【猫背ストレッチ】タオルを使って簡単にできる方法を紹介【動画つき】

本日のお悩みはこちら

猫背が気になるんだけど、なんか簡単にできるストレッチないかな?

以前、猫背に効果的なストレッチを紹介しましたが、また良いのが見つかりました。

あわせて読みたい関連記事
【猫背ストレッチ】10秒で簡単に治す猫背改善ストレッチの方法

寝っ転がって肩の前や胸を伸ばしていくストレッチですが、タオル一つあれば簡単にできるので忙しい人はぜひやってみてください。

ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!

タオルを使った猫背ストレッチの方法

それではさっそく『タオルを使った猫背ストレッチの方法』を説明していきます。

用意するもの
  • 厚手のフェイスタオル1枚

タオルを使った猫背ストレッチ【手順】

猫背改善ストレッチの手順
  1. フェイスタオルを三つ折りにする
  2. 仰向けになって寝る
  3. タオルを肩甲骨の下に入れる
  4. 肘を90°に曲げてカラダの横に出す
  5. 反対の手で肩を押さえる
  6. そのまま10秒キープ

では順番に解説していきましょう。

STEP1
フェイスタオルを三つ折りにする

厚みのあるフェイスタオル

▲まずはフェイスタオルを用意してください。町内会とかで配られるようなペラペラのものじゃなく厚みのあるもので。


フェイスタオルを縦に半分に折り、それから三つ折りにして厚みを出します。

フェイスタオルを三つ折りにして厚みを出す

▲こんな感じでOKです。このタオルを使って猫背ストレッチをやっていきます。

STEP2
仰向けになって寝る

仰向けになって寝る

▲まずはベッドに仰向けになって寝てください。

STEP3
タオルを肩甲骨の下に入れる

タオルを肩甲骨の下に入れる

▲タオルを肩甲骨の下に入れます。上手く入れるコツは後ほど説明します。


もう一度仰向けに戻る

▲もう一度仰向けに戻りましょう。

STEP4
肘を90°に曲げてカラダの横に出す

肘を直角に曲げてカラダの横に出す

▲肘を90°曲げて肩の高さまで上げて。

腕は肩に対して水平に
腕は必ず肩に対して水平まで上げてください。肩より低い位置だとストレッチになりません。また肩より高く上げてしまうと肩の関節に負担がかかって痛いのでやめておきましょう。
STEP5
反対の手で腕のつけ根を押さえる

反対の手で腕のつけ根を押さえる

▲反対の手で腕のつけ根を押さえていきます。

軽く手を添えるぐらいで十分
押さえる手に力を入れる必要はありません。軽く手を添えるぐらいで十分です。肩を押さえるのはカラダの重心をタオル側に持っていってストレッチの効果を上げるためです。
STEP6
そのまま10秒キープ

そのままの体勢で10秒間キープして終了となります。

お疲れさまでした!

タオルを使った猫背ストレッチ【動画】

画像だと分かりにくいと思うので、一連の流れを動画にしてみました。

タオルを使ったテコの原理でストレッチするんですが、肩の前から胸辺りがグ~ッと伸びて痛いようならOKです。

タオルを使った猫背ストレッチのコツ

次に『タオルを使った猫背ストレッチのコツ』を紹介します。

ストレッチはなるべくリラックスした状態で行うのが基本になります。

あわせて読みたい関連記事
ストレッチの効果を劇的に上げる方法!プロが教える5つのポイントストレッチの効果的なやり方!プロが教えるストレッチの効果を劇的に上げる方法

肩甲骨の内側とは?

肩甲骨の場所

赤い線で描いているのが肩甲骨がある場所です。

肩甲骨の内側にタオルを滑り込ませる

この肩甲骨の内側にタオルを滑り込ませてください。

注意

肩甲骨の外側に入れてしまうと支点がずれてストレッチが弱くなります。背骨と肩甲骨の間がベストです。

タオルを使った猫背ストレッチが効果的なワケ

今回紹介した猫背ストレッチがなぜ効果的なのかサクッと説明しときますね。それでは、猫背の姿勢と正しい姿勢を比べてみましょう。

キレイな姿勢

▲キレイな姿勢

猫背の姿勢

▲いわゆる猫背の姿勢

比べると姿勢の違いがよく分かると思います。猫背の姿勢は、頭と肩の位置がカラダに対して前に出ているのが分かりますか?

猫背になると背中が丸まって肩の前と胸の筋肉がちぢこまって硬くなります

この筋肉が硬いままだと猫背が治らないんです。

だから今回紹介したようなストレッチで肩の前と胸の筋肉を伸ばすと効果的なんです。

まとめ

今回は、タオル一つあれば簡単にできる猫背ストレッチを紹介しました。

猫背はまず普段の姿勢を気をつけることが大事ですが、ストレッチを加えて硬くなった筋肉を緩めると改善までがグッと速くなります。

ぜひやってみてください。

普段の姿勢が気になる方はこちら
肩こりの姿勢を矯正!肩こりの原因になる姿勢と改善法を紹介姿勢を良くする方法!肩こりの原因となる姿勢とその改善法を紹介

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です