腕を横に上げると肩が痛い!(Oさん50代)|リアルガチ!!患者様の声

当院で治療を受けている患者さんの声をリアルにお届けするガチ企画、その名も【リアルガチ!!患者さんの声】。

「リアルガチ!!患者様の声」を紹介していくよ

今回は「腕を横に上げると肩が痛い!」というOさん(50代)の声をお届けします。痛みのキッカケは夜行バスに乗って移動した直後から出たというもの。なにがキッカケで痛みが出るなんてほんと分かりません。患者さんによって千差万別です。

これが治療によってどのように変わっていくのか?Oさんのリアルな声をお聞きください。

2016.11.15 追記
施術を続けて半年後、ずいぶんと改善されたので追記しました。

ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!

患者さん情報

向日市在住Oさん(50代)
  • 腕を横に上げると痛い
  • 介護職でからだを使う
  • 1~2週間に一度のペースで来院

施術前の様子

肩を横に上まで上げる動き(外転)で痛みが出ています。典型的な「肩の腱板損傷」です。特徴として腕の角度が110°~45°ぐらいの間だけ、痛みが強く出るということが挙げられます。

肩には『腱板』という、肩甲骨と腕の骨をつないでいる腱があります。ここを傷めると肩が上がらなくなるんですが、軽く痛めた程度だと痛いけどなんとか上げることができます。

この『腱板』は40歳頃から腱の老化が始まり、中年以降痛める人が多くなります。五十肩と違うのは、五十肩は関節の拘縮(こうしゅく)が起こり腕が上がらなくなるのが特徴的です。

おそらくOさんも『腱板』が弱くなっていたところへ、夜行バスでの寝方が良くなかったせいで痛めたんだと思います。

治療内容
上半身の歪み矯正、右肩の矯正

それでは治療後の様子をご覧くださいませ。

施術後の様子

痛みのレベルが「10」 → 「5」に下がりました。

これは「ペインスケール」といって、患者さんが感じる痛みの強さを0から10の11段階に分けて表したものです。全く痛みがない状態を「0」、自分が考え想像しうる最悪の痛みを「10」として、今感じている痛みの点数を聞く方法です。

今回は施術前の痛みを「10」に設定して、痛みの変化を確かめました。

MEMO
Oさんは僕のとこへ来る前に、別の治療院で治療を受けていたんですが、そこでは腕を動かすような治療や指導がされていたようです。

しかし腱板を痛めている場合、まずは安静が第一選択となります。そのため通っていたジムも肩に負担のかからないプールでのウォーキングだけにしてもらい、日常生活でもなるべく腕を使わないよう指導しました。

これまで全然変化のなかった痛みが半減したので、初回はこれで治療終了とし、これ以後1,2週間に1回通院していただいて症状が少しずつ改善していきました。

ただし介護職という職業柄、からだにムリがかかることも多く回復に波はありましたが。

現在の様子【追記】

半年後の現在の状態です。

Oさん

あー、先生すんなり上がるよ。全然違う。

イエスッ!キタd(゚∀゚)bコレ

まとめ

まだ痛みの出る動きはあるものの、日常生活で痛みを感じることは少なくなったようです。仕事もジムもがんばって続けています。

時間はかかりましたがよくがんばってくれました。メンテナンスのため引き続き治療していきます。お疲れ様でした。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です