変形性膝関節症と診断されたが正座もスイミングもできるようになった患者さんの声!

skeeze / Pixabay

Pick up!▼

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


膝が痛くて病院へ行って検査をすると「変形性膝関節症」と診断されることがよくありますよね。高齢の方だとホントによく言われます。

変形性膝関節症は膝の中のクッションがなくなって痛みが出る病気なんですが、原因の多くは「加齢」によるものです。

つまり年齢とともに徐々に膝のクッションがなくなることで痛くなるんですが、これだと治りようがありませんよね。若返ることはできませんし。


ちなみにグルコサミンを飲んでも膝痛に何の効果もないですからね。


でも実際は変形性膝関節症でも治療によって痛みが改善することはよくあります。変形性膝関節症と診断されて「年のせいですね」と言われようが関係ありません。


今回は、変形性膝関節症と診断されたが正座もスイミングもできるようになった患者(H.K)さんのケ-スを解説を交えながら紹介していきます。


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

変形性膝関節症と診断されても大丈夫!

変形性膝関節症と診断されたが正座もスイミングもできるようになった患者さんの声!

ご来院のきっかけ、症状をお書きください

膝痛(左膝)
歩行がつらい。階段の昇り降りができない。正座ができない。


もともと水泳やヨガ、エアロビを20年以上続けてこられた H.K さん。

体力には自信があったようで、それだけに膝の痛みで歩きづらいことがショックだったのでしょう。初診時はあまり元気がありませんでした。

ちなみに膝が痛くて歩けない人はほぼ100%正座ができません。それは正座が膝にとって一番負担のかかるの動作だからです。

だから膝がよくなっても正座ができるのは最後の最後になります。逆に正座ができれば膝は問題ないと言えますね。

整形外科へ行ったが症状は改善しなかった

当院に来院される前に何か治療を受けられましたか?その治療で何かしらの改善はみられましたか?

整形外科で変形性膝関節症といわれ貼り薬をもらっていた。少しは痛みがやわらぎますが、症状は改善しなかった。


当院へ膝の痛みで来られる患者さんのほぼ全員がとりあえず整形外科へ行っています。

ここではっきりとした原因が分かればいいんですが、「変形性膝関節症」と言われたらちょっと注意が必要です。

変形性膝関節症は膝の中のクッションである関節軟骨がすり減って膝に炎症が起こることで痛みが出ます。


詳しくはこちら ⇒ 膝に水がたまる病気まとめ!原因と症状をざっくり説明します


原因の多くは「加齢」と「肥満」による膝への負担ですから、本来なら貼り薬や電気治療で治る症状じゃないんですよね。治すには生活指導や食事制限が必要です。


にもかかわらず整形のリハビリでは、

  • 電気治療
  • マッサージ(5分)
  • 湿布
  • 痛め止めの薬

これらが長期に渡って繰り返されています。

変形性膝関節症だとしたらこれで治るとはどうしても思えないんですよね。これしかやってないようならヤバイですよ。

正座や水泳ができるように!

当院の施術を受けられて、どのような改善がみられましたか?

施術5~6回目位から痛みが楽になり、びっこをひいての歩行も普通に歩けるようになり、10回目位には階段の昇り降りは痛みを気にしなくてもできるようになっていました。

正座は少し奥のほうに痛みを感じますがきれいに座れてきました。好きな水泳もスムーズに泳げるようになってきてうれしいです。

針治療は初めてでしたが、こんなに楽に歩けるようになってほんとうに先生に感謝です。


治療は鍼だけじゃなく、骨盤と上半身の歪みの矯正を行いました。

当院では痛みの場所が「 膝 」だけだとしても必ずからだ全体のバランスを整えるように治療を行います。

痛みが出ている「 膝 」はただの結果であって、その痛みの原因は膝にあるとは限りません。っていうか外傷以外はほとんど膝以外に原因があります。

その原因を探すのがホントの意味での治療です。


でもはじめの1,2回の治療ではほとんど変化がなかったので H.K さんには「治りますかね?」と何度も聞かれたんですよね。

毎回、「大丈夫ですよ、治りますよ」と言っていましたが、ちゃんと結果が出てよかったです。これでよくならなかったらシャレにならないんで。

加齢とあきらめないでください!

あなたと同じように悩んでいる方へアドバイスをお願いします

加齢とあきらめないでほしいです。

先生が毎回丁寧にお話しを聞いてくださるので安心して施術をうけることができました。


もし病院で「加齢」と言われてもあきらめないでください。そもそも「加齢」が痛みの原因なんて説明が雑すぎるでしょ。


70才や80才になったらみんな膝が痛くなるのか?


なるわけありません。

膝が痛くなる人もいれば腰が痛くなる人もいますし、どこも痛くない人だってたくさんいます。痛みの原因を加齢で片づけてしまうのは探そうとしていない怠慢な診断です。

そんな診断で治療を受けて治るわけがありません。僕はそう思います。


スポンサーリンク

最後に

今回は、変形性膝関節症と診断されたが正座もスイミングもできるようになった患者(H.K)さんのケ-スを解説を交えながら紹介しました。

変形性膝関節症と言われてもあきらめないでください。膝以外に原因をみつけて治療すればよくなることなんてケースは山ほどあるんですから。

この記事がそれを知ってもらうキッカケになってくれればうれしいです。

治したい方はご連絡くださいね。


ほかにもこんな声をいただいています!

参考 ⇒ 患者さんの声
参考 ⇒ リアルガチ!!患者様の声


膝に水がたまる人にはこちらの記事を。

参考 ⇒ 膝に水がたまる原因と治療!何度も膝の水を抜いてる人はまずこの3つやってみて


ではでは。

LINE@はじめました!

この記事を読んで疑問に思ったことや感想、普段不安に感じていることをぜひ教えてください。きっとあなたのお力になれると思います。


PCの人はこれ↓をLINEで読み取って。


スマホの人はこちらから。

友だち追加


詳細はこちら ⇒ LINE@はじめました!質問やご相談がある方は登録どうぞ


スポンサーリンク



『ブログ』を見てご連絡いただいた方は初回治療費を割引しています。この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ↓↓

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中