どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


みなさん、背中が丸くなってしまう「円背(えんぱい)」という症状をご存知でしょうか?

「そんなのお年寄りがなるものでしょ」と思っているかもしれませんが、最近では若い人の中にも「円背」で悩んでいる方が増えているんです。

背中が丸くなるだけなら治すこともできますが、背骨まで曲がってしまうとなかなか元に戻すことが難しくなるので早めの対策が大事になります。


そこで今回は、円背とはどんな症状か?円背姿勢の原因と改善法をざっくり説明していきます。円背で悩んでいる人の参考になれば幸いです。


ではいっきまーす(o゚∀゚)o━!!


スポンサーリンク

円背姿勢とは

まず円背(えんぱい)姿勢とはどんな症状なのかについて説明していきますね。

Embed from Getty Images


円背とは背中の骨である脊椎がなんらかの原因によって背中側に向かって変形していく症状で、「猫背」「亀背(きはい)」と呼ばれることもあります。

円背の正式名称は脊椎(せきつい)が後ろに曲がっていることから「脊椎後弯(こうわん)症」という病名で、ほかにも脊椎が横に曲がるものを「脊椎側弯(そくわん)症」、前に曲がるものは「脊椎前弯(ぜんわん)症」と言います。


  • 脊椎が後ろに曲がる=脊椎後弯症(円背)
  • 脊椎が横に曲がる=脊椎側弯症
  • 脊椎が前に曲がる=脊椎前弯症

要は背中が丸まっている症状なんですが、↑の画像のような若い人に多い「猫背」レベルだとまだ脊椎の変形はないので姿勢を正してやるだけで治してやることができます。

ところがこれが高齢者に多い背中が丸まって2つ折りのようなケースになってくるとガッツリ変形が起こってますから元に戻すことは非常に困難です

ただガッツリ変形が起こってるから必ず痛いわけでもなくて、キチンと対応していけば痛みは軽減できますからこのあとの内容をしっかり読んでおくといいですよ。

円背姿勢の原因

次に円背になる原因について説明していきます。

円背の原因には、


  • 二分脊椎
  • 先天性脊柱後湾症

など生まれつき脊椎の変形がある場合や、


  • 化膿性脊椎炎
  • 脊椎カリエス
  • 脊髄髄膜瘤
  • 骨粗鬆症
  • 強直性脊椎炎
  • 骨軟骨異形成症
  • 骨形成不全症
  • 軟骨無形成症
  • 腫瘍

といった病気が原因で起こる場合があるんですが、僕たちがよく見る背中が丸くなった高齢者のほとんどは上に挙げた理由で円背になっているわけではありません。

背中が丸くなった高齢者の円背の原因は、


  1. 圧迫骨折
  2. 骨の摩耗・変形
  3. 筋力低下による姿勢不良

以上の理由で円背になっている人がほとんどなんです。

次にこれらの原因についてざっくりと解説していきます。


ちなみに猫背はまた原因が違うので、猫背だという人はこちらの記事をどうぞ。

関連:🔗猫背を治す方法!たったの10秒!簡単にできる猫背の改善ストレッチ

円背姿勢の原因1.圧迫骨折

圧迫骨折


それでは円背の原因について、まずは圧迫骨折から。

上の図は背骨を横から見たところですが、圧迫骨折とは上の図のように背骨がグシャッと潰れてしまう症状を言います。

高齢者の圧迫骨折の多くは加齢による「骨粗しょう症」が原因となっていて、これについてはこの記事に詳しく書いてあるので気になる方は読んでください。

関連:🔗腰椎圧迫骨折の原因!?骨密度を上げる3つの方法で骨粗鬆症を予防せよ!


上の図では、左が正常な背骨で右が圧迫骨折を起こした背骨を表しています。

少し分かりにくいんですが右の圧迫骨折を起こした骨(椎体)は一見均等に潰れているように見えるんですが、よく見るとお腹側に向かって潰れているの分かります?


圧迫骨折を起こした骨(椎体)というのはこのように毎回お腹側に向かって潰れていってます。そして圧迫骨折が治ったあとも潰れたまま固まるんです。

するとどうなるかというと上の図でもそうですが、背骨全体がお腹側に向かって少しカーブしていきます。圧迫骨折を何度も繰り返すとこの背骨のカーブがどんどんキツくなって円背が進んでいくんです。


圧迫骨折の症状や原因についてはこちらの記事にもっと詳しく書いてあります。

関連:🔗腰椎圧迫骨折の症状と原因について説明します!必ず治るから心配しないで!

円背姿勢の原因2.骨の摩耗・変形

骨の摩耗・変形というのは、背骨がすり減ったり少しずつ変形することでこれも大きな原因は加齢によるものです。

長年体重を支えてきたことが原因で円背になることもあるんです。

しかし加齢が原因ということになると高齢者はもれなく円背になるはずですよね。でも実際は若くても曲がっている人がいたり、かなり高齢でもシャキッとされている方もたくさんいます。

つまり、加齢は円背の原因の一つだけど絶対ではないということです。

これ当たり前なんですけど、医師の中には加齢や骨粗しょう症だから曲がったり痛くても仕方ないと言う人が多いんですよね。

関連:🔗骨粗鬆症だからって心配するな!必ず腰痛になるなんて絶対ないから!

円背姿勢の原因3.筋力低下や不良姿勢

筋力低下や不良姿勢も円背の原因になります。

僕たちが普段正しい姿勢を保っていられるのは筋肉がからだを支えてくれているからです。もし筋肉がなくて骨だけだだったとしたらとバラバラになって崩れ落ちてしまいます。

骨を筋肉や腱、靭帯で支えることでからだは姿勢を保持できているんです

若いころは筋力がしっかりとしているため正しい姿勢を維持できていますが、年を取って筋力が低下するとからだを支えられなくなり姿勢が崩れていきます。

これが筋力低下による円背の原因です。


そして筋力低下とセットになっている原因に不良姿勢があります。

不良姿勢と言ってもとんでもない姿勢というワケではありません。円背の原因になっている不良姿勢というのは普段の僕たちがよくやっている下を向く動きのことです


  • 食事
  • 読書
  • 勉強
  • PC作業
  • 物を拾う
  • パンツをはく

など僕たちの日常生活の中では下を向く動きが「横を向く」「上を向く」といった動きよりも多いですよね。

このような動きを毎日繰り返していると下に引っ張られて自然と背中が丸まりやすくなります。さらにここに筋力低下が加わって円背になるんです。

若いころから姿勢が悪くて猫背になっている人なんかは、加齢による筋力低下が起こると円背になる可能性が高くなるので気をつけないといけません。


以上が高齢者に多い円背の原因なんですが、これらが原因で円背になると腰にも負担がかかって腰痛や背中の痛みが出てきます。

そこで次は円背にならないための、もしくは円背でも痛くならないための改善法を紹介していきます。

円背の改善法

ここまで円背の原因について説明してきましたが、原因が分かればそれに対する改善法を行うことで症状の改善は見えてきます。

今回の高齢者の円背の場合だと、本当は若いうちから筋力の低下や骨粗しょう症にならないよう運動をしたり食生活に気を配るのがベストでしょう。

でも若いうちからそこまで気を使える人なんて少数でしょうし、これを読んでいるあなたはすでに背中が丸くなって円背が気になっている人かもしれません。

そこで実際円背になってしまったらどうすればいいのか?今回はそこを中心に改善法を紹介していきます。


円背の改善法としてよく紹介されているのは以下の3つの方法です。


  1. ストレッチ・トレーニング
  2. 手術
  3. バランスを整える

ひとつずつ詳しく説明していきましょう。

円背の改善法1.ストレッチ・トレーニング

Embed from Getty Images


『円背の改善にはこんなストレッチやトレーニングがおすすめ!』

このようなキャッチフレーズをTVやネットでよく見かけますが、ストレッチやトレーニングの目的は低下した筋力を強化したり不良姿勢で硬くなった筋肉を緩めて丸くなった姿勢を元に戻すことです。


しかしこの方法では高齢者の円背を改善させることはできないんです。


この方法で改善できるのはせいぜい骨の変形が起きていない「猫背」ぐらいです。「猫背」程度ならまだ筋肉が緊張して丸くなっているだけなので、筋肉の緊張を緩めれば姿勢もよくなるかもしれません。


でも高齢者の円背の場合は圧迫骨折や骨の摩耗・変形により骨そのものがガッツリ変形を起こしています。


こうなるといくら周りの筋肉の状態をよくしたところで背骨の形が元に戻ることはありません。そもそも円背だとうまくストレッチができないほど動きに問題のある方も多いですし。

なのであまりおすすめできません。

円背の改善法2.手術

Embed from Getty Images


次に手術療法ですが、病気が原因で起こる円背の場合は手術を行うこともあります。

でも加齢による円背にはおすすめしません。

丸くなってしまった背骨を手術で見た目だけ真っすぐにすることはおそらく可能ですが、見た目だけよくなってもからだの機能面からみるとマイナスでしかないからです。

からだの動きは全身が協力し合ってはじめてうまく動きますが、手術で背骨をボルトでガチガチにしてムリヤリ真っすぐになんてしたらどうなると思います?

ただでさえ高齢者は筋力が低下してバランスが悪くなっているのにこれじゃますます動けなくなりますよ。

ただし円背がキツくなって内臓を圧迫するようなことにでもなれば話は別です。少しでも負担を軽くするために手術という選択肢も必要でしょう。

円背の改善法3.バランスを整える

Embed from Getty Images


円背になって一番に考えないといけないことそれは、絶対にこれ以上症状を悪化させないことです。

悪化すればどんどん背中は丸まってきますし、痛みがある人はその痛みが強くなるでしょう。だからまずは悪化させないようにしないといけません。

円背はからだのバランスが崩れることで起こり放っておくとどんどん症状が進んでいくので、からだのバランスを整えていくような施術が必要になります


バランスを整えるポイントは、背中の丸みにだけ注目するのではなくて首や肩・骨盤・膝といったからだ全体を調整するところにあります。

つまり背中が曲がってバランスが悪くなっても全身を使ってバランスをとってそこをサポートしてやろうというワケです。


実際に僕のとこへ来られる円背患者さんにもこの方法で施術を行っています。

関連:🔗円背・猫背も心配するな!円背でもバランスが整って腰痛が改善した患者さんの声!


「肩が痛い」「膝が痛い」と言っているうちは円背のサポートどころじゃないですからね。肩や膝の調子がいいからこそバランスが崩れたところをサポートできるんです。

ただしこの方法は十分な技術と知識を持った治療家にからだを診てもらう必要があるのでそこがネックになりますね。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、円背とはどんな症状か?円背姿勢の原因と改善法をざっくり説明しました。

もう一度整理しておきます。高齢者の円背の理由は次の3つ。


  1. 圧迫骨折
  2. 骨の摩耗・変形
  3. 筋力低下による不良姿勢

そして改善法は、からだのバランスを整えること。

この原因に注意すれば円背の予防になるでしょうし、もし円背になったとしてもからだのバランスを整えていけば痛くなるとは限らないのでホントあきらめないでくださいね。

円背で悩んでいる人がいればぜひご連絡ください。


ではでは。


スポンサーリンク

LINE@はじめました!

この記事を読んで疑問に思ったことや感想、普段不安に感じていることをぜひ教えてください。きっとあなたのお力になれると思います。


友だち登録はこちらから↓

友だち追加


詳細はこちら ⇒ LINE@はじめました!質問やご相談がある方は登録どうぞ