腰痛改善ストレッチ!腰を後ろに反らすと痛いときはお腹と太ももを伸ばせ!

tpsdave / Pixabay

Pick up!▼

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


日本人のからだの悩みで常に上位にランクインしている「腰痛」ですが、一言に腰痛と言っても色んなタイプがあるのをあなたはご存じでしょうか。


ちなみにここで言う色んなタイプとは、

  • ヘルニア
  • ぎっくり腰
  • 脊柱管狭窄症
  • 坐骨神経痛

といった病院で診断される腰痛のことではありません。


ここで言う色んなタイプの腰痛とは、

  • 立って前に曲げると痛い
  • 座って前に曲げると痛い
  • 後ろに反らすと痛い
  • 横に倒すと痛い
  • 捻ると痛い

など、『どう動いたら腰に痛みが出るのか?』というものを指します。


「動きで腰に痛みが出るなんてどうでもいいじゃん」と思った方もいるかもしれませんが、なんと上に挙げた腰痛のタイプはすべて痛みの原因が違うんですよ。

原因が違えば当然腰痛の治し方も変わってきますよね?だから『どう動いたら腰に痛みが出るのか?』これってものすごく重要なポイントなんです。


そこで今回は数ある腰痛の中から、腰を後ろに反らすと痛い腰痛の「原因」と「改善法」を紹介していきます。若干タイトルで答えがバレていますが気にせず最後まで読んでください。


ほかの腰痛のタイプについてはこちらの記事にまとめてあります。 ⇒ 腰を曲げると痛いときの『原因』と『ストレッチ』まとめ


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

腰を後ろに反らすと痛い腰痛とは?

腰痛改善ストレッチ!腰を後ろに反らすと痛いときはお腹と太ももを伸ばせ!


まずは、腰を後ろに反らすと痛い腰痛とはどんなものかについて簡単に説明しておきます。

ズバリ↑の画像のように立って腰を後ろに反らした状態のことです。あと、後ろに反らすんじゃなくてからだを真っすぐしただけで痛い場合もこの腰痛のタイプに当てはまります。


腰を後ろに反らすと痛い腰痛になると、

  • 立ち上がるとき
  • 寝た状態から起き上がるとき
  • 仰向けで寝る
  • からだを真っすぐにして歩く

こんなときに痛みを感じることが多くなります。逆に背中を丸めていると痛くないので、自然とお年寄りのように丸まった姿勢になってしまいます。

腰を後ろに反らすと痛い腰痛の原因

それでは、腰を後ろに反らすと痛い腰痛の原因を説明していきますね。

腰を後ろに反らすとからだ前面の筋肉が伸びる

腰痛改善ストレッチ!腰を後ろに反らすと痛いときはお腹と太ももを伸ばせ!


↑の画像を見てください。

これは腰を後ろに反らしたところですが、この患者さんはこれ以上後ろに反らすと腰に痛みが出てしまいます。これが現時点での動きの限界です。

このときピンクの矢印部分「お腹」と「太ももの前」の筋肉がビヨーンと引き延ばされているのがイメージできるでしょうか。


そうなんです。
実は腰って、からだ前面の筋肉が伸びることではじめて後ろに反れるんです


細かいことを言うと「胸」と「首の前」も伸びないといけないんですが、大きく引き延ばされているのは「お腹」と「太ももの前」の2ヵ所の筋肉なんです。


もしお腹と太ももの前の筋肉がガッチガチだとどんなにがんばっても腰を反らすことはできないんです。

それどころか伸びない筋肉を無理やり伸ばそうとすれば、腰に力が入って余計な負担がかかってしまい痛みの原因になります。

これが腰を後ろに反らすと痛む腰痛の正体です。


なので楽に腰を反らしたいなら、からだ前面の筋肉を緩めてやらないといけません

からだを真っすぐにするだけで痛い腰痛も原因は同じ

さっき説明で使った画像ではまだ腰は反れていましたが、キツイ腰痛になるとからだを真っすぐにするだけで痛みを感じることもあります。


これも原因は同じです。


本来ならからだを真っすぐにするには「お腹」と「太ももの前」の筋肉が少し伸びるだけで十分です。

しかし「お腹」と「太ももの前」がガッチガチになると、筋肉はほとんど伸びなくなってしまいます

からだを真っすぐにするためには「お腹」と「太ももの前」が少しくらいは伸びないといけないので、伸ばすことができなくなるとからだを真っすぐすることが難しくなります。

ここまで筋肉が硬くなるとムリに動かすと激しい痛みが出るから気をつけて。これがよく言う「ギックリ腰」ですね。こうなるとほとんど動けなくなります。


改善方法はさっきも言いましたが、からだ前面の筋肉を緩めてやればよくなります


▼先ほどの患者さんの3日後です。からだ前面の筋肉を緩めたんですが曲がるようになったでしょ?腰の痛みもなくなりました。
腰痛改善ストレッチ!腰を後ろに反らすと痛いときはお腹と太ももを伸ばせ!

「お腹」や「太ももの前」の筋肉が硬くなる原因について

じゃあなんでこんなに「お腹」や「太ももの前」の筋肉が硬くなってしまうんでしょうか?

それはあなたが普段から「お腹」や「太ももの前」を緊張させているからです。


イヤイヤそんなことしてないわ、と思ったあなた。

  • デスクワーク
  • しゃがむ
  • 前かがみになる

普段からこんな姿勢が多くないですか?

からだを真っすぐにしないで丸めたような姿勢が長時間続くと、「お腹」や「太ももの前」の筋肉はドンドン硬くなっていきます。

よくデスクワークが続いたあとで立ち上がったときに「ア~ッ」となりますが、あれは背中じゃなくて縮こまっていた「からだ前面の筋肉」が伸びて気持ちがいいんです。

なので普段から座ったりしゃがんだりすることが多い人は気をつけてくださいね。

腰を後ろに反らすと痛い腰痛の改善法

腰を後ろに反らすと痛いタイプの腰痛は、「お腹」と「太ももの前」の筋肉を緩めてやればOKでしたよね。

さっそくやり方を説明していきます。今は痛くないよっていう人も予防のためにぜひやってみてください。


【ストレッチの方法】

  1. 片方の膝は曲げて、もう片方は伸ばして座る
  2. ゆっくりからだを後ろへ倒していく(ムリはダメ)
  3. 曲げた方の太ももの表の筋肉が伸びていればOK

どうです?簡単でしょ。


動画でも説明しておきます。(注:音が出ます!)

このストレッチで直接お腹の筋肉は伸びないんですが、太ももをしっかり伸ばしてやることで間接的にお腹の筋肉も緩んできます。太ももとお腹の筋肉は繋がっていますからね。

ただし、このストレッチをやって腰に痛みが出たときはムリして続けないでくださいね。余計に腰が悪くなりますので。

ストレッチは二人一組で!

ちょっと余談になりますが、本来ストレッチを行うときは二人一組で行うのが良いとされています。ダラ~ンと力を抜いた状態でほかの人にストレッチをやってもらう。このやり方が効果的です。

一人でストレッチを行うとどうしてもからだに力が入ってしまうため、筋肉がうまく伸びません。

そのため一人でストレッチを行う場合はあまりムリをしないように。痛くてできないようなら治療院へ行って専門家にやってもらうのがいいと思います。


ストレッチについてはこちらの記事を参考にしてください。

参考 ⇒ ストレッチの効果を劇的に上げる方法!プロが教える5つのポイント


スポンサーリンク

まとめ

今回は、腰を後ろに反らすと痛い腰痛の「原因」と「改善法」を紹介しました。


ポイントをもう一度整理しておきます。

  • 腰を後ろに反らすとからだ前面の筋肉が伸びる
  • からだ前面の筋肉が伸びないと腰は後ろに反らせない
  • 「お腹」と「太ももの前」が緩めば腰は反れるようになる

以上のポイントを押さえてもらって腰痛の改善法を実践してもらえば、必ず楽に後ろに反らせるようになります。ぜひ試してみてください。

痛くてストレッチもできないよ、という方はいつでも連絡くださいね。お待ちしてます。


ではでは。


「どの治療院を選んでいいか分からない」という人のために、僕なら行かない治療院の特徴を10コ具体的に書きました。


スポンサーリンク

LINE@はじめました!

この記事を読んで疑問に思ったことや感想、普段不安に感じていることをぜひ教えてください。きっとあなたのお力になれると思います。


PCの人はこれ↓をLINEで読み取って。


スマホの人はここから↓

友だち追加


詳細はこちら ⇒ LINE@はじめました!質問やご相談がある方は登録どうぞ


『ブログ』を見てご連絡いただいた方は初回治療費を割引しています。この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ↓↓

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中