janeb13 / Pixabay

Pick up!▼

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


一言に腰痛と言っても色んなタイプがあります。腰痛のタイプで分かりやすいものの中に、どう動いたら腰に痛みが出るのか?というものがあります。

例えば、「前には曲げれるけど後ろには反らせない」とか「右には倒せるけど左には倒せない」など。もちろんどう動かしても痛い場合もあります。でもだいたいの腰痛は、痛みの出る動きが限定されているケースが多いです。


今回はその中でも、「後ろに反らすと痛みの出るタイプの腰痛の原因と解消法」を解説していきます。タイトルで答えが出ているなんてことは気にせず読んでください。


ほかの腰痛のタイプについてはこちらの記事でまとめています。

スポンサーリンク

腰を後ろに反らすと痛みが出る腰痛の原因

原因を解説する前にまず言っておきたいんですけど、ヘルニアや坐骨神経痛があると必ず腰痛が出るわけじゃないですからね。

よく腰痛の患者さんから、「病院でヘルニアって言われました」っていう話をされますが、どうでもいいです。痛みが出ることとヘルニアにはあまり関係はありません。

こんなこと言うとアレですが、腰痛の診断にレントゲンやCTの検査なんてあんまり意味ないですからね。調べても腰痛の原因なんてほとんど分からないみたいなんで。

85%の腰痛がなぜ原因不明とされるのか? 医者と患者はすれ違っている!?(Business Journal より引用)

なので、ヘルニアと診断された人が今から紹介する方法で腰痛がなくなったとしても、画像所見でヘルニアが治ってることはないです。ひとのからだはそんな単純じゃないです。

この辺の話はまた別の機会に書きます。

腰を後ろに反らすとからだの表の筋肉が伸びる

腰痛(後屈)


上の画像を見てください。腰を後ろに反らすと、赤の矢印部分(お腹、太ももの前)の筋肉が引き延ばされます。もっと細かく言うと、胸、首の前も伸びるんですが、大きく関係しているのはお腹と太ももの前の2ヵ所です。


これを見てもらうと分かると思うんですが、からだの表の筋肉が伸びることではじめて腰って後ろに反れるんです。

このときお腹と太ももの2ヵ所の筋肉がガッチガッチだと、いくらがんばろうが腰を反らすことはできません。それどころか伸びない筋肉を無理やり伸ばそうとして、腰に余計な力がかかると痛みが出ます。これが腰を後ろに反らすと痛む原因です。


楽に腰を反らそうと思ったら、からだの表の筋肉を緩めてやればいいんです。

腰を真っすぐにできない腰痛も原因は同じ

上の画像では腰はまだ反れていますが、キッツイ腰痛だと痛くて反ることができない、もしくはからだを真っすぐ起こすこともできなくなります。でも基本これも原因は同じです。

お腹と太ももの前の筋肉がものすごく緊張して縮こまってしまうと、伸ばそうと思ってもほとんど伸びなくなります。すると腰にかかる負担も大きくなって、からだが起こせなくなるほどの腰の痛みを引き起こします。ギックリ腰にもこのタイプがあります。

なのでそこを緩めてやるとビックリするくらい良くなるんですよ。


▼上の患者さんの治療後です。さっきよりも腰が反ってるでしょ?
腰痛(後屈)

なんでお腹や太ももの筋肉が硬くなるのか?

じゃあなんでこんなにお腹や太ももの筋肉が硬くなってしまうのか?それには一人ひとり違った理由があるからはっきりと「これが原因だ!」とは言えません。

たとえば、長時間のデスクワークが続いたり、しゃがむ姿勢、前かがみになる姿勢が多かったりなど色々です。でも普段の生活動作が丸まってれば丸まっている人ほど硬くなりやすい傾向はあります。

後ろに反らすと痛みが出る腰痛の解消法

このタイプの腰痛は、原因となる筋肉をストレッチしてやることで軽減します。今回はお腹と太ももの前ですね。今は痛くなくても予防のためにやってもらうのももちろんアリですからね。

やり方を動画で説明します。(注:音が出ます!)



【ストレッチの方法】

  1. 片方の膝は曲げて、もう片方は伸ばして座る
  2. ゆっくりからだを後ろへ倒していく(ムリはダメ)
  3. 曲げた方の太ももの表の筋肉が伸びていればOK

簡単でしょ。

このストレッチで直接お腹の筋肉は伸びないんですが、太ももをしっかり伸ばしてやることで間接的にお腹の筋肉も緩んできます。太ももとお腹の筋肉は繋がっていますからね。

ただしこのストレッチをやって腰に痛みが出る場合もあります。そんなときはムリして続けないでくださいね。余計に腰が悪くなりますから。


余談ですが、本来ストレッチをやるときは、二人一組で行うのが良いとされています。ひとりはダラ~ンと力を抜いて、もうひとりにストレッチをやってもらう。このやり方が効果的です。

ひとりでやるストレッチではどうしても自分のからだに力が入ってしまうため、筋肉に多少の負担がかかります。だからひとりでやる場合はあまりムリをしないで、腰が痛くてできないようなら治療院へ行って治療してもらう方がいいでしょう。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、「腰を後ろに反らすと痛みの出る腰痛の原因と解消法」について解説しました。

ポイントは

  • 腰を後ろに反らすとからだの表の筋肉が伸びる
  • お腹と太ももの筋肉が伸びないと腰は後ろに反らせない
  • お腹と太ももの筋肉をストレッチで伸ばす

この方法を実践してもらえれば、楽に後ろに反らせるようになりますから、ぜひ試してみてください。痛くてストレッチもできないよ、という方はいつでも連絡ください。お待ちしてま~す。


では、では。

スポンサーリンク


『ブログ』を見てご連絡いただいた方は初回治療費を割引しています。この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ↓↓

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ