ストレートネックの治し方!超簡単にできるストレートネックの改善法を紹介

肩こりや頭痛の原因にもなる「ストレートネック」。

病院や治療院で「ストレートネックですね、このストレッチやってください」とか「この枕がいいですよ」なんて勧められた人もいると思います。

でもほとんどの人は毎日ストレッチなんてやらないですし、高い枕を買っても何の効果も出ません。だから今もストレートネックが治っておらず、このブログを読んでいるんじゃないでしょうか。

そんなあなたのためにもっと楽にできて尚且つお金の一切かからない改善法をみつけたので、今回はそれを紹介します。

これ以上簡単な方法はないですし、これができないという人はもうストレートネック治すのあきらめて。それぐらい誰でもできるし効果的です。

当院の患者さんにもおすすめしているものなのでぜひ試してください。

ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!

ストレートネックの治し方

それではさっそくストレートネックの治し方の紹介いきます。

用意するもの
  • フェイスタオル1枚
  • 輪ゴム1つ
ストレートネック改善の手順
  1. フェイスタオルを用意する
  2. それを2回折る
  3. 首に巻く
  4. 端を輪ゴムで止める
  5. 仰向けで寝る

では順番に解説していきましょう。

  • STEP1
    フェイスタオルを用意する

    薄手のフェイスタオル

    ▲まずはフェイスタオルを用意してください。フワフワした高級品じゃなくてペラペラのものを。

  • STEP2
    フェイスタオルを2回折る

    フェイスタオルを半分に折る

    ▲フェイスタオルを2回折っていきます。まず半分に折って。


    フェイスタオルをさらに半分に折る

    ▲もう半分に折ります。

  • STEP3
    首に巻く

    フェイスタオルを首に巻く

    ▲次にそのタオルを首に巻きます。

  • STEP4
    端を輪ゴムで止める

    フェイスタオルの端を輪ゴムで止める

    ▲そしてタオルの端を輪ゴムで止めます。

    POINT

    輪ゴムが首に近すぎないように注意

    こんな手前だと首が締まって苦しいから気をつけて。

  • STEP5
    仰向けで寝る

    仰向けに寝る

    ▲あとはそのまま仰向けで寝るだけ。枕は普段使っているものをそのまま使ってください。

  • おやすみなさい

ストレートネックが改善する理由

ここまで紹介した方法でなぜストレートネックが治るのか少し説明していきます。

ストレートネックとは

上の図は首の骨を横から見たところですが、左は真っすぐで右は曲がっていますよね。

この左の真っすぐな首のことをストレートネックと言います。ストレートネックを直訳すると「真っすぐな首」ですからそのままです。

本来首の骨は右のように喉に向かって緩やかに曲がることで頭の重さを逃がしています。しかし、首が真っすぐになるとそのバランスが崩れてしまいます。

さらに首周りには自律神経が集中しているため、さまざまな症状を引き起こすリスクが高くなります。

ストレートネックが引き起こす症状
  • 肩こり
  • 首のこり
  • 背中の痛み
  • 頭痛
  • 手のシビレ
  • 冷え
  • 便秘
  • 不眠
  • 倦怠感

ストレートネックの原因

ストレートネックの大きな原因のひとつに「姿勢」の問題があります。その中でも特に関係が深いのが「頭の位置」と「猫背」です。

姿勢を良くする方法!肩こりの原因となる姿勢と改善法について

↑こんな姿勢です。

猫背について詳しくはこちら
猫背

簡単に説明すると、猫背で頭の位置が前に出ると首にかかる負担が倍以上になるんです。

一般的に頭の重さは体重の約8分の1と言われていて体重50㎏なら4㎏、60㎏なら約5㎏に相当します。これはボーリングの球でいうと女性向けの9~11ポンドと同じくらいの重さです。

ちょっとイメージして欲しいんですが、このボーリングの球を両手で持って腕を徐々に伸ばしていくとどうなるでしょう?

答えは球がからだから離れていくほど腕がツラくなります。

ボーリングの玉を「頭」、腕を「首」だとすれば首にどれほど負担がかかるか分かると思います。その負担が首の骨の形を変えてしまうんです。

あわせて読みたい関連記事
肩こりの姿勢を矯正!肩こりの原因になる姿勢と改善法を紹介姿勢を良くする方法!肩こりの原因となる姿勢とその改善法を紹介

ストレートネックが改善する理由

じゃあなぜ最初に紹介した改善法でストレートネックが治るのか。

それは、タオルで首のカーブを作っているからです。

首の骨はもともと喉に向かって緩やかに曲がっているって言いましたよね。タオルを首の後ろに巻くことでそのカーブを再現しています。

ストレートネックを治すのに首専用の枕やバスタオルをグルグルに丸めて入れる方法なんかもありますが、アレ全部ぶ厚すぎです。

あんな厚みのあるもの首の後ろに入れたらおかしくなりますよ。今回紹介したタオルの厚さで十分です。

まとめ

今回は、超簡単にできるストレートネックの改善法を紹介しました。

実はストレートネックの原因って猫背だけじゃなくてほかにも原因があるんですが、今回紹介した方法を続けてもらえばストレートネック関係の症状はかなりよくなります。

それでもよくならないという方は一度当院へご来院ください。原因を詳しく調べて施術すれば大丈夫ですから。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です