く、


  • 血液の流れがスムーズ
  • 体温が上がる
  • 新陳代謝が活発になる
  • からだのバランスがいい

といったことが起こりやすいので、症状の治りを早くしてくれます。

症状が発生してからの期間が短い

症状が出るというのはからだの危険信号ですから、痛みを感じた時点でからだはかなり悪い状態だと言えます。

でもそれを「治るかも」とか考えて1ヵ月も2ヵ月も放っておけば、よくなるどころかドンドン悪くなります。一時的に痛みがなくなることもありますが、長い目で見れば確実に悪くなっています。

僕は姿勢が症状に大きく影響していると考えて施術を行っていますが、放っておいて姿勢がよくなる人なんていませんよね。むしろドンドン悪くなります。だから症状も放っておくとドンドン悪くなります。

なので症状が出てからできるだけ早く施術を開始した方が治りは早いです。

器質的な疾患がない

器質的な疾患がないというのは、ヘルニアや脊柱管狭窄症、膝の軟骨がすり減ってるといった患者本人に自覚はないがレントゲンやMRIで出てくる所見のことです。

病院では器質的な症状があると「年だから仕方ない」「うまく付き合っていくしかない」と言われることも多いですが、当院ではそういった器質的な疾患があっても関係ないと患者さんに説明しています。

【関連記事】
原因不明の腰痛の正体について!それ姿勢と内臓に問題あります


ただやっぱり異常がないのに越したことはありません。骨が曲がったり軟骨がすり減るってマイナス要素なので。

施術や生活習慣を見直したりでプラスの要素を増やせばよくなるんですが、やはり異常がないほうが早く治りやすいですよね。

なかなか治らない人のタイプ

次に「なかなか治らない人」のタイプになりますが、先ほどの「早く治るタイプ」と逆になるだけです。

つまり、


  • 高齢
  • 運動の習慣がない
  • 症状が発生してからの期間が長い
  • 器質的な疾患がある

以上のようになります。

ここまで読んでもらった人なら詳しく説明しなくても分かりますよね。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、症状が「早く治る人」と「なかなか治らない人」の違いを紹介しました。

もう一度まとめると、

早く治る人の特徴は、


  • 年齢が若い
  • 運動の習慣がある
  • 症状が発生してからの期間が短い
  • 器質的な疾患がない

で、なかなか治らない人はこの逆になります。


分かってもらいたいのは、年だから・骨が弱いから・何十年も痛いから・骨が変形してるから治らないなんてことは決してないというとこです。


「早く治る人」「なかなか治らない人」はいますが、その人のペースでよくなってるだけなので悩んでいるなら一度ご相談ください。

お役に立てることがきっとありますから。


ではでは。


スポンサーリンク

LINE@はじめました!

この記事を読んで疑問に思ったことや感想、普段不安に感じていることをぜひ教えてください。きっとあなたのお力になれると思います。


友だち登録はこちらから↓

友だち追加


詳細はこちら ⇒ LINE@はじめました!質問やご相談がある方は登録どうぞ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です