背中を丸めると腰が痛い!背中を丸めると出る腰の痛みは首と背中を緩めろ!

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


日本人のからだの悩みで常に上位にランクインしている「腰痛」ですが、一言に腰痛と言っても色んなタイプがあるのをあなたはご存じでしょうか。


ちなみにここで言う色んなタイプとは、

  • ヘルニア
  • ぎっくり腰
  • 脊柱管狭窄症
  • 坐骨神経痛

といった病院で診断される腰痛のことではありません。


ここで言う色んなタイプの腰痛とは、

  • 立って前に曲げると痛い
  • 背中を丸めると痛い
  • 後ろに反らすと痛い
  • 横に倒すと痛い
  • 捻ると痛い

など、『どう動いたら腰に痛みが出るのか?』というものを指します。


「動きで腰に痛みが出るなんてどうでもいいじゃん」と思った方もいるかもしれませんが、なんと上に挙げた腰痛のタイプはすべて痛みの原因が違うんですよ。

原因が違えば当然腰痛の治し方も変わってきますよね?だから『どう動いたら腰に痛みが出るのか?』これってものすごく重要なポイントなんです。


そこで今回は数ある腰痛の中から、背中を丸めると腰が痛い腰痛の「原因」と「治し方」を紹介していきます。


ほかの腰痛のタイプについてはこちらの記事にまとめてあります↓

🔗腰を曲げると痛いときの『原因』と『ストレッチ』まとめ


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

背中を丸めると腰が痛い腰痛とは?


まずは、「背中を丸めると腰が痛い腰痛」とはどんなものかについて簡単に説明しておきます。

↑の画像のような座って背中を丸めると背中や腰が痛くなるものを「背中を丸めると腰が痛い腰痛」と言います。

「立って腰を曲げるのとは違うの?」と思ったかもしれませんが、全然違うんですよ。「立って曲げると痛い」という人はこちらをご覧ください↓

🔗[腰痛改善ストレッチ]立って腰を前かがみに曲げると出る腰痛!腰よりもお尻・脚の裏を伸ばすと治ります


「背中を丸めると腰が痛い腰痛」になると、

  • 顔を洗うとき
  • 下のモノを取るとき
  • パンツ(ズボン)をはくとき
  • 下を向いたとき

こんなときに痛みを感じることが多くなります。つまり前かがみになったときに痛いので逆に背筋をピーンと伸ばしていると楽なんですよ。

背中を丸めると腰が痛い腰痛の『原因』

それでは、背中を丸めると腰が痛い腰痛の『原因』を説明していきますね。

背中を丸めると首と背中と腰の筋肉が伸びる

背中を丸めると腰が痛い!背中を丸めると出る腰の痛みは首と背中を緩めろ!


↑の画像を見てください。

これは座って背中を丸めたところですが、座って前かがみになってるときは腰だけが曲がっているんじゃなくて「首・背中・腰」といった背部の筋肉すべてが曲がってはじめて丸めることができます。(赤矢印

「背中丸めてみて」と言って誰かにやってもらえばみんなこの姿勢になるのでやってみてください。

では次に「首・背中・腰」の3ヵ所が、背中を丸めていくときにどういった順番で曲がっていくか見ていきます。


背中を丸めると腰が痛い!背中を丸めると出る腰の痛みは首と背中を緩めろ!

▲まず背中を丸めようとすると首から曲がっていきます。


背中を丸めると腰が痛い!背中を丸めると出る腰の痛みは首と背中を緩めろ!

▲次に背中が丸まります。


背中を丸めると腰が痛い!背中を丸めると出る腰の痛みは首と背中を緩めろ!

▲最後に腰です。


『首 → 背中 → 腰』


背中を丸めようとすると必ずこの順番でからだは曲がっていきます。試しに首と背中を伸ばしたまま腰だけ曲げてみてください。かなりツラいはずです。

しかし「背中を丸めると腰が痛い」という人はほとんどのケースで、「首を曲げる」もしくは「背中を丸める」だけで腰に痛みが出ます。

つまり「背中を丸めると腰が痛い腰痛」は腰が曲がっていなくても、首と背中が曲がった時点で腰に痛みが出ているということになります。


なぜこんなことが起こるのか?次にそれを説明していきます。

背部の筋肉は首から腰まで繋がっている

脊柱起立筋


↑の図はからだを背中側から見たのものですが、ピンクの筋になっているのが筋肉になります。

左端に「脊柱起立筋」と書いてあるのが分かるでしょうか。これは「せきちゅうきりつきん」という名前の筋肉で首の後ろから腰の下まで縦につながっています。


背中を丸めるときはこの「脊柱起立筋」が上から下までキレイに伸びてはじめて背中を丸めることができます


でももし首と背中の筋肉がガチガチに硬くなっていたらどうなるでしょう。

筋肉はガチガチだと柔軟性がなくなって伸びなくなりますから、「脊柱起立筋」の首と背中は伸びてくれません。すると残った腰の筋肉にがんばって伸びてもらうしかありませんよね

ここで首と背中の筋肉がガチガチに硬くなってるのにムリに背中を丸めてしまうと腰の筋肉に負担がかかって腰痛が出ます。


つまり「背中を丸めると腰が痛い腰痛」は首や背中の筋肉がガチガチに硬くなって伸びないことで起こっています。だから首と背中を緩めてやれば腰に痛みなく背中はきれいに丸まるんです。

背中を丸めると腰が痛い腰痛の『治し方』

次に、背中を丸めると腰が痛い腰痛の『治し方』の説明をしていきます。

背中を丸めると腰が痛い腰痛の『原因』がガチガチに硬くなった首や背中の筋肉だということは分かりました。なのでそこを緩めてやる方法を紹介します。

一人で簡単にできるストレッチですよ。

肩甲骨をストレッチ

首の筋肉を緩めるのは正直難しいんです。ストレッチでもなかなかキレイに伸ばすことはできません。なのでやめときましょう。

ここでは背中、特に肩甲骨を緩めるストレッチを紹介します。背中の筋肉が緩めば首の血流もよくなるからこれだけやっとけば大丈夫です。

方法はカンタン。


背中を丸めると腰が痛い!背中を丸めると出る腰の痛みは首と背中を緩めろ!

▲手を前で組んで押し出すように伸ばしていく。


背中を丸めると腰が痛い!背中を丸めると出る腰の痛みは首と背中を緩めろ!

▲このとき首と背中を少し曲げると肩甲骨がよりキレイに動きます。


背中を丸めると腰が痛い!背中を丸めると出る腰の痛みは首と背中を緩めろ!

▲すると肩甲骨は左右に開き、肩甲骨と肩甲骨の間の筋肉は伸びていきます。


背中を丸めると腰が痛い!背中を丸めると出る腰の痛みは首と背中を緩めろ!

▲次に手を後ろで組んで上に上げていきます。


背中を丸めると腰が痛い!背中を丸めると出る腰の痛みは首と背中を緩めろ!

▲このとき頭を下に倒しながらやるとより効果的です。


背中を丸めると腰が痛い!背中を丸めると出る腰の痛みは首と背中を緩めろ!

▲そうすると今度は肩甲骨は閉じて、肩甲骨と肩甲骨の間の筋肉は縮んでいきます。


これだけです。

このストレッチを何度か繰り返すしてもらうと肩甲骨が開いたり閉じたりすることで肩甲骨と肩甲骨の間の筋肉が動いて緩んでいきます

このストレッチで緩んだ筋肉がさっき出てきた「脊柱起立筋」です。ここが背中を丸めると腰が痛い腰痛の原因でしたから、そこを緩めてやれば背中も丸めやすくなるというわけです。


スポンサーリンク

まとめ

今回は背中を丸めると腰が痛い腰痛の「原因」と「治し方」を紹介しました。


ポイントをもう一度整理しておきます。

  • 背中を丸めるには「首・背中・腰」の筋肉が伸びないといけない
  • 「首・背中」の筋肉が硬いと腰が曲がらない
  • 肩甲骨を緩めると背中の筋肉が緩んで腰が曲がる

以上のポイントを押さえてもらって腰痛の改善法を実践してもらえば、必ず楽に背中を丸められるようになります。ぜひ試してみてください。

ストレッチもできないくらい痛い!という人は当院へお越しください。ご連絡お待ちしています。


ではでは。


スポンサーリンク

LINE@はじめました!

この記事を読んで疑問に思ったことや感想、普段不安に感じていることをぜひ教えてください。きっとあなたのお力になれると思います。


友だち登録はこちらから↓

友だち追加


詳細はこちら ⇒ LINE@はじめました!質問やご相談がある方は登録どうぞ


『ブログ』を見てご連絡いただいた方は初回治療費を割引しています。この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ↓↓

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中