肘が痛い!肘の内側が痛い原因・対策と簡単にできるストレッチの方法を紹介

RyanMcGuire / Pixabay

Pick up!▼

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


肘の痛みで来院される患者さんもよく診るんですが、肘は痛む場所によって外側・内側・肘頭(肘の先)の3つに分けることができます。

この3つ、痛みの原因はそれぞれ違うため一口に「肘が痛い」と言っても、3つのうちのどこが痛いのか正確に把握しておかないとなかなか治すことができません。


今回は、肘の痛みの中でも特に多い内側が痛いときの原因・対策とストレッチの方法を解説します。


肘の外側が痛いという人はこちらの記事をどうぞ。

>>肘の外側が痛い!テニス肘になった原因と対策を分かりやすく解説


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

肘の内側が痛い原因

肘の内側が痛い原因を解説していく前に、肘の内側とはどこかを簡単に説明しておきます。

肘の内側が痛い原因


赤の矢印が肘の内側になります。腕を真っすぐに伸ばして手を開いた小指側ですね。正式には「上腕骨内側上顆(じょうわんこつないそくじょうか)」なんて言いますが、「内側上顆(ないそくじょうか)」これだけちょっと覚えといてください。肘の内側の痛みが出る場所のことです。

肘の内側の痛みは手を握りすぎると起こる

肘の内側の痛みは手を握りすぎると起こる


上の図の赤丸で囲った「内側上顆」、これがさっきの赤矢印の部分です。肘の内側の痛みはこの「内側上顆」に負担がかかって起こります。

じゃあ何をすると「内側上顆」に負担がかかるのか?これが分かれば何とかなりそうじゃないですか。

「内側上顆」は手を握りすぎると負担がかかるんです。(タイトル通り)

手を握ると腕の筋肉が動く

手を握ると腕の筋肉が動く


ちょっとやってみて欲しいんですが、写真のように手を思いっきり握ってみてください。すると肘から先の腕の筋肉、特に小指側の筋肉が動くのが分かると思います。手首を手前に曲げながらやると分かりやすいですよ。


この小指側の筋肉の動きをよく見てもらうと、筋肉の一番端が「内側上顆」になっているのが分かってもらえますかね?


手を握る(手首を曲げる)と、小指側の筋肉が動いて「内側上顆」にほんの少し負担がかかるんです。普通に使っているだけならこれで痛みが出ることはありません。しかし、極端に手を握る(手首を曲げる)ことが多いと、「内側上顆」の負荷が大きくなって痛みが出ることがあります。


これが、手を握ると肘が痛い正体です。つまり、手を握るなど肘から先の筋肉を使いすぎた結果、肘の内側を痛めたんです。


この「内側上顆」の負荷は仕事で物を掴んで運ぶ作業や、赤ちゃんの抱っこが多い人なんかだと当然大きくなるため、痛みやすくなります。

肘の内側の痛みはスポーツ選手にも多い

日常生活以外だと、肘の内側の痛みはスポーツの現場でよく起こります。特に野球(ピッチャー)とゴルフに多く、「野球肘」や「ゴルフ肘」なんて言われたりするぐらいよく起こります。これはどちらの競技も、手を握って手首を手前に曲げる動きが多いからです。


この場合、普段の生活とは違い「内側上顆」にかかる負担はハンパじゃないため、骨の変形や剥離、周囲の靭帯の損傷などが起こりやすくなります。

ヘタすると選手生命が絶たれることもあるため、スポーツをしてここに痛みの出る人はすぐに病院で検査を受けましょう。まずはスポーツ疾患を得意としている整形外科がおすすめです。

肘の内側の痛み対策

本当は痛みが出る前に対処するのが一番いいんですが、なかなか難しいと思うのでここでは肘の内側の痛みが出たときの対策を紹介していきます。


  • 保存療法(安静)
  • アイシング
  • ストレッチ
  • 痛み止めの注射

基本的には外側・内側・肘頭(肘の先)のどこが痛くても対策は同じになるので、覚えておけば何かと役に立ちますよ。

詳しくは>>肘の外側が痛い!テニス肘になった原因と対策を分かりやすく解説こちらに書いてあるのでご覧ください。

肘の内側のストレッチ方法

肘の内側のストレッチ方法


最後に肘の内側の痛みを軽減させるストレッチを紹介しておきます。


【ストレッチの方法】

  1. 手の平が上になるようにして肘を伸ばす
  2. 反対の手で親指以外の4本の指を掴む
  3. そのまま手前に引っ張って手首を反らすように曲げる

ストレッチをやっていて、小指側の筋肉が伸びていればOKです。手首と一緒に指もしっかり反らしましょう。


あと肘の場合、どうしても使いながら治さないといけない人も多いと思います。そんなときは肘のサポーターを着けて少しでも負担がかからないよう生活しないといけません。

こちらはエアークッションで圧迫するので肘に負担が少なくてオススメです。もし気になった方は↓から申し込んでみてください!


スポンサーリンク

まとめ

今回は、肘の痛みの中でも特に多い内側が痛いときの原因・対策とストレッチの方法を解説しました。

この痛みはスポーツ以外では、日常的に手を握りすぎている人によく起こる症状です。ですからまずは普段の使い方を考えてみてはどうでしょうか。負担になっている動きがきっとあるはずです。

あとは紹介したストレッチもぜひやってみてください。ちゃんとやれば効果ありますからね。


それでも痛みがあるという人は、ひとりで悩まないでいつでもご連絡を待ってます。ただいま『ブログ』を見てご連絡いただいた方は初回治療費を割引していますので。ヾ(*・∀・`)o


ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中

ではでは。


スポンサーリンク

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ