前腕(ひじ~手首の間)のストレッチの方法!【肘・手首・指が痛い人】

今回は、前腕(ひじ~手首の間)のストレッチの方法を紹介していきます。

まずはどんな人にこのストレッチをやって欲しいか。

このストレッチがよく効く症状
  • テニス肘
  • 野球肘
  • 腱鞘炎
  • ばね指

↑にあるように、前腕のストレッチは肘や手首、指の症状に効果的。

これは前腕の筋肉が肘・手首・指にくっついてるからなんですが、ちょっと難しいので詳しく知りたい人は↓の記事を参考に。

前腕の筋肉の詳しい解説はこちら
肘の内側が痛い!手を握ると”肘の内側が痛い”原因を分かりやすく解説

というわけで、肘・手首・指の痛みや動かしにくさを感じている人はこれから紹介するストレッチをぜひやってみてください。

まだまだよくなる可能性ありますよ。

ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!

Instagram にもまとめてあるのでフォローしてね!

前腕(ひじ~手首の間)ってどこ?

ストレッチを紹介する前に、前腕(ひじ~手首の間)ってどこ?と思った人のために場所の説明をしておきます。

↑の画像の赤い矢印ひじ~手首の間が「前腕(ぜんわん)」と呼ばれる場所です。

前腕には表と裏があって、画像にある手のひら側が前腕の表(オモテ)になります。

反対に手の甲側は前腕の裏(ウラ)です。この2つの違いはちょっと覚えといてください。

前腕(ひじ~手首の間)ストレッチの方法

それでは、前腕(ひじ~手首の間)ストレッチの方法を紹介していきます。

注意

ストレッチはオモテとウラでやり方が違うのでそれぞれ紹介していきますね。

まずは前腕(オモテ)から。

前腕(ひじ~手首の間)ストレッチのやり方(オモテ)

STEP.1
肘を伸ばす

まずは手の平が上になるようにして肘を伸ばします。

STEP.2
指をつかむ

反対の手で親指以外の4本の指をつかんでください。

STEP.3
手前に曲げる

そのまま手前に引っ張って手首を反らせます。(10秒キーープ)

前腕(ひじ~手首の間)ストレッチのやり方(ウラ)

STEP.1
肘を伸ばす

まずは手の甲が上になるようにして肘を伸ばします。

STEP.2
手をつかむ

反対の手で手のひらと甲をつかんでください。

STEP.3
手前に曲げる

そのまま手前に引っ張って手首を曲げます。(10秒キーープ)

お疲れさまでした

前腕(ひじ~手首の間)ストレッチのポイント!

続いて、前腕(ひじ~手首の間)ストレッチのポイントについて2つ紹介します。正しいやり方でやらないと意味がありませんよー。

前腕(オモテ)は指をつかむ!

前腕(オモテ)のストレッチは手じゃなく『指』をつかんでストレッチするように!

前腕(ウラ)は手をつかむ!

前腕(ウラ)のストレッチは指じゃなく今度は『手』をつかんでストレッチするように!

まとめ

今回は、前腕(ひじ~手首の間)のストレッチの方法を紹介しました。

  • テニス肘
  • 野球肘
  • 腱鞘炎
  • ばね指

↑のような症状で悩んでいる方は簡単なのでぜひやってみてください。

ちゃんとやれば少しずつ効果がでますよ。

それよりも早く治したいしっかり治したいという人は当院へお越しを。

ほかにも何か不安なことや聞きたいことがあればいつでも当院の LINE@ で受け付けているので遠慮なくご連絡ください。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です