内転筋群(太ももの内側)のストレッチ!【内股・膝の内側が痛い人】

内転筋群(太ももの内側)のストレッチの方法!【内股・膝の内側が痛い人】

今回は、内転筋群(太ももの内側)のストレッチの方法を紹介していきます。

まずはどんな人にこのストレッチをやって欲しいか。

このストレッチがよく効く人
  • 膝の内側が痛くなる
  • 骨盤が歪んでる
  • 内股が気になる
  • 股関節が痛い

内転筋群は太ももの内側にある筋肉。この筋肉は内股姿勢に関係がありますが、内転筋群が硬くて一番影響があるのは膝の内側です。

内転筋群が硬くなると膝の内側が痛くなります。間違いないです。膝を打ったとか関節の変形があるとかじゃなかったら、原因の多くはこの内転筋群にあります。

今回のストレッチはこの内転筋群をメチャメチャ伸ばすものなので、膝の内側が痛い人はだまされたと思ってやってみてください。

ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!

【まとめ】上半身のストレッチはこちら。
【ストレッチ】自信を持っておすすめする上半身ストレッチ10選!【まとめ】【ストレッチ】自信を持っておすすめする上半身のストレッチ10選!【まとめ】
Instagram にも色々まとめてるのでフォローぷりーず!

内転筋群(ないてんきんぐん)ってどこ?

ストレッチを紹介する前に、内転筋群ってどこ?と思った人のために場所の説明をしておきます。

内転筋群(ないてんきんぐん)

▲ 画像の赤い〇で囲まれた場所、太ももの内側が「内転筋群(ないてんきんぐん)」と呼ばれる場所です。

内転筋群は、大内転筋、短内転筋、長内転筋、恥骨筋、薄筋の総称ですが、難しいのでまとめて太ももの内側の筋肉と覚えておくといいと思います。

内転筋群ストレッチの方法

それでは、内転筋群ストレッチの方法を紹介していきます。

注意

ストレッチはムリなく行ってください。痛みが出るようならそれ以上やらないように。

内転筋群ストレッチのやり方

STEP.1
あぐらをかく

まずあぐらをかきます。

あぐらをかく

STEP.2
右足を横に伸ばす

次に右足を横に伸ばしてください。

右足を横に伸ばす

STEP.3
両手をつく

そのままカラダの正面に両手をつきます。

両手をつく

STEP.4
カラダを左に捻る

カラダを左に捻じります。手がカラダの真横ぐらいになれば太ももの内側が伸びてきます。そのまま20秒キープで終了。

体を左に捻る

お疲れさまでした

内転筋群ストレッチのポイント!

続いて、内転筋群ストレッチのポイントについて紹介します。正しいやり方でやらないと効果ぜんぜん出ないのでしっかり確認を。

足は内向きで膝は伸ばす!

足は内向きで膝は伸ばす

カラダを捻じったときつま先は内向きに。膝は曲げないよう伸ばして。

背中を反る!

背中を反る

背中は丸めずしっかり反る!

まとめ

今回は、内転筋群(太ももの上側)のストレッチの方法を紹介しました。

こんな症状に効果的
  • 膝の内側が痛くなる
  • 骨盤が歪んでる
  • 内股が気になる
  • 股関節が痛い

のポイントが気になるようなら一度試してみてください。すごい効きますから。

リズム鍼灸院はあなたに「もっと自身のカラダを知ってもらいたい」と思っています。自分のカラダを自分でコントロールできればこんなにいいことないですから。

そのためには健康になるための正しい知識が必要です。このブログがその知識のお役に立てば幸いです。

あとブログ読むだけじゃなく当院にもぜひ来てくださいね。周りに悩んでいる方がいればご紹介ください。

あなたのご来院・ご紹介お待ちしております!

ほかにも何か不安なことや聞きたいことがあればいつでも LINE@ で受け付けているので遠慮なくご連絡ください。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です