湿布を貼っていいとき、ダメなとき

Pick up!▼

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


湿布って便利ですよね。痛いところに貼っとけば痛みが楽になる気がしますから。でも、湿布を貼ってる場合じゃないのに、とりあえず湿布貼って様子見てる人が多いんですよ。

おいおいそれじゃあ、治らないよ。って思うこともあります。


今回は「湿布は貼るタイミングを考えないとエライことになります。」ということで、「いつ貼ったらいいんだろう?」「こんなときは貼っていいのかな?」という疑問を解決していきたいと思います。


スポンサーリンク

湿布を貼るタイミング!膝が少し腫れたときは湿布を貼る?

以前、患者さんからこんな質問をされました。「先生、たくさん歩くと膝が痛くなることがあるんですが、湿布貼ってたらいいですか?」僕は患者さんにこう答えました。


湿布はダメですよ


あなたは僕がこの患者さんに、なんで湿布を貼ってはダメだと言ったか。その理由が分かりますか?もし理由が分かった人はこれ以上読まなくていいですよ(笑)

熱を感じるときに湿布じゃ意味がない

答えはこの患者さんは、膝に熱を持っていたからです。


この患者さんの話をよく聞くと、歩いた後はいつも膝が腫れて熱っぽくなるらしいとのこと。こんなときは湿布を貼ってる場合じゃないんです。なるべく早く熱をとらないといけません。


えっ!?湿布って熱をとるものじゃないの?って思った人もいるでしょうね。実は湿布の効果は熱をとることじゃないんです。湿布じゃからだの熱はとれないんですよ。

湿布を貼る意味って一体なに?

じゃあ、湿布を貼る意味って何なんでしょう。日本で一番有名な湿布である「サロンパス」はこのように説明されています。

サロンパスの特長

・サロンパスAeは、血行を促進するビタミンEや炎症を抑え痛みを鎮める作用をもつサリチル酸メチルなどを配合しています。

・サロンパスAeは、基剤に高分子吸収体を使用して汗を吸収し、皮膚刺激を抑えた、カブレにくい外用鎮痛消炎剤です。



サロンパスの効能・効果

肩こり、腰痛、筋肉痛、筋肉疲労、打撲、ねんざ、関節痛、骨折痛、しもやけ

サロンパス商品ラインナップ

大手シップメーカー久光製薬の説明によると、湿布には炎症を抑える働きがあるということです。ここでまた新しいワードが・・・。炎症ってなんでしょうね?

湿布の効果は炎症を抑える!「炎症」ってなに?

炎症とは

炎症は生体が傷害を受けた際に起こす反応である。すなわち、細胞や組織が傷害された際にこれを取り除いて再生するための反応で、生体にとっては防御的なものである。

~炎症と免疫~ medical-e.net

炎症っていうのは、からだをぶつけたり、捻挫したときに赤くなって腫れますよね?あれです。あの赤くて熱っぽくなってるのが炎症症状です。


1.発赤(赤くなる)
2.発熱(熱っぽくなる)
3.腫脹(腫れる)
4.疼痛(痛む)
5.機能障害(動き悪くなる)


この5つを、炎症の5大徴候と言います。これ全然覚えなくていいですから。湿布はこの炎症症状を抑えてくれるんです。

湿布で熱は下がらない

炎症の5大徴候の中に、2.発熱(熱っぽくなる)とあるけど、実際触るとメチャクチャ熱くなってるときがあります。この熱は湿布じゃとれません。


みなさん経験があると思うけど、湿布(冷湿布)を貼るとスーッとした冷たい感覚がありますよね?あれ実はスーッと感じるだけで、実際は全然体温下がってません!

正確に言うと、皮膚の表面温度は少し下がるけど、その下にある筋肉の温度には影響がないんです。つまり、冷たい気がするだけ。


これは、湿布(冷湿布)にス-ッとする成分のメントールが入っているから感じてるだけなんです。むしろ湿布を貼ってる場所って汗をかいて蒸れたりして、熱がこもって体温が上がることもあります。

湿布の間違ったイメージ

冷やさないといけない場面でもほとんどの人が湿布を選択しています。湿布に熱を下げる効果はないのにもかかわらずです。この間違ったイメージをみんな捨てましょう。そもそも医者がとりあえず湿布貼れって言うから、こんな間違ったイメージがついたんでしょうね。

湿布を貼るタイミングは?

ここまで湿布をディスってきましたけど、じゃあ湿布を貼っていいときがあるのか?ちゃんとありますよ。

それは慢性的な肩こりや腰痛、熱がない筋肉痛のような痛みのときです。


慢性的な肩こりや腰痛にも炎症は起こっていますが、発赤・発熱・腫脹はほとんどないんです。肩こりの人で、肩が真っ赤になってボッコン腫れてる人見たことないでしょ?もしいたらそれは他の病気です。すぐに病院で検査受けてくださいね。


それから、あくまでも湿布は一時しのぎ。残念ながら慢性的な痛みの根本的な解決にはなってません。なので、湿布に頼るのはやめておきましょう。

湿布を貼るとダメなタイミングは?

ここまで読んで頂いたみなさんは分かってると思うけど、湿布を貼ったらダメなときは、痛い場所に熱があるときです。

これ、一見腫れてなくても熱のある場合もあるので、そこは注意が必要です。分かりにくいときは、左右で体温を比べてみるとはっきりするからやってみてください。

熱があるときの対処法は?

炎症がきつくて、痛いところがすごく熱いときは湿布じゃなくてどうしたらいいのか?


そんなときは、なるべく急いで氷水で冷やしましょう。手首や足首だったらバケツに氷水入れてそこに突っ込んでもいいです。それができないときは、袋に氷と水をいれて痛い箇所に当ててください。最初は冷たくて、その後刺すような痛みを感じるはずです。そのまま10~15分安静にして、痛みの感覚がなくなったら終了です。


アイスノンや保冷剤はダメですよ。あれは凍らせておくために使うものだから、皮膚に直接当てると凍傷になりますよ。


これがひとつあると便利です。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、「湿布は貼るタイミングを考えないとエライことになります。」をテーマに、湿布の使い方について解説しました。

ポイントは、


1.湿布じゃ熱はとれない
2.湿布は肩こり腰痛ならOK
3.熱があるときは氷水で冷やす


この3つです。これであなたはもう湿布を貼っていいかどうかなんて迷わないはず。


もしまだ疑問があるよ。という人はこちらの記事も参考にどうぞ。


では。では。


スポンサーリンク


ただいま『小顔矯正』のモニターにご協力いただける方を少しだけ募集しております。興味のある方こちらをどうぞ↓

【小顔矯正モニター大募集!】からだの歪みを整えて小顔になるチャンス!!


『ブログ』を見てご連絡いただいた方は初回治療費を割引しています。この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ↓↓

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ