筋トレなし!?腹筋を鍛えるにはランニグだけで十分!その理由を教えちゃうよ

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


お腹周りの脂肪って気になりますよね?年齢とともに基礎代謝は落ちてくるので、放っておくとからだにはドンドン脂肪がつきやすくなります。

特に男性も女性も気になるお腹のぜい肉。このお腹の脂肪は「一番最初について一番最後まで取れない」と言われるほど厄介なやつです。


その厄介なお腹の脂肪をなくしてスリムになる、あるいは腹筋を割るためには当然腹筋を鍛える必要があります。そのための鍛え方、僕は患者さんにも筋トレガシガシじゃなく、ランニングをおすすめしています。


今回は、腹筋を鍛えるのにランニングだけで十分な理由を解説していきます。ちなみに僕もランニングだけでお腹を引っ込ませることに成功したんですよヾ(゚∀゚ゞ)


ランニングの方法はこちら。
参考 ⇒ ランニングだけで腹筋を鍛える!走り方のコツとその理由を解説

ランニングが続かないとお悩みの方。
参考 ⇒ ランニングが続かない人の特徴について8つほど紹介するよ


スポンサーリンク

腹筋を鍛えるのにランニングだけで十分な理由

もともと腹筋は割れてるから

もともと腹筋は割れてるから


上の図はからだの表面の皮膚をベリッとめくったものですが、見ると腹筋は縛られたボンレスハムのように分かれており、すでに※シックスパックになって盛り上がっているのが分かります。太っている人はその上に脂肪が乗っかっているため見えないだけです。

※シックスパック:割れ目の見える腹筋のこと


そうです、腹筋はもともと老若男女だれでも割れているんです。座る、立つ、歩く、全ての動作に腹筋の力が必要です。だからそれができているあなたには十分に腹筋がありますから、必死で鍛える必要はないんです。

腹筋を鍛える=「見た目」が大事

腹筋を鍛える=「見た目」が大事

sergemonami / Pixabay

腹筋を鍛えるうえで最も重要視しないといけないことは、「見た目」です。


いくら体重や体脂肪率が減っても「見た目」が変わらないとあなた自身納得しないんじゃないでしょうか。「見た目」というのは腹筋を鍛える大きな理由のひとつです。

そして見た目を変えるためには腹筋を鍛えあげるよりも、脂肪を減らす方がはるかに短期間で簡単にできます。だって腹筋はすでに割れてますから。ギリギリまで脂肪を落としてやればイヤでも腹筋は目立ってきます。


むしろ腹筋をいくら鍛えて大きくしたところで、脂肪が残ったままだと目立ちません。相撲取りの腹筋が割れていないのはこの理由からです。


だから筋トレを一生懸命して筋肉をデカくするよりも、ランニングでお腹の脂肪を減らすことの方が大事です。さらにランニングは腹筋だけじゃなく全身を鍛えられますから、からだ全体のラインもキレイになりますしね。


ただし、格闘家のようなボコボコと盛り上がった腹筋を手に入れたいと思っているなら、ランニングだけじゃ不可能です。あれはもともとの腹筋の大きさではないので、鍛えて大きくしてやらないとあんなふうにはなりません。

どんなイメージを持つかによって変わる

腹筋を鍛えるといっても、どんなイメージを持つかによってランニングだけでいいのか、筋トレが必要なのかは変わってきます。

こんなのを目標にしてるなら、ランニングだけじゃムリなのは分かりますよね。お腹周りの筋肉が気になっている人で、いきなりここまでぶっ飛んだ目標の人はいないと思いますが。簡単にクリスティアーノ・ロナウドのような腹筋にはなれませんよ。

↑ここまでじゃなくてもお腹のぜい肉がシェイプアップされて、あわよくば腹筋がうっすらと見えてくれれば十分嬉しいんじゃないでしょうか。

それなら筋トレは不要です。まずはランニングだけに集中した方が最短で目標に到達します。

筋トレが役に立たないわけじゃない

筋トレが役に立たないわけじゃない

skeeze / Pixabay

タイトルでは【筋トレ不要】と書きましたが、もちろん筋トレが役に立たないわけじゃありませんからね。筋トレは健康を維持するうえでとても重要なものです。


基礎代謝を上げたいなら、筋肉の量を増やす意味でも筋トレは必須のものでしょうし、筋トレ自体かなりのカロリーを消費するためダイエットにもなります。

そういう意味では筋トレも腹筋を鍛えるには有効です。ですが必ずいるかと言えば、やらなくていい人もいるでしょう。お腹を引っ込ますだけなら必要じゃありません。


それに筋トレは効果が出るまでにかなりの時間がかかります。効果とは「見た目」の変化のことです。半年や一年はかかるでしょう。この点ランニングの方が有酸素運動で脂肪の燃焼は早いですから、変化を感じやすいと思います。

そして筋トレは辛い。基本、筋肉に負荷をかけないといけないから苦しい。これをガマンしてまで続けることは僕にはできませんでした。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、腹筋を鍛えるのにランニングだけで十分な理由を解説しました。

腹筋を鍛える意味は「見た目」を変えることです。そのための最短ルートは筋トレよりもランニングです。

ただし、ランニングにも腹筋を鍛える効果的な走り方があります。それはこちらの記事にか書いてあるのでどうぞ。

>>ランニングだけで腹筋を鍛える!走り方のコツとその理由を解説

ちゃんとやれば必ずお腹は引っ込むのでがんばりましょう。


ではでは。

スポンサーリンク



現在『小顔矯正』のモニターにご協力いただける方を大募集しております。興味のある方こちらをどうぞ↓

【小顔矯正モニター大募集!】からだの歪みを整えて小顔になるチャンス!!


ただいま、WEB限定で初回治療費がおトクになっております。
この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ