朝イチから首と肩が痛い人は要注意!からだブッ壊しますよ

朝起きてすぐに首とか肩が痛いのってものすごくテンション下がりますよね。これから一日が始まるっていうのに・・・。

僕も経験があるから分かるんですが、酷いときなんか寝た方がかえってからだが疲れるから長時間寝るのにウンザリしていましたからね。

だけどこれって放っておくとメチャクチャからだに良くないんですよ。

今回は「どうして朝から首や肩が痛いと良くないのか?」「そもそもなんで朝起きたときから痛いのか?」その原因と解決法についてこれまで多くの患者さんを施術してきた経験から解説していきます。

朝起きると首や肩が痛いという人の参考になれば幸いです。

ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!

朝起きると首や肩が痛い人の特徴

朝起きてすぐに首から肩が痛いという人には、実は睡眠や日常生活の中で共通している特徴のようなものがいくつかあります。

その項目を以下に書いてみたので、気になる方は次のチェックリストに自分がいくつ当てはまるかやってみてください。

朝起きると首や肩が痛い人の特徴
  • 寝ていて途中で目が覚める
  • 寝返りが多い
  • 長時間寝ていられない(痛くなる)
  • 仰向けで寝られない
  • 日頃から肩や腰が重だるい
  • デスクワークや立ち仕事など同一姿勢が多い
  • 足を組んだり横座りをよくする
  • 床に座ることが多い
  • 運動不足
  • 枕をよく変える

どうでしたか?

1つでも当てはまっていたら、あなたにも朝から首や肩が痛くなる可能性があります。もし3つ以上当てはまったならすでに何らかの不調が出ているんじゃないでしょうか?

朝起きて首から肩が痛いとダメな理由

ではどうして朝から首や肩が痛いとよくないんでしょうか?

それはあなたの体力がまったく回復していないからです。

これが一番の問題です。

どういうことかと言うと、基本的に体力というのは寝てる間に回復していくものです。起きてる間は体力って回復しません。減っていくだけです。

だから朝起きた瞬間が一番元気なハズなんです。いやそうじゃないとマズいんですよ。だって起きてからは体力減っていくだけですから。

それがもしも朝起きてすぐに首や肩が痛いというのであればそれは、

寝てる間に体力が回復していない

いやむしろ減ってる・・・

ということになってしまいます。

このままいくと起きてる間は体力が減り続けさらに寝てる間も回復しませんから、そのうちあなたのからだは負担増でブッ壊れますよ。

これが、朝から首や肩が痛いとよくない理由です。

朝起きると首や肩が痛い原因

それではなぜ朝から首や肩が痛くなるんでしょうか?

朝から首や肩が痛くなる原因
  1. 睡眠の環境が悪い
  2. からだそのものが悪い

ひとつずつ詳しく説明していきます。

1. 睡眠の環境が悪い

睡眠の環境が悪い

先ほど「からだは寝てるときしか体力回復しないよ」と説明しました。だったら昼寝や座って熟睡すればOKなのか?というとそれじゃダメなんです。

理想の睡眠には必要なポイントが3つあります。

理想の睡眠に必要なポイント
  • 毎晩決まった時間に寝る(昼間は×)
  • 7時間以上の連続した睡眠を取る
  • 布団やベッドでリラックスして寝る

この3つのポイントがしっかりと守れている人は、睡眠によって一日の疲れがリセットされるため毎日元気に動き回れます。

逆に質の悪い睡眠
  • 寝る時間が不規則
  • 睡眠時間が短い又はこま切れ睡眠
  • ソファーや床で寝ることが多い

このような睡眠しかとれてない人は、寝ているつもりでも体力が回復しないため徐々に疲れが溜まってからだに負担が蓄積していきます。

体力が回復していないので朝から首や肩が痛いのも当たり前です。解決法は今すぐ上で挙げた睡眠の環境を見直すことです。でないと朝から首や肩が痛いのは治りませんよ。

睡眠の環境を変える際の参考にどうぞ
肩こりは枕の使い方を変えろ!一瞬でできる超簡単な方法をご紹介肩こりには枕の使い方を変えろ!肩こりに効果的な枕のおすすめの使い方を紹介 朝から首が痛い人は枕をチェンジ!0円でできる自分に合った枕の見つけ方肩こりを枕で解消させる方法!簡単にできるおすすめ枕の選び方 【レビュー】超熟睡できると評判の「六角脳枕」を2週間使用した感想【レビュー】超熟睡できると評判の「六角脳枕」を2週間使用した感想

2. からだそのものが悪い

からだの歪み

先ほど紹介した理想の睡眠のポイントは全て守ってるはずなのに朝から首や肩が痛くてたまらない。こういう人もたくさんいると思います。

なぜなのでしょうか?

それはからだが歪んでいるため寝てる間にどんどん悪くなっているからです。

つまりからだのそのものに問題があるからです。これは睡眠環境の問題じゃないのでいくら高級なベッドで寝ようが、長時間寝ようが意味がありません。

からだそのものに問題がある人は残念ながらいくら寝ても体力は回復しないんです。

それどころか長時間寝れば寝るほどからだはどんどん疲れていきます。僕も以前はこのような症状に悩まされていました。

これを解決する方法はただひとつ、からだの歪みを治すこと。歪みが整いからだそのものがよくなっていけばいくらでも寝られるようになるので体力も回復します。

ただし歪んでいる場所は人によって骨盤や頚椎、胸椎、腰椎、肩甲骨と様々です。なかなか一目見て分かるものではありません。

間違った方法で行ってしまうと症状を悪化させてしまうことにもなりかねません。必ず専門家に診てもらってください。

とりあえず自分で何とかしたいという方はこちら
肩こりの原因を解消させる方法!肩のマッサージだけやっててもダメです肩こりの原因を解消させる方法!肩のマッサージだけやっててもダメです 【猫背ストレッチ】10秒で簡単に治す猫背改善ストレッチの方法 骨盤歪みチェック!仰向けに寝て足が開くのは骨盤の上が開いてるよ

当院の首と肩の治し方

ここまで朝起きてすぐの首や肩の痛みの原因を説明しました。

朝起きてすぐの首肩の痛み改善方法
  1. 睡眠環境の改善
  2. からだの歪みを治す

歪みは普段の「姿勢」や「骨格」から生まれます。

姿勢改善施術

姿勢が悪く骨格が歪んでいると日常生活を送るだけでからだにはどんどん負担が増えていきます。その負担の蓄積の結果寝ても疲れがとれないからだが出来上がってしまいます。

首と肩の痛みはこう治す!
  • 首や肩の緊張を緩める
  • 負担をかけている姿勢や骨格の歪みを正す

痛みをとるだけでなく、2度と朝イチから悩まされないために。

首や肩の緊張をとるだけじゃない

リズム鍼灸院は朝イチから悩まされないからだ作りに本気で取り組んでいます。

朝イチから首と肩の痛みで悩まされてきた方はぜひ一度ご相談ください。続けて施術すれば必ず良くなる症状なので一緒に治していきましょう!

まとめ

今回は「どうして朝から首や肩が痛いと良くないのか?」「そもそもなんで朝起きたときから痛いのか?」その原因と解決法について解説しました。

ポイントは睡眠の質を上げることです。

睡眠の質を上げることができればあなたが悩んでいる「朝起きると首や肩が痛い」という症状は必ず楽になります。

なかなかリラックスして寝られないという人は一度これを試してみてください。

ホントに力抜けます

ぜひがんばって取り組んでみてください。

ではでは。

睡眠の質を上げるにはこちら
骨盤の専門家が教える!寝てて腰が痛い人に一番役に立つアイテムとその使い方骨盤の専門家が教える!寝起きに腰が痛い人に一番役に立つアイテムとその使い方 腰痛を寝方で改善!正しい寝方で睡眠の質を上げる4つの方法を紹介 【まとめ】肩こりに効果的な”返金保証付き”の快眠・安眠枕を紹介!【まとめ】肩こりに効果的な”返金保証付き”の快眠・安眠枕を紹介!
「どの治療院を選んでいいか分からない」という人のために、僕なら行かない治療院の特徴を10コ具体的に書きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です