朝起きて腰が痛い人は必ず読んだ方がいい!寝起きに腰痛が起こる3つの原因

Unsplash / Pixabay

Pick up!▼

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


腰痛には色んなタイプがありますが、日中はどんなに動いても痛くないのに、朝起きたときだけ痛い腰痛というものがあります。しかもこのタイプが若い人を中心に結構多いんです。

動かしていると疲労が溜まりますから、ムリをすれば痛みが出るのはなんとなく分かりますよね。でもジッと寝ているだけなのに、なんで寝起きが痛いのか?不思議に思ったことありませんか?


今回はその疑問に答えるべく3万人以上の腰痛患者を診てきた僕が考える、寝起きに腰痛が起こる3つの原因を解説します。きっと痛い人は当てはまるものがあるはずです。朝起きて腰が痛い人はぜひ読んでみてちょーだい。


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

朝から腰が痛い3つの原因

ではでは、寝起きに腰痛が起こる3つの原因を解説していきます。

1.長時間のデスクワーク

長時間のデスクワーク

keshavnaidu / Pixabay


まず1つ目は『長時間のデスクワーク』です。


長時間のデスクワークのなにがいけないのか?


デスクワークは座って作業を行いますよね?この姿勢では、お腹と太ももの筋肉は立ってるときに比べて縮んでいます。そして縮んだまま長時間のデスクワークが続くと、お腹と太ももの筋肉はだんだん硬くなっていくんです。

お腹と太ももの筋肉が硬くなると立ち上がったときに腰が真っすぐ伸びません。その伸びないお腹と太ももの筋肉をムリに伸ばすためには、腰の筋力が必要になります。よく立ち上がるときに「アイタタタッ」と腰に痛みが出る人はお腹と太ももの筋肉が硬いからです。


これについてはこちらの記事に詳しく書いています。>>[腰痛改善ストレッチ]腰を後ろに反らすと痛みの出る人!それはお腹と太ももを伸ばせば治ります


仰向けで寝るときは足を真っすぐ伸ばしますよね?このとき日中のデスクワークでお腹と太ももの筋肉が硬くなっていると、足を伸ばして腰を真っすぐするだけでも地味に腰に負担がかかってます

そんな状態で一晩過ごして朝を迎えるんですから、腰が痛くて当然でしょ。

2.骨盤を歪ませるような姿勢

仰向け姿勢


2つ目は普段から『骨盤を歪ませるような姿勢』をとっていることです。


上の図は仰向けになって寝たときに、からだがどの部分で支えられているか表したものです。仰向けになったときからだは上の図のように4つの点(頭、背中、お尻、踵)で支えられています。


骨盤が歪むと4点のうちの「お尻」の部分でうまく支えられなくなり、その負担は骨盤のすぐ上である「腰」に乗っかってきます。


骨盤が歪んでいる人は、寝てる間中ずっと腰に負担がかかり続けるから朝になると痛いんです。ただしこの問題は、骨盤が歪むような姿勢をとらなければよくなる可能性もあります。

なので骨盤を歪ませる以下のような姿勢を一度チェックしてみて、当てはまるものはやめてみましょう。


  • 椅子に座る時に足を組む癖がある
  • 片方の足に体重をかけてしまう
  • 横座りやあぐらをするクセがある
  • ヒールの高い靴をよく履く
  • うつ伏せや横向きで寝ている
  • デスクワークや立ち仕事など同じ姿勢が多い
  • かばんをいつも同じ肩にかけてしまう

骨盤の歪みについてはこちらの記事に詳しく書いてあるのでよかったらどうぞ>>現役の治療家が「骨盤のゆがみ」について必要な事だけ教えます


もし上のチェック項目に当てはまらないのに、寝起きに腰が痛いという人は寝具に問題がある可能性があります。だとしたら、三浦知良選手や田中将大選手が愛用していることで有名なこのマットレスを激しくオススメします。


ほかにもこんな記事がオススメです。>>骨盤の専門家が教える!寝起きに腰が痛い人に一番役に立つアイテムとその使い方

3.食生活の問題

食生活の問題

Unsplash / Pixabay


3つ目は『食生活の問題』です。


食生活の問題には次の3つがポイントになってきます。


  1. 食事の内容
  2. 食べ過ぎ
  3. リズム

それぞれのポイントをひとつずつ確認していきます。

1.食事の内容

甘いものや油っこいもの、添加物の摂りすぎ。

2.食べ過ぎ

いつもお腹いっぱい食べたり、欲しくもないのに食べてしまう。

3.リズム

食事の時間が遅い、不規則。


この3つの食生活はどれも内臓に負担をかけるものばかりです。こんなふうに内臓に負担をかけ続けると、「内臓神経の反射」というものが起こります。

これは簡単に言うと、胃なら背中に腎臓なら腰にという感じで、内臓に対応したからだの場所に痛みが出るようになることです。


内臓に負担をかけ続けた結果、寝てる間も内臓が休むことができずに腰の負担になるんです。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、寝起きに腰痛が起こる3つの原因を解説しました。

どれも昔と比べてライフスタイルが変化したことに大きな原因があるようです。この腰痛のタイプが若いひとに多いと感じるのはそのせいかも。

よかったら痛みの出ている方、参考にしてください。


寝起きの腰痛の解消方法はこちらに。


ではでは。


スポンサーリンク


ただいま『小顔矯正』のモニターにご協力いただける方を少しだけ募集しております。興味のある方こちらをどうぞ↓

【小顔矯正モニター大募集!】からだの歪みを整えて小顔になるチャンス!!


『ブログ』を見てご連絡いただいた方は初回治療費を割引しています。この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ↓↓

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ