どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


腰痛で悩んでいる人の中で痛み止めの薬(ロキソニン)を使ったことがあるという方はかなり多いんじゃないでしょうか。僕が診ている患者さんの中にもたくさんいらっしゃいます。

ただし、話を聞いてみると「痛め止めは効かないんだけどとりあえず飲んでます」というような方が結構いるんですよね。ひょっとするとこれを読んでいる人の中にもいるかも。そんな人に言いたい。


そのまま飲み続けてもからだ壊すだけですよ


もちろん痛め止めの薬が腰痛に効果的な場合もたくさんありますし、薬そのものを否定しているわけではありません。でも間違った服用を続ければ効かないどころか逆に体調を悪くすることだってあります。

そのため僕は患者さんに痛み止めを使うときのポイントを指導して、自分で使うかどうか判断をしてもらっています。必要ない痛み止めをわざわざ使うことないですからね。


今回はそのポイントと痛み止めの薬(ロキソニン)について解説していきます。腰痛で悩んでいる人は痛め止めを使うときの参考のひとつにしてください。


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

腰痛で使う痛み止めの薬(ロキソニン)について

腰痛に限らず病院で処方される痛め止めの薬で最もポピュラーなものといえば「ロキソニン」だと思います。

さらに2011年にはこれまで医師の処方箋がなければ買えなかった痛め止めが、ドラッグストアやネットで簡単に手に入るようになりました。

※市販のものは「ロキソニン」ではなく「ロキソニンS」


「ロキソニンS」の発売により腰痛が起こったときに「痛み止めを使う」という機会も増えたんじゃないでしょうか。このロキソニンについてもう少し説明していきます。

「ロキソニン」と「ロキソニンS」の違いは?

病院で処方される痛め止めの薬「ロキソニン」と市販で買える「ロキソニンS」は成分が違うのか?これについて「ロキソニンS」の製造元である「第一三共ヘルスケア」では以下のように回答しています。


ロキソニンSは、医療用「ロキソニン」と成分、成分量、添加物、錠剤の大きさ、剤形いずれも同じです。異なる点として、ロキソニンSには外観上、錠剤に割線、刻印が入っておりません。また、本剤は頓服・短期使用であり、医療用とは用法・用量、効能・効果が異なります。

参考:第一三共ヘルスケア-よくあるご質問


これによると「ロキソニン」と「ロキソニンS」は成分や成分量ともに同じようですが、効能・効果は異なるようです

おそらく「ロキソニンS」は自分で勝手に判断して使うため、医師の指導のもとに使う「ロキソニン」とは効果が変わってくると言いたいんだと思います。

いずれにしても「ロキソニンS」の使用は短期間にしておくのがいいでしょう。もし痛みが続くようなら一度病院へ行きましょう。

ロキソニンは胃に負担がかかるか?

よく「痛み止めは胃が痛くなる」と言いますが、ロキソニンはどうでしょうか?第一三共ヘルスケアによると、


ロキソニンSは胃への負担が少ないタイプのお薬です。からだにやさしいプロドラッグ製剤で、胃への負担を軽減しています。ただし、用法・用量を守り、なるべく空腹時をさけてコップ1杯程度の水またはお湯で服用してください。

参考:第一三共ヘルスケア-よくあるご質問


「ロキソニンS」はプロドラッグ製剤※なので胃に優しいようです。


※プロドラッグ製剤とは、胃では作用せず腸で吸収されてはじめて効果が出る薬のことです。そのため胃に負担がかかりにくくなっています。

妊娠中や授乳中の服用は?

これは調べるまでもありませんが絶対ダメです。痛め止めを使えば副作用(症状に現れないものも含めて)は必ずありますからね。製造元の第一三共ヘルスケアでも、


妊娠中の投与に関する安全性は確立していません。出産予定日12週以内の妊婦は服用しないようにお願いします。それ以外も妊娠中は医師にご相談のうえ服用ください。同様に、授乳中の服用は避けてください。やむを得ず服用する場合は授乳を避けてください。

参考:第一三共ヘルスケア-よくあるご質問


このように服用を避けるよう明言しています。

もし痛くてどうしようもない場合でも、自分で判断しないで必ず医師の指導を受けてから服用してください。

腰痛で痛み止めの薬(ロキソニン)を使うときのポイント

それでは次に「腰痛で痛み止めの薬を使うときのポイント」について説明していきます。どれも当たり前のことばかりです。


  1. 腰痛の予防に使わない
  2. 寝る前には使わない
  3. 効いてないなら使わない

ひとつずつ詳しく説明していきます。

ポイント1.腰痛の予防に使わない

Embed from Getty Images


過去にキツイ腰痛を経験した人はそのときの恐怖から、痛くもないのに痛み止めを使うことがあります。

「痛くなったらイヤだから」「痛くなるのが怖いから」といった理由によるものですが、これはやめときましょう。

ロキソニンがいくら胃に負担がかかりにくい薬だとしても、痛み止めには必ず副作用があります。さらにこういう理由で使っている人は痛み止めとなかなか手を切ることができないため薬を使う期間も長くなります。

痛くなるかどうかも分からないのに痛め止めを使ってからだに負担をかけるなんてバカですよ。痛め止めは使ってから15~45分程で効果が出てきますから、痛みが出てから使っても十分間に合いますよ。

こういう患者さんには「痛くなったら飲むようにしてください」と指導しています。

ポイント2.寝る前には使わない

Embed from Getty Images


食後に痛め止めを使う人も多いと思いますが、痛くて寝れない人以外は飲まなくていいと思います。

一般的な腰痛はジッとしていれば痛くないものがほとんどです。特に寝ている間は眠気も手伝って痛みを感じにくくなっています。


病院で食後に使うよう言われて何となく使ってるだけならやめましょう


痛み止めはだいたい5~7時間しか効果がないと言われています。食後安静にして寝るだけなら使う必要ないでしょ。朝起きてから使えば十分です。そうすれば薬を使う回数を一回減らすことができますから。

寝てても痛い人は遠慮なく使ってくださいね。

ポイント3.効いてないなら使わない

Embed from Getty Images


痛み止めを使っても全然効果がないのになぜか使い続けている人がいます。それも1日3回服用を何ヵ月とか。あり得ませんよこんなこと。

痛み止めは使えばすぐに効果が出るものです。でもどんな腰痛にでも効くかというとそんなことはありません。痛み止めが効かない腰痛だってもちろんありますからね

だから効いてないのに痛み止めを使い続けてもムダなんです。1ヵ月使い続けたら効いてくるなんておそらくありませんから。逆にそれだけ痛み止めを使っていればからだがおかしくなりますよ。


効いてないんだったら使わない、どうしても使いたいなら薬を変える


僕は患者さんにこう指導をしています。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、痛み止めの薬を使うときのポイントとロキソニンについて解説しました。

もう一度ポイントを整理しておきます。


  1. 腰痛の予防に使わない
  2. 寝る前には使わない
  3. 効いてないなら使わない

以上です。

考えたら当たり前のことばかりなんですが、案外できていない方が多いです。

痛み止めは症状や体質によってその効果にかなり違いが出ます。自分に合った使い方ができればとても便利なものですが、そうでない場合最悪からだに負担がかかるだけなんてことになります。

そうならないためにも今回の記事を参考していただいて、上手に痛め止めを使って腰痛を改善させてください。


ではでは。


スポンサーリンク

LINE@はじめました!

この記事を読んで疑問に思ったことや感想、普段不安に感じていることをぜひ教えてください。きっとあなたのお力になれると思います。


友だち登録はこちらから↓

友だち追加


詳細はこちら ⇒ LINE@はじめました!質問やご相談がある方は登録どうぞ


『ブログ』を見てご連絡いただいた方は初回治療費を割引しています。この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ↓↓

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中