大腿筋膜張筋(太ももの上側)のストレッチの方法!【ガニ股・O脚の人向け】

大腿筋膜張筋(太ももの上側)のストレッチの方法!【ガニ股・O脚の人】

今回は、大腿筋膜張筋(太ももの上側)のストレッチの方法を紹介していきます。

まずはどんな人にこのストレッチをやって欲しいか。

このストレッチがよく効く人
  • ガニ股・O脚
  • 靴のかかとの外側ばかりすり減る
  • 膝の外側が痛い
  • 股関節が痛い

大腿筋膜張筋は太ももの上側にある筋肉。この筋肉が硬くなると太ももが外側に引っ張られるため足が外に開いてガニ股やO脚になります。

若い人でもガニ股やO脚が増えていますが、この大腿筋膜張筋がカチカチになってることが多いですね。

今回のストレッチはこの大腿筋膜張筋をメチャメチャ伸ばすものなので、見た目が気になる人はもちろん腰や膝の痛みで悩んでいる人もぜひやってみてください。

ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!

【まとめ】上半身のストレッチはこちら。
【ストレッチ】自信を持っておすすめする上半身ストレッチ10選!【まとめ】【ストレッチ】自信を持っておすすめする上半身のストレッチ10選!【まとめ】
Instagram にも色々まとめてるのでフォローぷりーず!

大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)ってどこ?

ストレッチを紹介する前に、大腿筋膜張筋ってどこ?と思った人のために場所の説明をしておきます。

大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)

▲ 画像の赤い〇で囲まれた場所、太ももの上側が「大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)」と呼ばれる場所です。

太ももの外側と言いましたが、正確には骨盤からスタートして途中から腸頸靱帯っていう靱帯にくっつきます。難しいので太ももの外側の上の方で覚えておくといいと思います。

大腿筋膜張筋ストレッチの方法

それでは、大腿筋膜張筋ストレッチの方法を紹介していきます。

注意

ストレッチはムリなく行ってください。痛みが出るようならそれ以上やらないように。

大腿筋膜張筋ストレッチのやり方

STEP.1
四つん這いになる

まず四つん這いになります。ある程度広い場所の方がやりやすいです。

四つん這いになる

STEP.2
右足を一歩前に出す

次に右足を右手の位置まで一歩前に出します。

右足を一歩前に出す

STEP.3
左足を右側にズラす

左足を後ろに引きながら右側にズラしていきます。

左足を右側にズラす

STEP.4
カラダを下げる

そのままカラダを下げます。股関節から下がしっかり伸びていればOK。そのまま20秒キープで終了。

体を下げる

お疲れさまでした

大腿筋膜張筋ストレッチのポイント!

続いて、大腿筋膜張筋ストレッチのポイントについて紹介します。正しいやり方でやらないと効果ぜんぜん出ないのでしっかり確認を。

後ろ足は内向きに!

後ろ足は内向きに

後ろに引いた足は外側が床につくように内向きに倒しましょう

まとめ

今回は、大腿筋膜張筋(太ももの上側)のストレッチの方法を紹介しました。

こんな症状に効果的
  • ガニ股・O脚
  • 靴のかかとの外側ばかりすり減る
  • 膝の外側が痛い
  • 股関節が痛い

のポイントが気になるようなら一度試してみてください。すごい効きますから。

リズム鍼灸院はあなたに「もっと自身のカラダを知ってもらいたい」と思っています。自分のカラダを自分でコントロールできればこんなにいいことないですから。

そのためには健康になるための正しい知識が必要です。このブログがその知識のお役に立てば幸いです。

あとブログ読むだけじゃなく当院にもぜひ来てくださいね。周りに悩んでいる方がいればご紹介ください。

あなたのご来院・ご紹介お待ちしております!

ほかにも何か不安なことや聞きたいことがあればいつでも LINE@ で受け付けているので遠慮なくご連絡ください。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です